« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

ゆく年くる年。

2020年(令和2年)、今年は散々でしたネ。

今年は、本当に新型コロナウィルス禍の一年でした。
(業務の上でも、随分と恥をかかせて暮れた輩が居るが。)

新しい年こそは、良いことがあります様に。
(因みに、明日も業務です。今、流行りのEssenntial workersですから(泣)。)

大晦日の大雪?

2020年12月31日(雪) 昨日から、当地らしい雪が降ったのですが、幸い大変なことにならず良かったです。

ただ、テレビ報道等では、1月2日(土)位までは大雪に気を付ける様に呼び掛けています。

不要不急の外出は禁物とのことです。

まぁ、今年は新型コロナウィルス禍でも『不要不急の外出等は自粛』、本当に大変な一年でしたネ。
(今年は、何も出来ず、何処へも出掛けず、そして良い事は全く無かったなぁ。)

2020年12月30日 (水)

とうとう雪です。

とうとう、豪雪地帯に厳しい季節となってしまいました。

15時位からが舞っていたのですが、夕方には辺り一面真っ白になってしまい、道路面もが積もっていました。

自家用車のアクセルを少し強く踏んだだけでも、自家用車の挙動がいつもと違います。

そうです、でタイヤが少しスリップしているんです。

その後もが降り続けたので、今は本当に真っ白けになっています。
(昨シーズンは、この様なことはほぼ無く助かったのですが。。。)

更に心配なのが、テレビ報道等でズ~ッと大雪の報道をしていることです。
(大変な大雪になるのだろうか。)

大納会、31年ぶり高値。

2020年(令和2年)の大納会となった東京株式市場日経平均株価(225種)は、2万7,444.17円(前日比123.98円安)となり、大納会としてはバブル経済時の1989年(平成元年)の3万8,915.87円以来、31年ぶりの高値となりました。

なお、バブル経済時以降の最高値は、昨日の2万7,568.15円です。

しかし、今年は新型コロナウィルス禍に拠り、一時は3月19日(木)には1万6,552.83円まで大幅に値下がりしており、その後の金融緩和に拠る株価の上昇が続き、9月3日(木)には2万3,465.53円に回復し、11月6日(金)には2万4,325.23円29年ぶりの高値となっていました。

ただ、この株価の上昇は、実体経済とは乖離しているとの見方もあり、今後の株価の動向には注意が必要な様です。

2020年12月25日 (金)

警察官が犯罪者Part93

新潟県警は、新潟県警刑事部の男性警部補(32歳)を新潟県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)の容疑で新潟地方検察庁に書類送検し、停職6月の懲戒処分にしたと発表しました。

新潟県警に拠ると、この男性警部補(32歳)は、今年8月30日(日)の夜に新潟市内のホテルで、ショルダーバッグの中にスマートフォンを隠し、部屋に呼んだ女性の裸を撮影しようとした疑いがあるとのことです。

この男性警部補(32歳)は、『女性に不快な思いをさせてしまい、申し訳ない』と話しているとのことで、依願退職された様です。
(依願退職の場合は、退職金の支給と、再就職の斡旋があります。)

そもそも、ホテルでわざわざ女性を呼ぶとは、どういう女性で何をしようとしていたのでしょうか。
しかも、今年は新型コロナウィルスの感染拡大の最中であり、8月は所謂第二波でした。


    地方公務員法第29条(懲戒)
  1. 免職
  2. 停職
  3. 減給
  4. 戒告

AIでんき、初請求。

11月から、東北電力を止めてAIでんき((株)パワー・オプティマイザー)電力会社を変更して、初めての使用電力量請求額が決定しました。

使用電力量は、昨年と比べて少し多くなっていますが、請求額が若干安いです。

まぁ、最初から1kWh当たりの単価が決まっているから、割り替えしたら当初の目論見どおり。

今までは、1kWh当たりの単価が30円位だったので、ずっと安くはなります。

収入が増えない昨今、支出を出来るだけ抑えなければなりません。


AIでんきマイページ≫

2020年12月24日 (木)

プチ贅沢。

岩手県産ローストチキン 今日は、クリスマスイブなので、少しだけ贅沢をしました。

まぁ、クリスマス用チキンを食べただけなんですけど、このチキンは国内産(岩手県産)でしたのでチョッと高かったです。

いつもは外国産チキンで我慢していたのですが、今年はこんな世相なのでプチ贅沢です。

それと、クリスマスイブは、日本ではクリスマスの前夜祭のイメージですが、クリスマスとは12月24日の日没から12月25日の日没までを言うので、本来は今日はクリスマス当日の様です。

