ニュース

2017年8月12日 (土)

JAL123便墜落事故から32年。

1985年(昭和60年)8月12日(月)の18時56分頃に発生した、JAL123便airplane墜落事故から32年が経ちました。

当時は、既に夏季休暇に入っていましたから、恐らくは帰省して、この悲報tvに接したのでしょうか。
とても早いものですね、既にもう詳細な記憶がありません。
(当日は、帰省の為の移動中だったかなぁ、それとも既に実家に帰省していたかなぁ。)

まぁ、私の生活も、大きく変わっており、当時とは比べものにならない悲惨な生活ですが。
(とても残念です。。。)

2017年8月 6日 (日)

人類初の原爆投下から72年。

1945年(昭和20年)8月6日の、戦争における人類初のウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』の投下から72年を迎えました。

このウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』は、72年前の8時15分頃に広島市の相生橋付近上空約600mで核分裂爆発し、多大な被害を齎しました。

2005年(平成17年)から2006年(平成18年)の約1年7か月ほど、広島県に住み働いていた時に、何度が、現場付近を散策しました。
(未だに、その痕跡があり、とても切なかったです。)

そして、アジアの一部では、歴史修正主義者による試みや、新たな原子力爆弾の製造の試みが散見されます。
(『完全かつ最終的に解決』された賠償問題や『最終かつ不可逆的に解決』された慰安婦問題の掘り起しなどは、争いを好んでいるとしか思えない。)

2017年7月27日 (木)

内閣総理大臣逮捕から41年。

1976年(昭和51年)7月27日(火)の田中角榮元内閣総理大臣の受託収賄並びに外国為替及び外国貿易管理法(外為法)違反容疑での逮捕から41年です。

いわゆるロッキード事件airplaneですが、奇しくも本年の初めから話題となった国有地の払い下げに係る学校法人schoolの補助金等の不正受給事件の関係者の口から出て来た言葉で思い出しました。
(この事件も、マスコミtvなどは事の本質に迫らず面白可笑しく都合の良い部分だけを切り取って報道している様に強く感じます。)

偏向報道tvは、世論を動かしますし、選挙への影響も大きいです。

どうか、我が国の国益を損なわない様に、宜しくお願いします。

2017年7月23日 (日)

今度は、秋田県で豪雨。

九州北部rainrain東海地方rainrain豪雨rainrainが続きましたが、今度は秋田県で豪雨rainrainと河川氾濫が発生している様です。

報道の映像tvを見ると、一面茶色の水で覆われている状況。

更に、この豪雨rainrainを齎した前線は南下して、明日には本県に掛かり、180㎜大雨rainrainが予想されています。

明日は、週の初めの月曜日。少し、憂鬱です。

2017年7月14日 (金)

東海地方で、また豪雨。

東海地方の未明からの大雨rainrainが、またも豪雨rainrainとなっている様です。

今回の大雨rainrainは、愛知県の北部地方で、犬山市や丹羽郡大口町など五条川流域が河川反乱などによる被害が出ている様です。

また、犬山市にある国宝犬山城の天守にあるシャチホコが雷雨thunderrainによるものと思われる被害も発生しているようです。

因みに、東海地方の豪雨rainrainと言えば、2000年(平成12年)9月11日(月)から12日(火)の東海豪雨rainrainを思い出します。

当日の11日(月)は、その9月7日(木)頃からの台風14号typhoonによる豪雨で、帰宅時に電車trainが大幅に遅延し、タクシーcarで帰宅した記憶(1万円以上の運賃moneybag)があります。
(同僚の中には、電車trainの運転再開を待って一晩中駅で過ごした者もいます。翌日も運転train出来ない状況が続きました。)

2017年7月11日 (火)

九州は、北部で南部で大変です。

11時56分ころに、鹿児島湾(北緯31.4°、東経130.6°)、震源の深さ約10㎞で、マグニチュード(M)5.2、最大震度5強の比較的強い地震が発生しました。

最大震度5強を観測したのは鹿児島県鹿児島市喜入町です。

九州では、11日(火)からの大雨rainrainで九州北部(福岡県や大分県)では水害や土砂崩れなどの災害が、そして南部(鹿児島県)では、今回の大地震

自然災害とは、非情で恐ろしいです。
(『一、神仏を尊崇し 報恩感謝の生活を為すべし』自然への畏敬の念を忘れてはいけない様です。)

2017年7月 6日 (木)

九州北部で記録的豪雨。

九州北部(福岡県、大分県)で記録的な大雨rainrainが降った様です。

今回の九州北部の大雨rainrainは、発達した積乱雲が次々に発生し、線状降水帯と呼ばれる帯状の雨雲が形成され豪雨rainになるとのこと。

そして、人的・物的な甚大な被害が出ている様です。
(本県の市町村からも、援助用職員が派遣されました。)

こうなりますと、やはり、活躍するのはいつもの制服組。

本当に有り難いし、助かるし、心強いと思います。

それにしても、こうした制服組を否定する論調の方々は、どの様に援助するのでしょうか。

2017年7月 3日 (月)

御気の毒に、選択肢が無かった。Part2

我が国の首都は東京ですが、本当に気の毒ですよね

でも、視る目が無いのも事実でしょうか、残念ながら

今回も、一部のメディアtvに踊らされた感が否めません。

後に、大きな禍根とならなければよいのですが。やはり、首都での結果はインパクトが大きい。

そもそもの誤りはこの時期からかな?
(記事の内容は違いますが、タイミングはこの時期。)

そして、端緒は1995年(平成7年)年4月9日(日)か。
(思い返すと、この年は色んなことがあったんだなぁ。)

2017年6月25日 (日)

長野県で、震度5強。

7時2分頃、長野県南部(北緯35.9°、東経137.6°)を震源(極浅い)とするマグニチュード(M)5.7、最大震度5強の地震が発生しました。

今朝、ニュースtvを見ていて急に地震情報が流れ比較的大きな地震だったのでビックリしました。

この地震に拠り大きく揺れたところは、次の市町村です。

  • 震度5強:長野県木曽郡大滝村、長野県木曽郡木曽町
  • 震度5弱:長野県木曽郡木曽町開田高原

そう言えば、数年前はこの地域に大雨rainrainが降り大きな被害を出していました。
(若い頃は、この近くの国道19号線を良く走りましたネcar。楽しかったなぁ。)

2017年6月23日 (金)

小林麻央さん、ご逝去。

元フリーアナウンサーの小林麻央さんが、ご逝去されました。

ご冥福を祈りたいと思います。

まだ、34歳とお若いのに、しかも小さなお子様もいらっしゃるので、無念でしょうね。

悔やまれます。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31