日記・コラム・つぶやき

2020年6月29日 (月)

懲りずに、チョこっと保守。

TOYOTA Vitz 久方ぶりに自家用車を洗車しました。

まぁ、洗車機に拠る洗車ですが。。。

昨年の今頃にも、チョこっとだけ自家用車の手入れをしていました。

しかし、ホームセンターの駐車場で嫌なことがあって意気消沈

車齢も高いことから余りお金は掛けたくはないのですが、最低限のことをしておかないと。

昔の様に、すぐには自家用車を購入出来ませんから。

2020年6月22日 (月)

思わず笑ってしまいました。でも進展せず。

くだらない事案で、思わず笑ってしまう状態ですが、
まぁ、皆見事に他人事ですなぁ。
(無責任極まりないネ。)

結局は、解決に向けて1㎜も進んではいない。
私にとっては、無駄な時間となってしまいました。


    既に報告済みの内容
  • 契約外の業務は実施しない。
  • 発注作業や管理業務。
  • 請求書などの突合業務。

  • ?粉になるコンクリート⇒見極められない施工業者
  • 壊れてはいけない筈なのに壊れたCVCF⇒無責任な施工業者
  • 流れず詰まるトイレ⇒責任の擦り合いをする施工業者
  • 流れず詰まるトイレ⇒責任の擦り合いをする施工業者
    (別の箇所でも発生する状況。どうなってるんだろ。)
  思わず笑ってしまいました。
  (でも、すべて同じ施工業者。大丈夫???)

2020年6月19日 (金)

新型コロナウィルスとWHO

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、国連(United Nations、連合国)の専門機関の一つです。

しかし、今般の新型コロナウィルスの感染拡大への対応について、色々な意見が提起されている様です。


 ◎テドロス・アダノム・ゲブレイェソス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長の発言など
  • 2019年12月下旬:中国(China)湖北省武漢市内で原因不明の肺炎の集団感染を確認。
  • 2020年01月09日(木):中国(China)湖北省武漢市の肺炎を新型コロナウィルスよるものとの声明。
  • 2020年01月28日(火):中国(China)の対応を称賛。
  • 2020年01月31日(金):PHEIC(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態)宣言
  • 2020年02月11日(火):新型コロナウィルスをCOVID-19(Novel Coronavirus disease 2019)と命名。
  • 2020年03月11日(水):パンデミック(Pandemic)宣言
  • 2020年06月19日(金):パンデミック(Pandemic)が加速との声明。

2020年6月11日 (木)

思わず笑ってしまいました。Part2

くだらない事案の続報です。

まぁ、こちらとしては証拠を結構残しているから問題はないのですが。

逆に、今後の進展が楽しみです。


  • 粉になるコンクリート⇒見極められない施工業者
  • 壊れてはいけない筈なのに壊れたCVCF⇒無責任な施工業者
  • 流れず詰まるトイレ⇒責任の擦り合いをする施工業者
  • 直ぐに壊れるブラインド⇒故障の分析をしない施工業者
  思わず笑ってしまいました。
  (でも、すべて同じ施工業者。大丈夫???)

2020年6月 8日 (月)

運転免許証・更新

更新後運転免許証前回更新運転免許証 5年ぶりに自動車運転免許証の更新をしました。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響に拠り、手続きの案内や書類作成には十分な注意(三密回避)が払われていました。
しかも、とても丁寧な案内でした。

自動車運転免許証は、もちろん優良(ゴールド免許)ですので講習自体は30分間で終わります。
(もう15年以上はゴールド免許です。これからも安全に気を付け無事故無違反を続けます。)

過去の自動車運転免許証を改めて見比べると、私自身の変化にも驚きですが、様式が少し変更されていることに気が付きます。
(眼鏡を掛ける状況。それと免許の種類が普通から中型へ制度変更。一番のショックは証明写真の劣化です。)

