ニュース

2020年1月15日 (水)

国道18号線のスキーバス事故から4年。

2016年(平成28年)1月15日(金)の、国道18号線におけるスキーバス事故から4年になりました。こちら≫

事故現場は、長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉の国道18号線(碓氷バイパス)の下り車線で、午前2時頃に発生した模様です。

この事故の衝撃的なことは、監視カメラにその運行状況の一部があり、それが何度も繰り返し放映されたことです。
(まるで、バス運転手のみに過失があったかの様に。。。少し無責任な報道にも感じたのだが。。。)

しかも、運転手が大型バスに不慣れだったこと、それを承知の上で、運行会社が運転させていたこと。

確かに交通事故を起こした責任は、運転手にもありますが、運行管理体制があまりにも杜撰。
(最近は、高速バスの利用機会が無いけど、また高速バスを利用したいと思っています。)

今朝も、早朝からテレビで慰霊の模様を報道していました。
(事故の犠牲者が大学生だった為、余計に悲惨さが感じられます。)

今更ながらですが、お悔み申し上げます。

2019年12月25日 (水)

年間出生数が86万人台。

厚生労働省が2019年(令和1年)12月24日(火)に発表した2019年の人口動態統計の年間推計では、日本人の国内出生数が86万4,000人となりました。

これは、1899年(明治32年)の統計開始以来初めて90万人を下回り、前年比で5.92%減と急減することになります。

国立社会保障・人口問題研究所が2017年(平成29年)4月に予測した将来人口推計では、出生数が90万人を割り込むのは2020年、86万人台になるのは2021年としていたので、出生数の減少ペースは2年ほど早まったことになります。
また、出生数の前年比が5%減を超えるのは1989年(平成1年)以来の30年ぶりとのことです。

少子高齢化がより一層進展している様です。

2019年12月23日 (月)

NHK不正発覚!!

NHK(NIPPON HOSO KYOKAI(Japan Broadcasting Corporation)、東京都渋谷区神南2-2-1)は、仙台放送局に勤務する企画総務部職員(男性、43歳)の不正経理処理が発覚した為、懲戒免職にしたと発表しました。

NHK(NIPPON HOSO KYOKAI(Japan Broadcasting Corporation)、東京都渋谷区神南2-2-1)に拠ると、仙台放送局企画総務部職員(男性、43歳)は、今年5月から12月に掛けて外部業者などへの架空の支払データを入力して13件の不正経理を行い、その金を自分自身の口座に振り込ませ54万750円を着服していたとのことです。

NHK(NIPPON HOSO KYOKAI(Japan Broadcasting Corporation)、東京都渋谷区神南2-2-1)は、事業の公共性を理由にほぼ税金の様な仕組み受信料を徴収していることから、余計に綱紀粛正が求められる筈です。

また、NHK(NIPPON HOSO KYOKAI(Japan Broadcasting Corporation)、東京都渋谷区神南2-2-1)の管理も相当に杜撰だった様で、欠勤中にも関わらず庁舎内への出入りが自由だったり内部システムの操作が出来た様です。
(余りにもお粗末過ぎ!金集めは熱心な割に職員には甘過ぎ!!)

Noblesse oblige.

他にも職員の無駄は無いでしょうか。

過剰に無駄な演出
過剰に無駄な職員待遇
(過剰な俸給、過剰な衣装などは不要。)

2019年12月 1日 (日)

ながら運転、厳罰化!

今日から、自動車運転中の携帯電話での通話やスマホ操作などの罰則が強化されました。

道路交通法の改正により、『携帯電話使用等(保持)』の違反点数が従来の1点から3点に、『携帯電話使用等(交通の危険)』の違反点数が従来の2点から6点(免許停止)となりました。

当然、反則金も普通車の場合、従来の6,000円から1万8,000円3倍になりました。

更には、新たに懲役刑が加えられ『6月以下の懲役または10万円以下の罰金』の罰則が適用される可能性があるとのことです。

こうした厳罰化の流れは、2007年(平成19年)9月19日の飲酒運転に関係した厳罰化に次ぐものでしょうか。
(当然、飲酒運転に拠り交通事故を起こせば民事上の責任も発生します。)

■ながら運転厳罰化
 ・保持:1点⇒3点
 ・危険:2点⇒6点(免許停止)

■飲酒運転厳罰化
 ・酒気帯び:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
 ・酒酔い :5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
 ※共同不法行為者の責任(民法・第719条)

2019年11月10日 (日)

祝賀御列の儀。

祝賀御列の儀

本日、祝賀御列の儀が、皇居(東京都千代田区)から赤坂御所までの約4.7㎞において、恙なく行われた模様です。
(所謂、天皇の即位祝賀パレードですが、本日滞りなく行われました。)

