無料ブログはココログ

Dictionary

経済・政治・国際

2020年9月16日 (水)

菅義偉内閣、発足。

菅義偉内閣が、本日の午後の衆参両議院本会議での内閣総理大臣指名選挙(日本国憲法・第67条)で第99代内閣総理大臣に選出され、その後の皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て発足しました。

歴代内閣総理大臣一覧(抜粋)
氏名在職期間在職日数
安倍晋三2012年(H24年)12月26日~2020年(R02年)09月16日2,822日
野田佳彦2011年(H23年)09月02日~2012年(H24年)12月26日482日
菅直人2010年(H22年)06月08日~2011年(H23年)09月02日452日
鳩山由紀夫2009年(H21年)09月16日~2010年(H22年)06月08日266日
麻生太郎2008年(H20年)09月24日~2009年(H21年)09月16日358日
福田康夫2007年(H19年)09月26日~2008年(H20年)09月24日365日
安倍晋三2006年(H18年)09月26日~2007年(H19年)09月26日366日
小泉純一郎2001年(H13年)04月26日~2006年(H18年)09月26日1,980日

安倍晋三内閣、総辞職。

安倍晋三内閣は、本日の午前中の臨時閣議で総辞職しました。

安倍晋三内閣総理大臣が健康問題を理由に内閣総理大臣の職を辞する表明をしてから20日目です。

安倍晋三内閣総理大臣の在職日数は、第一次政権を含む通算在職日数では3,188日、第二次政権以降の連続在職日数は2,822日といずれも憲政史上最長となりました。

    安倍晋三内閣総理大臣
  • 2006年(H18年)9月26日~2007年(H19年)9月26日:366日
  • 2012年(H24年)12月26日~2020年(R2年)9月15日:2,822日
    歴代連続在職日数
  1. 2,822日:安倍晋三
  2. 2,798日:佐藤栄作
  3. 2,248日:吉田茂
  4. 1,980日:小泉純一郎
  5. 1,806日:中曽根康弘
  6. 1,681日:桂太郎(第一次)
  7. 1,575日:池田勇人
  8. 1,485日:伊藤博文
  9. 1,241日:岸信介
  10. 1,143日:桂太郎(第二次)

2020年9月10日 (木)

寄せ集め野党。

数年前に分裂して、またもや野合とは。。。

野合に拠って出来た烏合の衆には、何も期待出来ないし期待しない。
(最近は、カラスは情報交換能力が高いとされている為、カラスに失礼との解釈もあるが。。。)

結局は、政党助成金を巡るものか?

2020年9月 3日 (木)

日経平均株価、コロナ禍前まで回復。

日経平均株価(225種) 新型コロナウィルスの感染拡大に拠って、一時的には大幅に下落していた東京株式市場日経平均株価(225種)が、今年の2月21日(金)の2万3,386.74円を上回る2万3,465.53円に回復しました。

3月19日(木)には、1万6,552.83円まで下落しており、先行きがかなり懸念されていたものの、その後は徐々に株価を回復・上昇させていました。
(経済評論家の中には、1万円台割れを予想している方もいらっしゃいましたが。)

今後は、コロナ倒産解雇などの影響が表面化しそうですが、何とか日本経済を立て直して欲しいと強く思います。

2020年8月28日 (金)

安倍首相、辞職を表明。

安倍晋三内閣総理大臣は、記者会見で体調不良を理由に内閣総理大臣の職を辞すると発表しました。

安倍晋三内閣総理大臣は、持病である潰瘍性大腸炎が再発し、『国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することといたします』と述べました。

現在の安倍内閣は、第二次政権(2012年(平成24年)12月26日~)で、ご本人は旧民主党政権から政権を奪還した当初は新薬に拠って持病をコントロール出来ていたものの、今年8月上旬から強いストレスに拠り潰瘍性大腸炎の再発が確認され、かなり体力を消耗する状況に陥ったとのことです。
(新型コロナウィルスの感染拡大に対する政策では、決断力不足、迷走や駄策が多い感じがしました。)

安倍晋三内閣総理大臣は、第一次政権時(2006年(平成18年)9月26日~2007年(平成19年)9月26日)も任期半ばで今回と同じ理由で職を辞しており残念です。


願わくば、また混乱した悪夢の様な時期に戻りません様に。

2020年8月26日 (水)

県内上場企業、減収。

新潟県内の株式上場企業の第一四半期(4月~6月)の決算が出そろった様です。

新潟県内の株式上場企業全26社(銀行を除く)の内、15社が前年同期比で減収となり、9社が最終赤字となったとのことです。
(株式上場企業が26社とは、少な過ぎ!!)

