旅行・地域

2019年5月 5日 (日)

新潟県のこどもの数は過去最低。

新潟県は、こどもの数(15歳未満)は、256,784人(- 5,884人)と発表しました。

新潟県に拠ると、こどもの数(15歳未満)を発表し始めた昭和56年(1981年)から38年連続で低下し、今年も過去最低とのことです。
(昭和56年のこどもの数が548,059人でしたので、今はその半分以下でしょうか。)

因みに、男女別では、男の子が131,787人、女の子が124,997人となっており、性比は105.4とのことです。
(特に、女の子の減少が目立っており性比が大きくなりつつあります。これは、将来の深刻な嫁不足に繋がる恐れがあります。)

更に、どの年代も人口が2万人未満であり、昨年の出生者数は14,665人(前年比-493人)と過去最低の様です。

2019年4月26日 (金)

新潟県、人口大幅減少。

新潟県は、平成31年(2019年)4月1日現在の推計人口を発表しました。

新潟県に拠ると、平成31年(2019年)4月1日現在の推計人口は222万8,517人で、前年同月と比べると2万2,739人の大幅な減少となりました。

なお、前月と比較すると8,027人の減少と言うことで、恐らくは進学や就職などに拠る社会動態減少と思われます。

新潟県では、人口減少に歯止めが掛らない状況から、少子化対策移住者の促進をさらに進めるとしています。

しかし、冬場の当地域の生活を考えると、当地を離れざるを得ないのも理解出来ます。

2019年4月10日 (水)

関東甲信で大雪、豪雪地の当地は暖冬。

少し変わった気象の様です。

豪雪地の当地は、今年は暖冬であり積雪は殆ど無く当然今もはありませんし、降雪もありません。

しかし、4月も中旬に差し掛かった今日、東京都の多摩地域などでは積雪に見舞われた様です。
(当地には、山が有るから雪が降ると言う人が居ますが、これで山が大きな要因ではなく実は気流こそが降雪の大きな要因である証明となりました。)

都心も積雪こそはなかったものの、真冬並みの寒さ1月下旬の寒さだった様です。

まぁ、当地でも季節外れのが舞う日もあったり、夏日になる日もありました。

今までの経験知の気象は、最近は当てはまらない様です。

2019年3月29日 (金)

第19回統一地方選挙、新潟県及び新潟市。

第19回統一地方選挙新潟県議会議員選挙新潟市議会議員選挙が告示されました。

新潟県議会議員選挙新潟市議会議員選挙の投開票日は、いずれも4月7日(日)で投票は午前7時から午後8時までとなり、開票は午後9時からの即日開票です。

新潟県議会議員選挙は、定数53に対して77の立候補があったものの、7選挙区では無投票で9人が既に当選されています。

新潟市議会議員選挙は、定数51に対して江南区は無投票となり既に4人が当選されています。
(新潟市は、政令指定都市とは言え、実態は地方の中核都市レベル。議員定数は、更に縮減する必要性があるなぁ。)

新潟県議会議員選挙新潟市議会議員選挙共に、人材不足は著しく、抱える政治的課題は解決される状況ではありません。

とても残念ですネ。

2019年3月24日 (日)

雪、降りました。

もう、は降らないだろうと思って、自家用車のタイヤを夏用にしたばかりなのに、今朝、降りました。
(寒暖の差が大きく、身体がついて行くのが大変。)

幸い、路面にはは無かったものの、久方ぶりに寒いです。
(大きな橋では、雪ありました。)

しかも、先日は県内でも夏日となったところもあるし、3月も下旬なのに。
(屋根や路肩などは真っ白の状態。)

2019年3月21日 (木)

糸魚川で夏日となる。

今日は、天気予報通り気温が高かったです。

新潟県糸魚川市では、夏日となる最高気温が25℃を超え26℃となった様です。
(ただ、天気については、新潟県内で降雨となった地域もあるようですが。)

この冬は、超暖冬で暖かくも無く助かったのですが、これはこの夏が猛暑になる前兆でしょうか。

2019年3月 9日 (土)

ジェットフォイル、衝突事故。

ジェットフォイル・ぎんがジェットフォイル・ぎんが 新潟県の新潟港と佐渡島を結んでいる佐渡汽船ジェットフォイル(Boeing 929)(定員240名)が、クジラと思われる海洋生物と衝突しケガ人が発生した模様です。
(ジェットフォイルは、我が国では佐渡汽船が1977年(昭和52年)2月に初めて国内初導入・就航させました。)

海上保安庁佐渡市消防本部に拠ると、新潟港から両津港(佐渡市)に向かっていたジェットフォイル(Boeing 929)〈ぎんが〉に乗船していた乗客乗員125人の内、87人が負傷し、5人が骨折などの重傷とのことでドクターヘリを派遣するなどして、病院に搬送したとのことです。

事故の状況は、11時30分発(12時35分着)の佐渡汽船ジェットフォイル(Boeing 929)〈ぎんが〉が両津港の東約10㎞(佐渡市姫崎約4.5㎞沖合)を時速約65㎞で航行中に、水中翼の後部に海洋生物が衝突したとのことです。
(クジラの生息数が多い様です。すなわち、きちんと個体数を管理すれば捕獲しても問題は無さそうです。)

なお、佐渡汽船は当分の間、このジェットフォイル〈ぎんが〉運休させるとしています。

ジェットフォイル・ぎんが

2019年3月 5日 (火)

国内最高齢の男性、112歳。

国内最高齢の新潟県上越市の渡邉智哲さん(明治40年3月5日生、111歳)が、今日112歳になられたとのことです。

おめでとうございます!!

凄いことではありますが、その途中は、非常に困難なものと思います。
(何故ならば、普通の高齢者は疎まれることが多いです。残念ながら。)

ただ、私はその様な長寿とはならない様です。

今年は、超暖冬?

新潟気象台は、今年の冬の北陸地方の天候をまとめ、新潟県内は降雪量がかなり少なく、暖冬の影響が顕著に表れたと発表しました。

新潟気象台に拠ると、この冬の累積降雪量は、新潟市中央区で94㎝(平年比48%)、上越市高田で292㎝(平年比54%)、佐渡市相川で26㎝(平年比24%)、長岡市でも325㎝(平年比63%)と極端に少なかった様です。

因みに、累積降雪量は、新潟県内の観測点16地点全てで平年を下回った様です。

また、平均気温も高目で、新潟市中央区で4.3℃、上越市高田で3.9℃、佐渡市相川で5.4℃と、北陸地方全体では、平年よりも0.9℃高かったとのことです。

大変、有り難いことではありますが、スタッドレスタイヤが良く減ります。

2019年3月 2日 (土)

新幹線E7、登場。

今年の3月16日(土)からのダイヤ改正で、上越新幹線にも、北陸新幹線で活躍中の新幹線E7系が運行される様です。

今日から新潟駅で、その新幹線E7系がお披露目されました。

北陸新幹線新幹線W7/E7系の車輌と同じですが、車体側面のゴールドのラインの下にブルーピンクのラインが追加される様です。

また、3号車と11号車には稲穂朱鷺のシンボルマークも入る様です。

ただ、期間限定とのアナウンスもあり、ヒョッとして北陸新幹線のお下がりでしょうか。
(因みに、新幹線車輌の型式的にはお下がりなのですが。。。)

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31