経済・政治・国際

2018年10月23日 (火)

景気は良くなっている様ですが。。。

日経平均株価(225種) 東京株式市場dollar日経平均株価(225種)を眺めていると、この2年間位は概ね日経平均株価(225種)は上昇基調で景気は良さそうです。
(2008年(平成20年)頃から2013年(平成25年)位までは、結構な暗黒時代だった様ですが。)

しかし、給与所得者の所得moneybagが上がっている実感が無く、生活費を切り詰めるのも今の状況で一杯一杯と言った状況です。

2018年10月21日 (日)

中距離核戦力全廃条約、破棄???

何やら、キナ臭い事態が発生しそうです。

冷戦時代の1987年(昭和62年)12月8日に、と当時のソビエト連邦で調印され、1988年(昭和63年)6月1日に発効したINF(Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty、中距離核戦力全廃条約)が、にとって不利益だとの考え方から離脱・破棄の動きが出て来ました。

    INF(Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty、中距離核戦力全廃条約)
  • 1987年(昭和62年)12月8日:ロナルド・レーガンとミハイル・ゴルバチョフの調印
  • 1988年(昭和63年)5月27日:批准
  • 1988年(昭和63年)6月1日:条約発効

2018年10月18日 (木)

ガソリン、高いです。

経済産業省資源エネルギー庁が発表した10月15日(月)時点のレギュラーガソリンgasstation1ℓあたりの全国平均小売価格はなんと159.60円と、10月9日(火)の前回調査と比べて2.10円高くなったとのことです。

価格が159.60円なんて、ハイオクガソリンgasstationの価格みたい。

この間、自家用車carに給油gasstationしたら150円と過去最高額だった様な。。。

そもそも、ガソリンgasstationの価格には税金dollarが含まれていて、さらに消費税dollarが掛かるから二重の税負担なんですよね。

  1. ガソリン税(本則):28.7円/ℓ
  2. ガソリン税(暫定):25.1円/ℓ
  3. 石油税(本則+0.76円):2.80円/ℓ
 ※ガソリン税とは、『揮発油税及び地方揮発油税』のことである。
 ※石油税とは、『石油石炭税』のことである。

2018年10月11日 (木)

日経平均株価、急落。

東京株式市場dollar日経平均株価(225種)が、ニューヨーク株式市場dollarダウ工業株平均が大幅続落したのを受けて、急落しました。

今日の東京株式市場dollar日経平均株価(225種)は、全面安となり前日に比べて915.18円安い22,590.86円となりました。

せっかく、バブル経済崩壊後の最高値を付けていたのに、約1か月戻った感じでしょうか。

2018年10月 2日 (火)

日経平均株価、バブル後最高値、続伸。

東京株式市場dollar日経平均株価(225種)が、昨日に続いてバブル経済崩壊後の最高値を更新し、2万4,270.62円(+24.86円)となりました。

現在の世の中には、そんなに安定的な要素は無いとは思うのですが、何故か株価は上がります。
(それよりも、もっともっと給料が上がって欲しいです!!)

2018年10月 1日 (月)

日経平均株価、バブル後最高値。

東京株式市場dollar日経平均株価(225種)が、バブル経済崩壊後の最高値を更新し、2万4,245.76円(+125.72円)となりました。

これは、1991年(平成3年)11月13日(水)以来、約26年11か月ぶりの水準とのことです。

また、東証1部TOPIXdollar1817.96(+0.71)と続伸しました。

世界情勢も国内情勢も、今後には大きな不安定要素がありますが、なぜか株価だけは続伸しています。

2018年6月21日 (木)

主権者にヤジ!!

主権者たる国民に対して国会内でヤジを飛ばした輩が居る様です。

この不届き者は、自由民主党所属の穴見陽一衆議院議員(48歳、大分県大分市中島)で、所謂自由民主党の『魔の3回生』と呼ばれる方々のお一人です。

報道tvに拠ると、この穴見陽一衆議院議員(48歳、大分県大分市中島)は、6月21日(木)の午後に開かれた受動喫煙smoking対策の法案審議(厚生労働委員会)で、参考人として招請された肺ガン患者に対して『いい加減にしろ』とヤジったとのことです。
(ただ、この厚生労働委員会の委員長は、これまた情けない政治家で。。。)

国会が、主権者たる国民の意見を伺う為にワザワザ招請した参考人。

理解に苦しみます。

なお、穴見陽一衆議院議員(48歳、大分県大分市中島)は、(株)ジョイフル(大分県大分市三川新町一丁目1番45号)と言うファミリーレストランrestaurantの創業者の長男と言うことです。
そうなると、このファミリーレストランrestaurantでは、キチンと分煙smokingnosmokingなどはされていないのでしょうね。
(このお店には、絶対に行かないでしょう。)

2018年6月12日 (火)

(株)サンメンテナンス、倒産。

ビルメンテナンス業の株式会社サンメンテナンス(資本金5,000万円、大阪市中央区常盤町2-2-5)が、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、6月12日(火)に大阪地方裁判所から監督命令(民事再生法・第54条(監督命令))を受け倒産しました。

負債総額は、約35億5,000万円で、債権者は215名とのことです。

株式会社サンメンテナンス(資本金5,000万円、大阪市中央区常盤町2-2-5)は、昭和50年(1975年)6月に創業し、平成29年(2017年)3月期の売上高は約60億8,700万円を計上するも、急激が業容拡大に伴う借入負担などから資金繰りが悪化。
しかも、売上架空計上に拠る粉飾決算に拠り、多額の債務超過に陥っていたとのことです。

ビルメンテナンス業とは、すなわち、清掃、設備管理や警備(保安)などの所謂3K職種で利幅の少ない業界です。

誰でも出来る業務ですので労働環境も良くなく、会社としては現場数を増やすことで利益を上げる構造ですので、こうした業界はどこも似た様なものと思われます。

2018年2月 7日 (水)

今日は大荒れ。

天候snowのことではありません。

東京株式市場dollar日経平均株価(225種)のことです。

昨日の日経平均株価(225種)は、アメリカ市場dollarの大暴落の影響を受けて-1,071.84円安21,610.24円となり、今日も下落するのではと思われたところ、これまたアメリカ市場dollarの高騰を受けて前場22,270.56円660.32円高の急騰となりました。
(一時、740円を超える急騰。)

しかし、後場は落ち着いて結局は35.13円高21,645.37円となりました。

これだけdollar乱高下が大きいと儲けた人、損をした人が多かったことと思います。
(まぁ、私には関係の無いことですが。。。)

2018年1月 4日 (木)

大発会、約26年ぶりの高水準。

正月休みも終わり、官庁などでは今日から仕事始め。

大手の民間企業などでは、今日まで正月休みのところもある様ですが、東京証券所は今日は大発会

東京株式市場の取引日初日となった今日は、日経平均株価(225種)が昨年末(H29年12月29日(金))と比較して741.39円高い2万3,506.33円となりました。

1992年(平成4年)1月以来の、約26年ぶりの高値水準とのこと。

景気が良いことに越したことはありません。東証株価指数(TOPIX)も46.26ポイント高い1,863.82。平成30年の滑り出しは良い様です。史上最長、15連騰!≫

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30