« 県会議員は、1,359万円。 | トップページ | 新潟県中越沖地震から12年。 »

2019年7月11日 (木)

新潟県人口減少、全国3番目。

新潟県の人口が、平成30年(2018年)の1年間で約2万3,000人余り減少した模様です。

総務省のまとめに拠ると、新潟県内に住む日本人の人口は224万2,517人で、1年間で2万3,213人減少しました。

これは、北海道(総数:526万8,352人)の3万9,461人、次いで兵庫県(総数:546万2,316人)の2万3,336人に次ぐ全国で3番目の減少数とのことで、改めて若者の人口流出と少子化が深刻な状況と言った状況です。
(いずれの両県は、総人口が500万人台。)

また、県内で最も人口が多いのは県都新潟市の78万7,261人、次いで長岡市の26万8,681人、上越市の19万1,772人、三条市の9万7,629人となっている様ですが、新潟県内30市町村で人口が増加したところは無いとのことです。

なお、県都新潟市は全国市町村では、16番目の規模とのことですが、人口減少数では全国市町村の6番目とのことです。

ただ、新潟県内で暮らす外国人は増加している様で、1万6,792人(前年比:1,231人増)と率にして7.91%増と、全国平均の6.79%増よりも高い割合となっています。

« 県会議員は、1,359万円。 | トップページ | 新潟県中越沖地震から12年。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 県会議員は、1,359万円。 | トップページ | 新潟県中越沖地震から12年。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31