« 警察官が犯罪者Part93 | トップページ | とうとう雪です。 »

2020年12月30日 (水)

大納会、31年ぶり高値。

2020年(令和2年)の大納会となった東京株式市場日経平均株価(225種)は、2万7,444.17円(前日比123.98円安)となり、大納会としてはバブル経済時の1989年(平成元年)の3万8,915.87円以来、31年ぶりの高値となりました。

なお、バブル経済時以降の最高値は、昨日の2万7,568.15円です。

しかし、今年は新型コロナウィルス禍に拠り、一時は3月19日(木)には1万6,552.83円まで大幅に値下がりしており、その後の金融緩和に拠る株価の上昇が続き、9月3日(木)には2万3,465.53円に回復し、11月6日(金)には2万4,325.23円29年ぶりの高値となっていました。

ただ、この株価の上昇は、実体経済とは乖離しているとの見方もあり、今後の株価の動向には注意が必要な様です。

« 警察官が犯罪者Part93 | トップページ | とうとう雪です。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察官が犯罪者Part93 | トップページ | とうとう雪です。 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31