2020年12月22日 (火)

ダイヤメット倒産。

株式会社ダイヤメット(新潟県新潟市東区小金町3-1-1)は、東京地方裁判所に民事再生法(平成11年12月22日・法律第225号/改正令和元年5月17日・法律第2号)の適用を申請し受理されました。

負債総額は、子会社の株式会社ピーエムテクノ(新潟県新潟市東区平和町14)と合わせて約603億9,700万円に上るとのことで、新潟県内における過去最大規模の倒産となりました。

なお、株式会社ダイヤメット(新潟県新潟市東区小金町3-1-1)は、投資ファンド『エンデバー・ユナイテッド(株)』(東京都千代田区丸の内二丁目5番1号)の支援の下で従来通り操業を継続している様です。

因みに、新潟県内で負債総額100億円以上の大型倒産は2008年(平成20年)の新潟精密(株)(新潟県上越市西城町2-5-13)の負債総額162億円以来の12年ぶりとのことです。

また、今般の新型コロナウィルス禍では、これまでは6月に民事再生法(平成11年12月22日・法律第225号/改正令和元年5月17日・法律第2号)の適用申請をしたホワイト・ベアーファミリー(大阪府大阪市北区中津1-11-1)の負債総額278億円が最大だった様です。

ただ、株式会社ダイヤメット(新潟県新潟市東区小金町3-1-1)の場合、2018年(平成30年)に製品の検査データの改竄が発覚して顧客の仕様を満たさない不適合品を出荷していた事実が発覚しており、2017年(平成29年)3月期以降は赤字が継続していました。


  • 1944年(昭和19年):三菱鉱業新潟金属工業所
  • 2005年(平成17年):三菱マテリアルの子会社化
  • 2009年(平成21年):ダイヤメットに商号変更

2020年12月21日 (月)

青森県東方沖で地震発生。

2時23分頃に、青森県東方沖(北緯40.7°、東経142.7°)の深さ約10㎞で、マグニチュード(M)6.3、最大震度5弱の地震が発生した様です。

真夜中だった為に、全く気が付きませんでした。
(勿論、当地は全く揺れなかったのですが。)

朝、起床してテレビでのニュースで知りました。。

なお、今回の地震は、2011年(平成23年)3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震の余震とのことです。
来年の3月11日(木)で、丸10年になる東北地方太平洋沖地震、やはり、放出したエネルギーはすざましかったのですねぇ。

  • 震度5弱:岩手県盛岡市
  • 震度4:
    • 青森県八戸市、十和田市、三沢市、青森県上北郡野辺地町、青森県上北郡七戸町、青森県上北郡六戸町、青森県上北郡東北町、青森県上北郡おいらせ町、青森県三戸郡三戸町、青森県三戸郡五戸町、青森県三戸郡南部町、青森県三戸郡階上町
    • 岩手県二戸市、八幡平市、滝沢市、岩手県岩手郡岩手町、岩手県紫波郡矢巾町、岩手県九戸郡軽米町
    • 北海道函館市

なお、今回の青森県東方沖の地震では津波の発生は無かった様です。

それにしても、最近比較的最大震度の大きな地震が続きます。
2020年12月12日(土) 岩手県沖で地震発生。

2020年12月18日 (金)

岩塚製菓、Good job!!

12月17日(木)からの大雪に拠る関越自動車道での大立ち往生中に、積み荷の岩塚製菓(新潟県長岡市浦9750番地)の米菓を無料で配布した行為が話題となり、心温まりました。

岩塚製菓(新潟県長岡市浦9750番地)に拠ると、米菓の運送業務を委託した魚沼運輸(新潟県長岡市)のトラック3台が関東地方に向かって走行中に大立ち往生に巻き込まれ動けなくなり、運送を巡って両社で連絡を取り合っていたところ、運転手が食料を持っていないことを知ったとのことです。
そこで、岩塚製菓(新潟県長岡市浦9750番地)の浅川慎一生産管理部長は、直ちに『それなら積んでいるうちの商品をどんどん食べてほしい。』と即断、これを聞いた魚沼運輸(新潟県長岡市)の運転手は、大立ち往生している周囲のドライバー達に配り始めたとのことです。
(やっぱり、田舎の企業はこういう事を平気でするなぁ。恩着せがましくないところが新潟県人らしい。)

