« パワハラ防止法、施行。 | トップページ | 天安門事件から、31年。 »

2020年6月 3日 (水)

雲仙普賢岳の火砕流から29年。

雲仙普賢岳(長崎県島原市、他)の1991年(平成3年)6月3日に発生した火砕流から、29年になります。

当時、火砕流と言う言葉は知ってはいたものの、この様な大きな被害を齎す自然災害とは思ってはいませんでした。
(火砕流が、数百℃以上とは知らなかった。要するに無知だった。)

それは、誰もがその様に思っていた様で、取材映像などを見ても、誰もすぐには避難せず、逆に火砕流の方に向かう報道陣すら居ました。

それと、自然の力をこの時にもっと感じていたならば、東日本大震災(2011年(平成23年)3月11日)大津波にももう少し上手い対応が出来たのではないでしょうか。

やはり、自然への畏敬の念をもっと強く抱かないといけない様です。
(畏敬の念が強かったならば、今の様な境遇には無い!!それに、もう少し思慮が深ければもっとマシな境遇だったと思う!!)

« パワハラ防止法、施行。 | トップページ | 天安門事件から、31年。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワハラ防止法、施行。 | トップページ | 天安門事件から、31年。 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31