« 病院事業、大幅赤字! | トップページ | 県会議員は、1,359万円。 »

2019年7月10日 (水)

日本人人口43万人減。

総務省は、住民基本台帳に基づく人口動態調査を発表しました。

今年1月1日現在の我が国の人口は1億2,744万3,563人、うち日本人住民は1億2,477万6,364人、外国人住民は266万7,199人となっているとのことです。

日本人住民は、前年の1億2,520万9,603人から43万3,239人減少しており、ピーク時(平成21年(2009年))から10年連続で減少となり、現行調査開始(住民基本台帳制度の創設後の昭和43年(1968年))以降最大の減少数となった様です。

昨年1年間の出生数が過去最少だったことが大きく影響したものと思われるが、名古屋圏(岐阜県、愛知県、三重県)と関西圏(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県)の人口落ち込みが大きかったことも影響している様です。

今回の調査で人口が増加したのは東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と沖縄県のみと言う状況でした。

因みに、人口に係る統計は、複数ありますので一喜一憂すべきではありませんが、どの統計を見ても人口減少はともかく、少子高齢社会への対応が必要な様です。
(この点では、全く社会貢献が出来ていません。)

« 病院事業、大幅赤字! | トップページ | 県会議員は、1,359万円。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病院事業、大幅赤字! | トップページ | 県会議員は、1,359万円。 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31