因みに、SNSにアップされた『黒豆割りせん』と『えび黒こしょう』は、お茶請けやビールのおつまみに最高です。

大雪に拠る関越道の立ち往生、続く。

12月16日(水)からの大雪に拠る関越自動車道での断続的な自動車の立ち往生は、未だに解決に至っていない様です。

しかも、関越自動車道の通行止め区間は、上下線共に更に広範囲になっている模様です。

    関越自動車道
  • 上り:小出IC(新潟県)⇒月夜野IC(群馬県)
  • 下り:月夜野IC(群馬県)⇒小出IC(新潟県)
それと、新潟県内においては、除雪作業時の事故や、スキー場内での事故も発生している様です。

2020年12月17日 (木)

いきなり記録的な大雪!

いきなりの大雪になった様です。

私の生活圏では、今朝は出勤時に路面全体が薄っすらと白く(降雪)なっている程度ですが、群馬県から新潟県に掛けての関越自動車道では大雪に拠り1,000台以上の自動車が数時間以上に亘って立ち往生している様です。
(日中には、既に私の生活圏の道路面は乾いていました。)

現在も、その立ち往生は解消しておらず、新潟県は陸上自衛隊に対して災害派遣を要請した模様です。

陸上自衛隊新発田駐屯地の精鋭達は、この困難を解決・復旧して暮れるものと思います。

いつも制服組は、国民の為に素晴らしい活躍をして頂いているので感謝の念に絶えません。
(いつも思うのですが、弁の立つ優秀な方々はこうした緊迫した事態では何の役にも立たない!!今般の日米共同訓練を批判していた方々はこうした事態をどの様に思っておられるのか?)

因みに、現在の関越自動車道の通行止めの状況は、次のとおりです。

    関越自動車道
  • 上り:水上IC(群馬県)⇒月夜野IC(群馬県)
  • 下り:水上IC(群馬県)⇒小出IC(新潟県)
 どちらかと言うと群馬県の方が想定外の大雪なのでしょうか。

2020年12月16日 (水)

電気設備定期調査実施。

電気設備定期調査 今日は、4年に1度の電気事業法に基づく自宅の電気設備の定期調査をして貰いました。

一応、無停電に拠る漏れ電流測定では、異常無し(1mA以下)でした。

寒い、最高気温5℃未満。

今日は、寒かったです。

昨日から、大雪が心配されていましたが、今朝は取敢えずは当地は降雪も薄っすらと白く(降雪)なる程度でしたが、日中の最高気温は5℃に達せず寒かったです。

ただ、山間部では今までの記録に無い程の降雪量となった地域もあり、高速道路などでは動けなくなった車輌等もあり大変な様です。
(今朝は5時台の起床です。当分の間、こんな生活になります。)

2020年12月15日 (火)

とうとう、雪です。

先週末位から日中の最高気温10℃未満と大分寒くなっていたのですが、昨夜からが降った様です。

まだ、積雪になる様な状況ではありませんが、少し白く(降雪)なっているところがあります。

まぁ、暖冬と予測された昨年も、11月末にはが降っていた様なので、止むを得ませんが、やっぱりのある生活は大変です。

なお、自家用車冬支度は、既に準備万端です。

2020年12月14日 (月)

Go To キャンペーン、全国一斉に一時停止。

菅義偉内閣総理大臣は、7月22日(水)から始まった『Go To Travel』について、12月28日(月)から2021年1月11日(月)の間を全国一斉に利用を一時停止すると表明しました。

これは、新型コロナウィルスの感染拡大が11月頃から顕著となり、医療機関が負担を感じていることからの措置です。

●Go To Travel
 ・所管:国土交通省(観光庁)
 ・規模:1兆6,794億円(Go To Campaign)
 ・オフィシャルサイト:https://goto.jata-net.or.jp/

2020年12月12日 (土)

岩手県沖で地震発生。

16時19分頃に、岩手県沖(北緯40.1°、東経142.2°)の深さ約50㎞で、マグニチュード(M)5.5、最大震度5弱の地震が発生した様です。

テレビで緊急地震速報が入り、少し緊張しました。

なお、当地ではこの地震に拠る揺れなどは無かった様です。

  • 震度5弱:青森県三戸郡階上町
  • 震度4:青森県八戸市、青森県三戸郡三戸町、青森県三戸郡五戸町、青森県三戸郡南部町

やはり、三陸地方での大きな地震発生は、2011年(平成23年)3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震を思い出し、少し緊張します。
なお、今回の岩手県沖の地震では津波の発生は無かった様です。

新型コロナウィルス、感染拡大。

新型コロナウィルスの国内での感染が確認された人が、初めて3,000人/日を超えて過去最多となりました。

また、各地で感染過去最多を記録しています。

2020年11月18日(水) 新型コロナウィルス、感染拡大。

2020年12月 5日 (土)

はやぶさ2、搭載カプセル分離成功!

