スポーツ

2019年6月16日 (日)

TOYOTA2連覇

フランス(France)のサルト(Sarthe)県ル・マン(Le Mans)のサルト・サーキット(Circuit de la Sarthe)(13.6㎞)で開催されたFIA 世界耐久選手権(FIA World Endurance Championship)・第87回ル・マン24時間レースにおいて、TOYOTA TS050 HYBRIDが1-2フィニッシュで、昨年の第86回大会に引き続いて2年連続優勝しました。

ル・マン24時間レースにおけるTOYOTAの2連覇は初です。

今回優勝したのは、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ(Sebastien Olivier Buemi)/フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso Diaz))で、2位には同じくTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ(Mike Conway)/ホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Pechito Lopez))が入りました。

TS050 HYBRID 8号車は、セカンドポジションからスタートして、それまでトップを走行していたTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ(Mike Conway)/ホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Pechito Lopez))を残り1時間ほどでパスし、全385周を周回して優勝のチェッカーフラッグを受けたとのことです。

なお、日本の自動車メーカーのル・マン24時間レースの優勝は、マツダの787Bの1991年の優勝に次いで2社目となりますが、2勝しているメーカーはTOYOTAのみです。

また、中嶋一貴は日本人として初めて、サーキットレースでのFIA世界チャンピオンに輝きました。
(中嶋一貴さんにはお逢いしたことはありませんが、父親の中島悟さんには何度がお逢いしており、サイン(色紙)を貰っていました。)

とにかく、TOYOTAおめでとうございます。

2019年2月11日 (月)

高梨沙羅、通算56勝目。

高梨沙羅選手(22歳)が、FISスキージャンプワールドカップ15戦(スロベニア・リュブノ)において、今季初優勝しました。

高梨沙羅選手(22歳)は、これで通算56勝目ですが、前回の優勝は、2018年(平成30年)3月25日オーベルストドルフ大会(ドイツ)で、約11か月ぶり。

今季は、今まで2位どまりで中々優勝出来なかったので、今回の優勝はとても良かったと思います。

2019年2月 9日 (土)

紀平梨花、逆転優勝!!

覚悟が違いますね。

フィギュアスケートの四大陸選手権(アフリカ、アジア、アメリカ及びオセアニア)(アメリカ・カリフォルニア州アナハイム)において、紀平梨花選手(16歳、関大KFSC)が優勝しました。

前日のSP(Short Program)では5位と出遅れたものの、今日のフリーで153.14点をマークし、合計221.99点逆転優勝しました。

これで、紀平梨花選手(16歳、関大KFSC)は、今季の国際大会5戦5勝の負け無しです。

大会直前には、左手薬指を亜脱臼したり、SP(Short Program)ではミスも有ったりとした様ですが、今日のフリーでは完璧に演技をこなしての逆転優勝
相当な覚悟が有ったんでしょうね。
(覚悟が無いから、未だにウダウダ生きております。残念)

2019年1月20日 (日)

天皇盃 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

広島県広島市で、『天皇盃 第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会が開催され、東北勢初の福島県チーム2時間19分43秒で初優勝しました。

因みに、本県は2時間23分43秒の27位でした。
(皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は、一週間前に京都府で開催されます。)

この全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は、広島県広島市の平和記念公園前を発着点とした48㎞の駅伝で、ほぼ国道2号線を疾走することとなり西端は宮島口になります。
(この地域は、平地が少なく瀬戸内海まで台地が切り立っている感じです。そして、その少ない平地に国道や鉄道が敷設されている感じ。)

10年以上前に、少しだけ広島県大竹市に住み働いていたのでチョッと懐かしさを覚えました。

2018年12月 9日 (日)

ザギトワ、負けちゃったなぁ。Part2

話題の多いフィギュアスケート女子ですが、フィギュアスケート・グランプリファイナル(カナダ・バンクーバー)で、紀平梨花(16歳、関西大学KFSC)選手が、女王アリーナ・ザギトワ(16歳)を抑えて優勝しました。

グランプリファイナルデビューシーズンで優勝したのは、2005年(平成17年)の浅田真央選手以来の13年ぶりになります。

それにしても、つくづく浅田真央選手の凄さを再認識します。

凄いなぁ~、でも、当時は近くに住んでいたんだよなぁ。

ただ、アリーナ・ザギトワ(16歳)選手は、今の居住地にゆかりのある選手でもありますので、少し複雑ですね。

2018年11月25日 (日)

日清食品ドリームテニスNAGOYA!

(愛知県名古屋市南区)で、『日清食品ドリームテニスNAGOYA』で、今大人気の大坂なおみ(21歳)と錦織圭(28歳)が初の混合ダブルスペアを結成して、奈良くるみ(26歳)と鄭現(22歳、大韓民国)とのペアと対戦し引き分けとなりました。

(愛知県名古屋市南区)と言えば、1994年(平成6年)に当時入職した職場の研修時に良く通っていました。
(東海道本線の笠寺駅で下車していましたネ。普段は市営地下鉄を利用していたので不便だなぁとは感じていました。)

とても懐かしい名前です。
(とても、懐かしいし良き時代でした。)

2018年10月20日 (土)

アリーナ・ザギトワ、本当に可愛いなぁ。

今年のオリンピックで優勝したアリーナ・ザギトワ(Alina Ilnazovna Zagitova)選手、やっぱり可愛いね。

テレビ番組で見たけど大人になったなぁ。

それと、親日的だし秋田犬を貰ってくれて。。。
(マサルは大きくなっただろうなぁ。)

2018年6月18日 (月)

TOYOTA初優勝。

フランス(France)のサルト(Sarthe)県ル・マン(Le Mans)のサルト・サーキット(Circuit de la Sarthe)(13.6㎞)で開催されたFIA 世界耐久選手権(FIA World Endurance Championship)・第86回ル・マン24時間レースにおいて、TOYOTA TS050 HYBRIDが1-2フィニッシュで優勝しました。

ル・マン24時間レースにおけるTOYOTAの優勝は初です。

今回優勝したのは、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ(Sebastien Olivier Buemi)/フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso Diaz))で、2位には同じくTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ(Mike Conway)/ホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Pechito Lopez))が入りました。

TS050 HYBRID 8号車は、ポールポジションからスタートして全388周を周回して優勝のチェッカーフラッグを受けたとのことです。

なお、日本の自動車メーカーのル・マン24時間レースの優勝は、マツダの787Bの1991年の優勝に次いで2社目となります。

とにかく、TOYOTAおめでとうございます。

2018年3月25日 (日)

高梨沙羅、単独最多54勝。

スキージャンプの高梨沙羅選手が、ノルディックスキーワールドカップ・オーベルストドルフ(独)第14戦で優勝し、スキージャンプの男女を通じて歴代単独最多の通算54勝になりました。

おめでとうございます。

ただ、大きな大会では記録を残せていないのが、少し残念ですけど。

2018年3月24日 (土)

ザギトワ、負けちゃったなぁ。

今年のオリンピックで優勝したアリーナ・ザギトワ(Alina Ilnazovna Zagitova)選手(15歳)が、フィギュアスケート世界選手権・ミラノ大会(伊)で5位となり負けちゃいました。

チョッと可哀そうだったなぁ、ザギトワに泣き顔は似合わない。
(それにしても、この娘は可愛いなぁ。)

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30