無料ブログはココログ

Dictionary

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月29日 (水)

感染症指定医療機関

現在流行している新型コロナウィルスに拠る肺炎が、感染症法の『指定感染症』になることとなりました。

これに拠り、改正された感染症法の施行日以降は、患者は必要に応じて全国の『感染症指定医療機関』に入院させられることとなります。

因みに、『感染症指定医療機関』の病室は原則として個室であり陰圧構造の病室で排水も独立して処理され、トイレやシャワーが備えられ一定期間入院生活が出来る様になっているとのことです。

また、入院時の費用の自己負担分は公費で賄われ経済的な理由に拠る入院拒否を防ぐ仕組みになっている様です。


新潟県内の指定医療機関
新潟市民病院新潟市新潟県新潟市中央区鐘木463-7
025-281-5151
新潟県立新発田病院新潟県新潟県新発田市本町1-2-8
0254-22-3121
長岡赤十字病院日本赤十字社新潟県長岡市千秋2-297-1
0258-28-3600
魚沼基幹病院新潟県地域医療推進機構新潟県南魚沼市浦佐4132
025-777-3200
新潟県立中央病院新潟県新潟県上越市新南町205
025-522-7711
JA県厚生連佐渡総合病院新潟県厚生農業協同組合連合会新潟県佐渡市千種161
0259-63-3121

2020年1月17日 (金)

阪神淡路大震災から、25年。

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分頃に、兵庫県南部地域で発生した阪神・淡路大震災』から25年になります。こちら≫

時間の経つのは早いもので、もう25年になる様です。
(私の職業も生活も、残念ながら当時とは全く違います。)

因みに、兵庫県南部地震は、1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒に、明石海峡(北緯34.35°、東経135.21°)の深さ約16㎞を震源としたマグニチュード(M)7.3、最大震度7を記録した大地震です。

発生時間が、早朝であり新幹線の始発営業運転前だったことから、新幹線の脱線転覆事故はありませんでしたが、高速道路の高架が倒れたり、高層ビル等が倒壊しました。

また、大規模な火災が発生したものの、消防車などの救援・救助活動が出来ず、大火災がテレビ映像に映し出されていました。

そう言えば、この年は色んなことが有りましたね。

  • 1月1日:世界貿易機関(WTO)発足
  • 1月17日:阪神・淡路大震災
  • 3月20日:地下鉄サリン事件発生
  • 7月1日:PHSサービス開始
  • 11月23日:Windows95発売

それと、今年は暖冬で本当に助かっています。全く雪がありません。
(とても有難いのですが、スタッドレスタイヤが減ります。)

2020年1月15日 (水)

国道18号線のスキーバス事故から4年。

2016年(平成28年)1月15日(金)の、国道18号線におけるスキーバス事故から4年になりました。こちら≫

事故現場は、長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉の国道18号線(碓氷バイパス)の下り車線で、午前2時頃に発生した模様です。

この事故の衝撃的なことは、監視カメラにその運行状況の一部があり、それが何度も繰り返し放映されたことです。
(まるで、バス運転手のみに過失があったかの様に。。。少し無責任な報道にも感じたのだが。。。)

しかも、運転手が大型バスに不慣れだったこと、それを承知の上で、運行会社が運転させていたこと。

確かに交通事故を起こした責任は、運転手にもありますが、運行管理体制があまりにも杜撰。
(最近は、高速バスの利用機会が無いけど、また高速バスを利用したいと思っています。)

今朝も、早朝からテレビで慰霊の模様を報道していました。
(事故の犠牲者が大学生だった為、余計に悲惨さが感じられます。)

今更ながらですが、お悔み申し上げます。

2020年1月 8日 (水)

パソコン到着。

日頃使用しているWindows 7パソコンの更新機が漸く到着しました。
(首を長くして待っていた。)

Windows 7の製品サポート終了(2020年1月14日(火))を目前にして何とか間に合いました。
良かったぁ。

ただ、これからの数日間はデータ移行などで睡眠時間が大幅に減るなぁ。

■Microsoft Windows 10

 ・2015年07月29日:一般リリース
 ・内部バージョン:10.0
 ・メインストリームサポート:2024年1月9日
 ・延長サポート:2029年1月9日

2020年1月 6日 (月)