2014年(平成26年)12月3日に、H2Aロケット26号機に拠って打ち上げられた小惑星『リュウグウ』探査機のはやぶさ26年ぶりに地球に帰還し、搭載カプセルの分離に成功した様です。

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)に拠ると、2020年12月5日(土)14時35分にテレメーターシステムなどに依って搭載カプセルの分離を確認したとのことです。

因みに、この搭載カプセルの中には、小惑星『リュウグウ』に事前の爆発に拠って作った人工クレーター深部の試料が入っている予定です。

2020年12月 1日 (火)

新型コロナウィルス感染者、漸増。今日も新潟県で4人。

新潟市新潟県は、新潟市西区の80歳代女性無職と40歳代女性介護施設職員、新潟県三条市在住の30歳代女性介護施設職員及び新潟県上越市在住の30歳代男性医療機関職員の計4人新型コロナウィルスに感染したと発表しました。

新潟市に拠ると、新潟市西区の80歳代女性無職と40歳代女性介護施設職員は、介護老人保健施設ケアポートすなやま(新潟県新潟市西区坂井砂山2丁目8番2号)の入所者と職員とのことで、既に感染が判明している入所者の濃厚接触者とのことです。
介護老人保健施設ケアポートすなやま(新潟県新潟市西区坂井砂山2丁目8番2号)では、依然とクラスター(集団感染)が続いている様で、PCR検査(Polymerase Chain Reaction)の結果、この施設での新型コロナウィルスの感染者数は63人となった様です。

次に、新潟県に拠ると、新潟県上越市在住の30歳代男性医療機関職員は、上越総合病院(新潟県上越市大道福田616)の看護師であると発表しました。

また、新潟県は、新潟県三条市在住の30歳代女性介護施設職員については、感染経路が不明としています。

新潟市内と新潟県内の新型コロナウィルス罹患者状況
(市内)年代性別居住市区職業(県内)
8例目30歳代女性新潟県三条市福祉施設職員336例目
17例目30歳代男性新潟県上越市医療機関職員337例目
196例目80歳代女性新潟市西区無職338例目
197例目40歳代女性新潟市西区介護施設職員339例目


新潟県においても、医療機関、福祉施設及び介護施設での新型コロナウィルスの感染者の増加が続いている様です。※新潟県及び新潟市においては、新型コロナウィルスの感染者増大に拠り、濃厚接触者の把握及び調査が錯綜している様で、正しい時系列での発表及び当日の報道発表が出来なくなっている様で、後日の報道発表や後日訂正が増えています。

今年も、後僅か。

年初からの新型コロナウィルスの感染拡大は、収まるどころか、むしろ年末に向けて更なる感染拡大の様相を呈しています。

そこで、新型コロナウィルスの感染症に係る情報等を少しまとめておきたいと思います。


①感染の判定
検査種類対象検査結果検査精度など
PCR検査ウィルスの遺伝子を検査ウィルスが体内に存在しているか否か。ウィルスの検出感度が高い。
抗原検査ウィルス(抗原)を検査ウィルスが体内に存在しているか否か。PCR検査より精度は劣る。
抗体検査ウィルスの抗体を検査過去にウィルスに感染したか否か。精度にバラツキがある。

②濃厚接触の定義
新型コロナウィルスの濃厚接触とは
従来変更後
距離6フィート(約1.8m)6フィート(約1.8m)
接触時間連続15分合計15分
 ※アメリカ疾病対策予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)の見解。

③飛沫と飛沫核及びエアロゾルについて
  • 飛沫 :Φ5μm以上
       空気中に長時間浮遊しない。
  • 飛沫核:Φ5μm未満
       空気中に長時間浮遊する。
  • エアロゾル…空気中に漂う微細な粒子(固体又は液体)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31