« 子年生まれ。 | トップページ | 初詣、その1。 »

2020年1月 1日 (水)

新潟県の子年生まれ。

新潟県は、新年にちなんで子年生まれ1月1日現在の県内の人口推計を発表しました。

新潟県の県内人口推計に拠ると、子年生まれは18万4,300人で、県内総人口221万7,500人に占める割合は8.3%とのことです。

これは、県内総人口を十二支で見た時に、一番多い亥年生まれの19万3,900人、次いで寅年生まれの18万8,400人、丑年生まれの18万8,100人の順となり、子年生まれは8番目となっています。

次に、子年生まれの出生年別に見ると、昭和23年(1948年)生まれが3万9,500人と最も多く、次いで昭和47年(1972年)生まれの3万1,300人、昭和35年(1960年)生まれの2万8,400人となり、一番若い平成20年(2008年)生れは1万8,400人となっており、昭和23年(1948年)生まれの約47%程度まで減少しています。
(日本国内の比率よりも少子高齢化が進んでいることが分かります。)

因みに、子年生まれの男女別では、男性が8万9,600人女性が9万4,700人で、女性が男性よりも5,100人ほど多い様です。

« 子年生まれ。 | トップページ | 初詣、その1。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子年生まれ。 | トップページ | 初詣、その1。 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29