新型コロナウィルスの感染拡大が、新潟県内の企業への大打撃となった様です。

因みに、前年同期比で減収となった企業の割合は57.7%で、前年の37.0%(銀行を除く27社中10社)を大きく上回ったとのことです。
ただ、前年も減収の企業割合が37.0%と言うことは、元々県内の企業においては、減収が続いていると言うことです。

    減収の企業業種
  • 運輸・交通
  • 金属・機械メーカー
  • 物流
    増収の企業業種
  • 小売業
  • 食品加工業
新型コロナウィルスの感染拡大に拠る巣籠りが顕著に表れた様です。

2020年8月24日 (月)

歴代最長、連続在職日数。

安倍晋三内閣総理大臣(第90、96~98代)連続在職日数が佐藤栄作元首相(第61、62、63代)を抜いて、歴代最長となりました。

安倍晋三内閣総理大臣は、2012年(平成24年)12月26日の内閣総理大臣就任以来の約7年8か月の長きに亘りその職に就いておられました。

具体的には、8月24日(月)で連続在職日数2,799日となります。

なお、通算在職日数では、2019年(令和元年)11月には戦前の桂太郎元首相(第11、13、15代)の記録2,886日約106年ぶりに更新していました。

すなわち、安倍晋三内閣総理大臣は、連続在職日数通算在職日数の両方において、歴代最長と言うことになります。

    安倍晋三内閣総理大臣
  • 2006年(H18年)9月26日~2007年(H19年)9月26日:366日
  • 2012年(H24年)12月26日~2020年(R2年)8月24日:2,799日

    連続在職日数
  1. 安倍晋三:2,799日
  2. 佐藤栄作:2,798日
  3. 吉田 茂:2,248日
  4. 小泉純一郎:1,980日
  5. 中曽根康弘:1,806日
    通算在職日数
  1. 安倍晋三:3,164日
  2. 桂 太郎:2,886日
  3. 佐藤栄作:2,798日
  4. 伊藤博文:2,720日
  5. 吉田 茂:2,616日

2020年8月19日 (水)

ロシア軍機に、F-15スクランブル発進!

ロシア政府とロシア国防省は、日本海を飛行中のロシア軍機に対して、我が国の航空自衛隊機スクランブル発進したと発表しました。

ロシア国防省に拠ると、日本海と太平洋上空を飛行していたロシア軍機ツポレフTU-95爆撃機2機に対して、航空自衛隊機スクランブル発進したとのことです。

これに対して、我が国の防衛省は、ロシア軍機ツポレフTU-95爆撃機2機とロシア軍機とみられる6機の合わせて8機が日本海を飛行したため、F-15戦闘機スクランブル発進させる対応をとったとのことです。

なお、ロシア政府は、このスクランブル発進した航空自衛隊のF-15戦闘機の飛行中の様子などを撮影してTwitterに投稿公開すると言う異例の対応をしています。

ロシア政府が公表した映像には、練度が高く冷静に平行に飛行する航空自衛隊のF-15戦闘機が映っており、非難されるべきはロシア軍機だと思います。

2020年8月 5日 (水)

新潟県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業

新潟県は、新型コロナウィルスの感染症に対応する医療従事者や介護・障害施設の職員らに対して、最大20万円慰労金を支給する受付を8月17日(月)から開始すると発表しました。


新潟県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業
 新潟県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業を実施します
 事業概要

2020年7月 5日 (日)

御気の毒に、選択肢が無かった。Part3

我が国の首都・東京都の知事選挙が行われました。

前回の東京都知事選挙から4年、任期満了に伴う選挙です。
(2代続いての不祥事に拠る任期途中での知事選挙となっていました。)

今回の東京都知事選挙では、歴代最多となる22人が立候補と言う有象無象・泡沫候補多数の選択肢の少ない選挙となった様です。

依って、投票結果は、現職の小池百合子知事(兵庫県出身、67歳)が得票率59.70%、得票数3,661,371票と次点の約4倍強と圧勝しました。
前回選挙の得票率44.49%、得票数2,912,628票よりも、ブームが去ったにも拘わらず大幅に票を伸ばしている状況です。
(この頃から、○○ファーストなる言葉が多用されています。)

選択肢が無いと言うことは、とても大変(不幸)なことだと実感しました。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30