日記・コラム・つぶやき

2018年12月 1日 (土)

今年も、あと1か月。

今年も残すところ、あと1か月。

時間sandclockの経過がとても早く感じる今日、この頃。
(今年は、未だに降雪snowが無く、とても助かってはいます。)

何とか、平穏無事に過ごしたいですね。
(何せ、今の現場は責任感の低い人達ばかり。自分自身で自分を守らないと。)

2018年11月30日 (金)

平成最後の11月。

だいぶ寒くなって来ましたが、平年よりも暖かいです。

今日で、平成最後の11月が終わりです。

平成元年は、昭和天皇の崩御により始まる訳ですが、我が国の製造業の競争力は凄まじく特に電機産業は超一流と言った感じでした。

日経平均株価dollarも、年末の12月29日の大納会で史上最高値の38,915.87円を記録しました。

しかし、平成の世は、前半の極初期は良かったものの、以降は、『失われた10年』となり、更には『失われた20年』となってしまいました。

■平成の経済の長期停滞期
 ・1992年(平成4年)~2002年(平成14年)頃:金融システム危機の発生。
 ・1991年(平成3年)~2011年(平成23年)頃:『失われた10年』に加えて、世界金融危機発生。

2018年11月26日 (月)

晴れています。

昨日、今日と、この時期にしてはとても良い天気sunです。

しかも湿度が低く過ごし易いです。
(逆に、乾燥し過ぎている状況だと思いますが。)

昨年の今頃はどうだったでしょうか。雪snowがチラついていたかなぁ。

2018年11月23日 (金)

寒かったです。

今日は、寒かったです。

今日の最高気温8.3℃、一桁台です。

因みに、昨年の一桁台は11月16日(木)の8.6℃ですので、今年は約一週間遅いみたいです。

でも、寒いのは嫌だなぁ。

それと、大阪管区気象台は、今日になって22日(木)に昨年よりも23日遅く木枯らし一号』が吹いたと発表tvしましたし、今夜からは北日本地方に真冬並みの寒気が入り込むとのこと。いよいよsnowでしょうか。

まぁ、自家用車carの冬支度は済んでいるので大丈夫なのですが。

2018年11月21日 (水)

冬用タイヤ準備完了!

豪雪地snowsnowの当地には欠かせない冬用タイヤ

今日、今シーズンの冬用タイヤへの履き替えをしました。

今年は、暖冬sunとの予測もあり、北海道でも初雪snowが観測史上最遅との報道tvもあり、まだ少し早い気もしますが念の為、今日スタッドレスタイヤに履き替えました。
(今年からは、『チェーン必須のチェーン規制』も始まる様です。)

昨年購入したBRIDGESTONE BLIZZAK VRX2は、まだピカピカです。

2018年11月11日 (日)

電池の日

今日は、電池の日です。

11月11日を漢字で縦書きすると±月±日となり、(プラス)(マイナス)を組み合わせた様な漢字になるからとのこと。

日本語は、本当に面白いです。

因みに、電池の日は、1986年(昭和61年)11月11日(火)に制定されました。

2018年10月24日 (水)

生活費、切りつめてはいるのですが。。。

電気使用量の推移ガス使用量の推移 給料moneybagが上がらない今日、生活するには光熱費の節約をせざるを得ない状況ですが、もうギリギリです。
(冬季と夏季の電気及びガスの節約方法は見つかり有効ですが、それ以外の季節ではバラツキが大きく節約出来ていません。)

来年の10月からは、消費税が8%から10%に増税される予定で、益々生活が大変になると思われます。

ただ、世の中の景気は良くなっているとのことですが。。。

2018年9月30日 (日)

今のところ、無事です。

勢力が強く被害が懸念される台風24号typhoon(チャーミー(trami))ですが、当地は今のところ無事です。

10時25分頃ですが、風typhoonrainなども無く、日差しsunもあります。

2018年9月16日 (日)

リーマン・ブラザーズ破綻から10年。

アメリカ(USA)の証券会社4位(当時)のリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)dollarが、アメリカ連邦破産法第11条の適用申請をして破綻し、その日本法人のリーマン・ブラザーズ証券dollar民事再生法の適用申請(負債総額は約3兆4,000億円(当時))をして倒産してから10年が経ちました。

当時は、日経平均株価が大きく値を下げ、当時はその年の5番目の下げ幅となり、当時の最安値11,609.72円(前日比-605.04円)を記録していました。

この年は、私にとっては非常に大変な年となってしまっていました。

今の窮状は、当時の影響を受けている事には間違いはありません。

本当に残念な人生の始まりでした。

もう、良かった時代には戻れないことは分かってはいても、今もとても残念な気持ちになってしまいます。
悔しいです。
(これが、私の人生の転落の第二章の始まりとは気付いてはいませんでした。)

2018年9月11日 (火)

2000年東海豪雨

2000年(H12年)9月11日(月)には東海豪雨rainrainに見舞われましたが、当時東海地方に住み働いていた為、もろに被害に逢いました。

11日の夕方6時頃まで勤務して帰宅しようとしましたが、帰宅電車trainが不通になり、タクシーcarを拾って(タクシー代が、1万円以上!)帰宅するも道路が冠水していて一度流されそうになったことを記憶しています(中には駅trainsubwayで夜明かしをした人も居た)

やっとの思いで帰宅したのは23時を少し回った頃だったと思います。

そして、夜中も、結構雨rainが降り、降雨量に不安を覚えました。

翌12日は公共交通機関trainsubwaybusが殆ど不通の状態で、一度バス停busまで出掛けるも自宅に戻って自家用車carで勤務地に出掛けました。

所々、冠水していてとても渋滞していました。

それでも、何とか大きな遅刻をすることなくやっとの思いで勤め先に着いたら、殆どの職員が通勤不能で勤務出来ない状態。

色んな問合せ電話telephoneが入り大変だったことを思い出しました。

奇しくも9月11日

そして、翌年がこれsign03
↓↓↓↓↓

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31