ニュース

2017年3月20日 (月)

地下鉄サリン事件から、22年。

1995年(平成7年)3月20日(月)の午前8時頃に、帝都高速度交通営団(現東京メトロ(株)subway)で発生した地下鉄subwayサリン事件の発生から22年となりました。

奇しくも今日と同じ月曜日、まずは、犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

この年は、年初から色んな事件がありましたネ。

  • 1月1日:世界貿易機関(WTO)発足
  • 1月17日:阪神・淡路大震災
  • 3月20日:地下鉄subwayサリン事件発生
  • 7月1日:PHSサービスphoneto開始
  • 11月23日:Windows95pc発売

2017年3月11日 (土)

東北地方太平洋沖地震から6年。

2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分頃、宮城県牡鹿半島の東南東約130㎞(北緯38.0°、東経142.9°)で発生した東北地方太平洋沖地震(マグニチュード(M)9.0、最大震度7)から6年が経ちました。

当時は、午後の事務処理pcをしている最中に、いきなり周囲の方々の携帯電話mobilephone緊急メールが鳴りだし、ほどなくゆっくりとグルングルンと庁舎buildingの床面が大きく揺れた様に記憶しています。
(昔の遊園地のコーヒーカップの様な感じ。あんな地震は初めてです。)

6年も経ったと言うのに、東京電力(株)福島第一原子力発電所は、未だ廃炉への工程への移行が出来ていません。

見えない臭わない放射能に対して、何ら決定的な解決策を持たない人類。

とても困難な課題を抱えてしまった様です。

それと、この地震は、私の人生を大きく変えましたネ。
(この地震のせいで、今の仕事をする羽目になってしまった。)

2016年11月24日 (木)

関東地方で雪。

豪雪snow地帯の当地方では、雪snowの気配すらありませんが、関東地方では、特に東京都23区内で降雪snowがあった様です。

最近、以前の気候と大きく変わりましたネ。

50数年ぶりなんて気象が珍しくなくなっちゃた?

2016年11月 9日 (水)

トランプショック!!

2008年9月のリーマンショック以上のインパクトではないでしょうか。

日経平均株価(225種)dollarも、-919.84円安の1万6,251.54円と、せっかくの1万7,000円台を割り込んでしまいました。

更に懸念されるのは、日本国の防衛問題。

近隣諸国の一部には、ならず者国家もある様ですが。。。

2016年11月 8日 (火)

道路、大陥没!

2006年(平成18年)7月16日(Sun)に、この地を訪れていました。

今朝、福岡県福岡市博多区のJRbullettrain博多駅前の道路が大規模な陥没事故を起こしました。

原因は、市営地下鉄subway七隈線延伸工事現場の様ですが、本当に大規模で、しかも動画movieなどがテレビtvニュースとして放映され、とても衝撃でした。

最近、つくづく思うのですが、日本の技術力wrenchがかなり落ちているなぁと感じます。

これでは、見せかけの先進国を装っている彼の国と同じ技術レベルwrench

情けないなぁ。

2016年10月26日 (水)

国勢調査で、初の人口減。

総務省は、昨年10月に実施した国勢調査の確定値を発表しました。

この国勢調査によると、わが国の総人口は、1億2,709万4,745人と、前回調査(2010年(平成22年))と比較して0.8%減の96万2,607人減少したとのことです。

国勢調査での総人口の減少は、1920年(大正9年)の調査開始以来初めてのことで、これは出生数死亡数を下回る自然減が大きく影響した模様です。

男女別では、男性が6,184万1,738人、女性が6,525万3,007人と女性が3,411万1,269人多く、年齢別では、65歳以上が3,346万5,441人と26.6%を占めているとのことです。

2016年10月21日 (金)

鳥取県で、震度6弱。

鳥取県で、震度6弱の地震がありました。

この地震は、今日の14時07分頃、鳥取県中部(北緯35.4°、東経133.9°)、震源の深さは約10㎞、マグニチュード(M)は6.6の地震に拠るものです。

最大震度6弱と強い地震で、この震度6弱を記録したところは、鳥取県倉吉市葵町、鳥取県東伯郡湯梨浜町籠島及び鳥取県東伯郡北栄町土下などです。

今回の地震では、九州地方、四国地方から北陸地方までの広範囲で比較的強い揺れを感じた様です。

今年の4月には、熊本県地方で非常に強い地震が発生していました。

また、12年前の2004年(平成16年)10月23日(土)17時56分頃に、新潟県中越地方(北緯37.17°、東経138.52°)で最大震度7を記録した中越地震が発生していました。
(この地震は、私の人生に大きく影響を与えました。)

何だか、とても嫌な気分になりますね、気持ち悪い。
(九州地方から段々と当地方に、地震の震源が近付いている?)

2016年10月 8日 (土)

阿蘇山、噴火。

阿蘇山fuji(熊本県阿蘇地方)が噴火しました。

今回の、噴火は水蒸気爆発と呼ばれる火山の地下水がマグマによって沸騰して爆発したものとのことです。

気象庁では、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げたとのことです。

それと、阿蘇山fuji(熊本県阿蘇地方)の噴火は、1980年(昭和55年)以来の36年ぶりとのことです。

今年は、4月14日(木)には、熊本県地方で大きな地震が発生しており、重ね重ねお見舞い申し上げます。

2016年10月 4日 (火)

ノーベル賞、受賞。

昨年に引き続いて日本人のノーベル生理学・医学賞が決まりました。

今年は、東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(71歳)が、ノーベル生理学・医学賞の日本人受賞者の4人目となりました。

しかも、2年連続の受賞。更には、日本人のノーベル賞としては、2014年(平成26年)からは、3年連続の受賞。

本当におめでとうございます。

2016年9月27日 (火)

御嶽山噴火から、2年。

平成26年(2014年)9月27日(土)の、長野県と岐阜県に跨る御嶽山fuji(標高3,067m)の大噴火から2年が経ちました。

当日は、ニュースtvなどで、噴煙がモクモクと上がる様子を見て驚いたものです。

そう言えば、大きな火山災害のこうした映像tvを見るのは、平成3年(1991年)6月3日の雲仙普賢岳fuji(標高1,359m)の火砕流発生以来でしょうか。

当時は、火砕流の恐さを知らずに、やはりモクモクと上がる噴煙と火山を下る火砕流を何気なく見ていたものです。

しかし、いずれの場合も大惨事に。

知らないと言うことは、大変恐ろしいことです。
(当初は、そのモクモクと上がる噴煙は単に凄いなぁ位しか感じていなかった。)

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31