« JAL123便墜落事故から34年。 | トップページ | お盆、でもお仕事です。part2 »

2019年8月14日 (水)

令和初の40℃超えは、新潟県上越市。

令和時代の初の40℃超えは、新潟県上越市の様です。

今日は、台風10号(クローサ)の影響に拠り新潟県内は軒並み猛暑日(35℃以上)となりました。

いわゆる、フェーン現象に拠るもので、午後0時54分頃に新潟県上越市高田で令和40℃超えとなる40.3℃を記録しました。
(どうも、この気温は令和最高気温であり、日本一暑かった様です。)

なお、新潟県上越市高田の40.3℃は、1922年(大正11年)の観測開始以降では最も高い気温とのことです。

また、新潟県内の40℃超えは、2018年(平成30年)8月23日(木)に初めて40℃超えとなっていました。

いや~ぁ、それにしても暑い

●台風10号(クローサ)(18時45分現在)
 ・中心気圧:965hPa
 ・最大風速:30m/s(55kt)
 ・最大瞬間風速:40m/s(80kt)

●フェーン現象
 山の斜面を登る気流は、100mで0.5℃温度が下がり、山を越えた下降気流は100mで1.0℃温度が上昇する。

« JAL123便墜落事故から34年。 | トップページ | お盆、でもお仕事です。part2 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JAL123便墜落事故から34年。 | トップページ | お盆、でもお仕事です。part2 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30