日記・コラム・つぶやき

2019年9月11日 (水)

2000年東海豪雨

2000年(H12年)9月11日(月)には東海豪雨に見舞われましたが、当時東海地方に住み働いていた為、もろに被害に逢いました。

11日の夕方6時頃まで勤務して帰宅しようとしましたが、帰宅電車が不通になり、タクシーを拾って(タクシー代が、1万円以上!)帰宅するも道路が冠水していて一度流されそうになったことを記憶しています(中には駅で夜明かしをした人も居た)

やっとの思いで帰宅したのは23時を少し回った頃だったと思います。

そして、夜中も、結構雨が降り、降雨量に不安を覚えました。

翌12日は公共交通機関が殆ど不通の状態で、一度バス停まで出掛けるも自宅に戻って自家用車で勤務地に出掛けました。

所々、冠水していてとても渋滞していました。

それでも、何とか大きな遅刻をすることなくやっとの思いで勤め先に着いたら、殆どの職員が通勤不能で勤務出来ない状態。

色んな問合せ電話が入り大変だったことを思い出しました。
(ただ、近年はこの豪雨をも凌駕する大雨の発生が珍しくなくなりつつあります。)

奇しくも9月11日

そして、翌年がこれ
↓↓↓↓↓

アメリカ同時多発テロから、18年。

2001年(H13年)9月11日(火)に、アメリカの世界貿易センタービルに民間旅客機が突入した事件から18年となりました。

当時、テレビで北棟から黒煙がモウモウと上がっている映像を映し出している最中に、画面右から別の旅客機がス~っと入って来て南棟に激突するシーンをライブで報道していました。

世の中は、この18年間で大きく変わりました。大きな影響を与えたものには、アメリカのリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が破綻し、世界恐慌寸前まで経済が崩壊しました
また、2011年(H23年)3月11日(金)には東北地方太平洋沖地震が発生し、再び日本経済をどん底まで突き落としてしまいました

知らないうちに、勝ち組とは言えなくともソコソコだった生活が、いつしか負け組みになってしまいました。
大きな事件を遡ってblogを読むと、当時のリアルな状況が思い出されます。
(blogのハイパーリンクの様に、人生を巻き戻すことが出来るのであれば、今思っている反省を十分に活かすことが出来るのですが。)

2019年9月 1日 (日)

防災の日。

9月1日、防災の日です。
(1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定。9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災に由来。)

当地は、お盆を過ぎると過ごし易くなるのですが、今日は久しぶりに気温が高く(30℃位)湿度も高くて過ごし難いです。

もう、秋なんですがね。

  • 1983年(昭和58年):大韓航空機撃墜事件(KAL(HL7442便)Boeing747-230)がソ連軍に拠り撃墜)
  • 2001年(平成13年):歌舞伎町ビル火災(明星56ビル(雑居ビル)で午前1時頃に出火)
  • 2004年(平成16年):浅間山(長野県・群馬県、標高2,568m)噴火

2019年8月15日 (木)

74回目の終戦記念日

今日は、1945年(昭和20年)8月15日に、昭和天皇が玉音放送で終戦の詔書を朗読し、日本が降伏した日から74回目に当ります。

各地で終戦記念行事が催された様です。

平和な時代に生まれ育った私達は本当に幸せです。
(平成の時代は、近代で唯一我が国が戦禍に巻き込まれなかった良い時代でした。)

お盆、でもお仕事です。part2

世間では、特に東日本の多くでは、今日は、お盆だと思いますが、夏季休暇など無い私は、今日もお仕事です

しかも、特別な手当も無く。残念。
(まぁ、仕事があるだけ良いのかも知れないが。)

2019年7月 6日 (土)

ヒヤリハット!

電気室や電気通信機室などに設置されることが多い不活性ガス消火設備(二酸化炭素消火設備)ですが、本日、勤務先の当該消防用設備が突然に格納ボンベから二酸化炭素ガス噴出・漏洩しました。

今回は、防護区画以外のCO2ボンベ庫内と言う狭い空間での噴出・漏洩であり、隣接する機械操作室にも当然の如く漏洩して来ました。
(狭い空間の方が、危険です。窒息の恐れがあります。)

二酸化炭素の分子量は44であり、比重は1.529と空気よりも重く床面に近いほど二酸化炭素濃度が高くなります。

今回の漏洩事故当時の二酸化炭素濃度は、最大2,400ppmまで上昇しました。

当然、給気と排気をフル回転させて換気に努めた為、何事もなく無事でした。

いわゆる、ヒヤリハットの重大事案に該当する為、ここに記録して戒めにしたいと思います。
(機械・設備は正直者ですから、所謂不要な忖度はしません。)

◎不活性ガス消火設備(二酸化炭素消火設備)
 ・第3種消火設備
 ・窒息効果を利用した消火設備
 ・1994年設置

●二酸化炭素
 ・常温で気体、無色透明、無臭
 ・化学式:CO2
 ・分子量:44.01

2019年6月14日 (金)

社会的にも、一区切り。

時の流れは、もの凄く早い。

今日は、社会的にも一区切りが付いた様です。

あ~ぁ、若い頃に、もっともっと頑張っておけば良かったなぁ。
(私の場合は、ほんの少し辛抱だけすれば良かったみたいですが。)

2005年(平成17年)初頭の迷いが、今の現況を招いてしまった。
(このことは、悔やんでも悔やみ切れない。周囲をも巻き込んでしまっていたからなぁ。)

2019年6月11日 (火)

こりゃ、便利だわ。

やっぱり、便利ですねぇ。

パソコンよりも、断然操作が簡単で、スマートフォンよりも見易い。
(将来的には、OSが変わるのだろうか。)

お蔭で、睡眠不足になりそうです。

2019年6月 9日 (日)

タブレットも買っちゃいました。

今日、タブレットを買いました。

特に、目的が有った訳では無いのですが、有ると便利そうなので買って来ました。
(電気量販店で一番安いものです。)

OSが、スマートフォンと一緒なので、使い勝手はほぼスマートフォンです。

2019年6月 4日 (火)

天安門事件から、30年。

1989年(平成元年)6月4日(日)に、中国・北京市で発生した天安門事件から30年になります。こちら≫

当時の私は、高等教育機関で働いていた為、中国の方とも仕事をしており、その方のご兄弟の安否が不明とかなり心配していました。
(ほどなく無事が分かった様です。それと、その後も多くの方は留学を名目に中国を後にされたとのこと。)

あれから30年、私の立場も大きく変わり、その中国の方とも交流が無い為、どの様な考えであったか知る由もありませんが。
(時の流れは、本当に早いです。しかし、独裁国家は依然とその体制は変わりません。)

確実に言えることは、民主主義自由はとても大切です。
(当地では、間もなく民主主義の象徴選挙があります。独裁国家には、この普通選挙はありません。)

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30