また、大幅に値下がりしてのスタート。

今年の大発会は、また、大幅に値を下げてのスタートとなった様です。

6日の東京株式市場日経平均株価(225種)の終値が、451.76円安い2万3,204.86円となり、大発会としては2019年(平成31年)に続いて2年連続の大幅な下げ幅となりました。

昨年は、順調に株価が上昇して調子は良かったものの、年の後半、特に年末辺りから国際情勢が予断を許さない状況となり、株価の下落が始まっていました。
(冷静にデータを見ると、ここ何年かは結構な値下がりで年が始まっている。)

2020年1月 5日 (日)

一区切りか、ヤレヤレ。

今日は、一区切りが付きました。
(本当にお疲れ様でした。感謝申し上げます。)

中々、寄り合う事も少ないけれども、たまに寄り合うと本当に驚くことがあります。

今日は、とても懐かしい事と驚く事がありました。
(私は、長い間何を遣って来たんだろうか。大分、無駄な時間を費やしてしまった。しかし、もう戻る事は出来ない。)

一つ言える事は、私は周囲の期待には応える事は出来なかったと言う事。
(残念だし、申し訳ない。)

2020年1月 3日 (金)

雪、降りませんね(今のところ)。

今年のお正月は、まったくが無く、本当に過ごし易くて助かります。

昨日、今日と冷たい雨は降るものの、は全く降りません。
(地面や屋根などが白くなりません。)

(貧乏人の)私にとっては、通勤し易くて本当に有り難い。
(すなわち、今日もお仕事と言う事です。)

最低気温も、氷点下にはならないですね。氷も張りません。

2020年1月 2日 (木)

初詣、その1。

三が日内の初詣に出掛けて来ました。

今年は、お天気も良くなく色んな事情もあることから近くの神社参拝のみとしました。

例年だったら、複数の神社を廻っているところですが。
(その代わり、御賽銭と御守りには奮発しました。チョッとだけ。)

2020年1月 1日 (水)

新潟県の子年生まれ。

新潟県は、新年にちなんで子年生まれ1月1日現在の県内の人口推計を発表しました。

新潟県の県内人口推計に拠ると、子年生まれは18万4,300人で、県内総人口221万7,500人に占める割合は8.3%とのことです。

これは、県内総人口を十二支で見た時に、一番多い亥年生まれの19万3,900人、次いで寅年生まれの18万8,400人、丑年生まれの18万8,100人の順となり、子年生まれは8番目となっています。

次に、子年生まれの出生年別に見ると、昭和23年(1948年)生まれが3万9,500人と最も多く、次いで昭和47年(1972年)生まれの3万1,300人、昭和35年(1960年)生まれの2万8,400人となり、一番若い平成20年(2008年)生れは1万8,400人となっており、昭和23年(1948年)生まれの約47%程度まで減少しています。
(日本国内の比率よりも少子高齢化が進んでいることが分かります。)

因みに、子年生まれの男女別では、男性が8万9,600人女性が9万4,700人で、女性が男性よりも5,100人ほど多い様です。

子年生まれ。

総務省は、新年にちなんで子年生まれ1月1日現在の人口推計を発表しました。

総務省の人口推計に拠ると、子年生まれ1,062万人で、総人口1億2,604万人(男性6,134万人、女性6,469万人)に占める割合は8.4%とのことです。

これは、総人口を十二支別に見た時に、一番多い亥年生まれの1,135万人、次いで丑年生まれの1,077万人、子年生まれの1,062万人となり3番目に多い状況となっています。
(4番目は未年生まれの1,055万人の8.4%。)

次に、子年生まれの出生年別に見ると、昭和23年(1948年)生まれが209万人と最も多く、次いで昭和47年(1972年)生まれの200万人、昭和35年(1960年)生まれの151万人となり、一番若い平成20年(2008年)生れは108万人となっており、昭和23年(1948年)生まれの約52%程度まで減少しています。

因みに、子年生まれの男女別では、男性が516万人女性が546万人で、女性が男性よりも30万人ほど多い様です。

  1. 第1次ベビーブーム:昭和22年(1947年)から昭和24年(1949年)⇒団塊の世代
  2. 第2次ベビーブーム:昭和46年(1971年)から昭和49年(1974年)⇒団塊ジュニア

新年明けましておめでとう!

新年 あけまして おめでとうございます。

本年も どうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年は、子年です。

さぁ、頑張りましょうか。
(要するに、今日もお仕事だと言う事です。)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30