沿道には、約11万9,000人(内閣府発表)が詰め掛けて祝福し、約30分間に亘って天皇・皇后両陛下がオープンカーでパレードをされました。

この祝賀御列の儀(即位祝賀パレード)は、当初、10月22日(火)に実施される予定でしたが、台風19号の被害の影響に拠り、本日に延期となっていました。

当地方は、既に冬天候の為に太平洋側の様な快晴と言った天気にはなりませんでしたが、そこそこ天気は良かったです。

10月22日(火)の即位礼正殿の儀も、東京地方は儀式の時だけ天気に恵まれると言った神話めいたこともあった様です。

こうした儀式は、受け継がれるものであれば、長く続いて欲しいと強く思います。

なぜならば、世界の幾つかの国(国家)では、そうした儀式を引き継ぐことが出来ない体制になっているところが数多くあるからです。
(伝統は一度でも途切れたら、そこからが始まり(起源)。長い伝統は本当に難しい。)

2019年11月 9日 (土)

ベルリンの壁崩壊から30年。

東西冷戦時代にあったべルリンの壁が崩壊してから、30年が経ちました。

第二次世界大戦後に、東西に分断されたドイツ国
そして、東西冷戦により、1961年8月13日から建設された東ドイツ国内の飛び地の様な西ベルリンとの壁。

東ドイツが経済的に破綻して東西を分断していた壁が崩壊し、統一ドイツの誕生となりました。
(ドイツ民主共和国(東ドイツ)が消滅して、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に加盟。)

これは、我が国の平成の時代と丁度重なります。

  • 1961年(S36年)08月13日:ベルリンの壁建設開始
  • 1989年(H01年)01月08日:平成の始まり
  • 1989年(H01年)11月09日:ベルリンの壁崩壊
  • 1989年(H01年)11月10日:ベルリンの壁撤去開始
  • 2019年(H31年)04月30日:平成の終わり(30年4か月)
  • 2019年(R01年)11月09日:ベルリンの壁崩壊から30年

2019年10月22日 (火)

即位礼正殿の儀。

即位礼正殿の儀

本日、皇居・宮殿(東京都千代田区)において、新しい天皇陛下の即位礼正殿の儀が行われ、天皇陛下が国内外に天皇の地位に即位されたことを宣言されました。
(今年に限り、皇室慶弔行事に伴う休日となり、国民の祝日に関する法律(昭和23年7月20日・法律第178号)に準じた祝日になりました。)

因みに、今年は皇紀2679年とのことですので、初代天皇神武天皇が即位されたのは紀元前660年と言うことになります。

当然、古代天皇については、神話との説も承知していますが。
(現在の皇后陛下は、当地に所縁のある方ではあります。)

2019年10月13日 (日)

台風19号被害。

昨夜、静岡県伊豆半島に上陸した台風19号(ハギビス(HAGIBIS))の雨の被害が甚大な様です。

顕著な被害としては、本県では、大雨に拠る信濃川の中越地域(新潟県中魚沼郡津南町)における氾濫阿賀野川(新潟県東蒲原郡阿賀町)氾濫です。
一部では、今後下流において洪水になる可能性がある様です。

また、長野県においては、信濃川の上流である千曲川氾濫して大きな被害が出ている様です。

特に、北陸新幹線の長野車輌基地が水没して終日運休となる見込みです。


■信濃川

 河川法における一級河川であるが、信濃川の呼称は新潟県内のみで、上流の長野県では千曲川と呼ばれる。
 なお、河川法では信濃川(367㎞)ではあるが、新潟県内の信濃川は153㎞、長野県内の千曲川は214㎞と、実際には千曲川の方が長い
 また、この千曲川の源流は長野県と埼玉県の県境付近である。

2019年10月12日 (土)

大型台風19号、伊豆半島上陸。

気象庁は、19時前に大型の台風19号(ハギビス(HAGIBIS))が静岡県伊豆半島に上陸したと発表しました。

台風19号(ハギビス(HAGIBIS))の18時の中心気圧は955hPa、最大風速40m/s、移動速度は35㎞/hとのことです。

これは、今年9月の台風15号(ファクサイ(FAXAI))と同程度とのことです。

千葉県南東沖で震度4発生。

18時22分頃に、千葉県南東沖(北緯34.7°、東経140.7°)、震源の深さ約80㎞で、マグニチュード(M)5.7、最大震度4の比較的強い地震が発生しました。

この地震に拠る津波の心配は無い様です。

また、最大震度4を記録したところは、千葉県鴨川市とのことです。

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31