« 今年も、あと2か月。 | トップページ | 秋の褒章 »

2020年11月 2日 (月)

大阪都構想、実現ならず。

大阪市を廃止して大阪都に変更するか否かの住民投票と開票が行われ、またもや大阪都構想は僅差の反対で否決されました。

今回の住民投票も、法律的に拘束力のある投票でしたので、これで大阪都は実現しないこととなりました。

    2015年(平成27年)5月17日(日)
  • 賛成:694,844票
  • 反対:705,585票
    2020年(令和2年)11月1日(日)
  • 賛成:675,829票
  • 反対:692,996票

まぁ、住民投票が近づくに連れ、反対の声が大きくなり、大阪市財政局の確信犯的ミスリードもあって再度の否決となりました。
・『大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算』
(嘘は良くない。後から訂正しても一般庶民に訂正は伝わらない!!)


大阪と言えば、近代的な商品先物取引の始まった場所(大坂・堂島米会所(1730年)、世界初)とされており、先進的な商取引を行う面白い所と言ったイメージがありましたが、最近は保守的になっちゃったんですねぇ~。
(だから衰退しちゃった?)

残念です。

« 今年も、あと2か月。 | トップページ | 秋の褒章 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も、あと2か月。 | トップページ | 秋の褒章 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31