それと、更新に係る手数料も若干値上げされていたんですねぇ。

  • 更新手数料:\2,500円
  • 講習手数料: \500円
  • 合   計:\3,000円
更新前運転免許証

2020年6月 4日 (木)

天安門事件から、31年。

1989年(平成元年)6月4日(日)に、中国・北京市で発生した天安門事件から31年になります。こちら≫

当時の私は、高等教育機関で働いていた為、中国の方とも仕事をしており、その方のご兄弟の安否が不明とかなり心配していました。
(ほどなく無事が分かった様です。それと、その後も多くの方は留学を名目に中国を後にされたとのこと。)

あれから31年、私の立場も大きく変わり、その中国の方とも交流が無い為、どの様な考えであったか知る由もありませんが。
(時の流れは、本当に早いです。しかし、独裁国家は依然とその体制は変わりません。)

それと、今は、香港の民主化弾圧の問題です。
一国二制度』の名の下で共存共栄している様にみえた香港において、昨年6月9日(日)に発生した『逃亡犯条例』に反対したデモ発生から混乱が続いています。
(香港は1997年(平成9年)7月1日イギリスから中華人民共和国への返還。)

昨年末(日本においては、本年2月頃)に発生した新型コロナウィルスの感染拡大の影響で一時は全く報じられなくなった香港騒乱
今も続いている様です。

確実に言えることは、民主主義自由はとても大切です。
(当地では、間もなく民主主義の象徴選挙があります。独裁国家には、この普通選挙はありません。)

2020年6月 3日 (水)

雲仙普賢岳の火砕流から29年。

雲仙普賢岳(長崎県島原市、他)の1991年(平成3年)6月3日に発生した火砕流から、29年になります。

当時、火砕流と言う言葉は知ってはいたものの、この様な大きな被害を齎す自然災害とは思ってはいませんでした。
(火砕流が、数百℃以上とは知らなかった。要するに無知だった。)

それは、誰もがその様に思っていた様で、取材映像などを見ても、誰もすぐには避難せず、逆に火砕流の方に向かう報道陣すら居ました。

それと、自然の力をこの時にもっと感じていたならば、東日本大震災(2011年(平成23年)3月11日)大津波にももう少し上手い対応が出来たのではないでしょうか。

やはり、自然への畏敬の念をもっと強く抱かないといけない様です。
(畏敬の念が強かったならば、今の様な境遇には無い!!それに、もう少し思慮が深ければもっとマシな境遇だったと思う!!)

2020年5月28日 (木)

自動車税納付!

今日、自動車税を納付して来ました。

新車購入時は、たった1年だけ自動車税が減税されたけど、以降は負担感が強いですね。

今年は、新型コロナウィルスの影響などで、レギュラーガソリンが若干安目です。
120円台は久しぶりです。

でも、我が国は自動車に掛かる税金は本当に高いなぁ。
(今年は、車検もあるんだよなぁ。)

2020年5月26日 (火)

定額給付金についてのお知らせ

定額給付金申請書 リーマンショック時の『定額給付金』以来の『定額給付金』。
(リーマンショックとは、2008年(平成20年)9月15日(月)のアメリカ合衆国のリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの経営破綻を端緒とした世界的規模の金融危機。)

今回は、一人当たり10万円と高額です。

前回は、一人当たり1万2,000円でしたので、今回の経済的打撃の大きさが分かります。

今現在、経済的に全く影響は有りませんが、今後が非常に心配です。
そして、もっと心配なのが、この大打撃から我が国が立ち直れるのかどうか。とても、心配です。
(下手をすれば、三等国に転落してしまいます。)


2020年5月20日 (水)

忘れちゃいけないネ。

忘れちゃいけないネ、とっても大切な日

1977年(昭和52)からは、43年になるのかぁ。早いなぁ。
(牡牛座(Taurus))
(江里香は元気にしているだろうか。もう、連絡呉れなくなっちゃったけど。。。)

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31