« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

今のところ、無事です。

勢力が強く被害が懸念される台風24号typhoon(チャーミー(trami))ですが、当地は今のところ無事です。

10時25分頃ですが、風typhoonrainなども無く、日差しsunもあります。

2018年9月29日 (土)

今度は台風24号。

大型で非常に強い台風24号typhoon(チャーミー(trami))が、6時現在沖縄県那覇市の南南西約160㎞にあり、時速15㎞で北上しているとのことです。

予想ではtyphoon、日本列島を直撃・縦断するとのことで、当地方にもまた大きな影響typhoonが出そうです

今年は、大きな災害raintyphoonが多いですが、参りますね。

2018年9月28日 (金)

インドネシアで大地震、そして津波が。

19時2分頃(日本時間)に、インドネシア共和国(Republik Indonesia)のスラウェシ島で、マグニチュード(M)7.4の地震が発生し、複数の場所で津波wavewaveが発生した模様です。

この津波wavewaveは、高さが3mに達したとの証言もありますが、今のところ日本への影響は無い様です。

東南アジアでの大地震は、本当に気持ちが悪いです。
(この地域で大地震があると、その後に日本でも大地震が発生している様な気がします。)

2018年9月27日 (木)

御嶽山噴火から、4年。

平成26年(2014年)9月27日(土)の、長野県と岐阜県に跨る御嶽山fuji(標高3,067m)の大噴火から4年が経ちました。

当日は、ニュースtvなどで、噴煙がモクモクと上がる様子を見て驚いたものです。
(1979年(昭和54年)10月28日には、大規模な噴火があり、広範囲に降灰現象が見られました。)

そう言えば、大きな火山災害のこうした映像tvを見るのは、平成3年(1991年)6月3日の雲仙普賢岳fuji(標高1,359m)の火砕流発生以来でしょうか。

当時は、火砕流の恐さを知らずに、やはりモクモクと上がる噴煙と火山を下る火砕流を何気なく見ていたものです。

しかし、いずれの場合も大惨事に。

知らないと言うことは、大変恐ろしいことです。
(当初は、そのモクモクと上がる噴煙は単に凄いなぁ位しか感じていなかった。)

それと、今年は、自然災害typhoonが多いですねぇ。

2018年9月26日 (水)

今度は、新潟三越が撤退。

新潟三越(新潟市中央区西堀通5番町)が、2020年3月22日に閉店することになった様です。

当然ですが、突然の話で、しかも大型店舗の撤退ですので、当地にとってはハレーションが大きいです。

所謂、古町地区と呼ばれる嘗ての繁華街での閉店の連鎖です。

新潟市内では、残念ながら大型店舗の撤退が続いています

やはり、古町地区はもう物販地域には相応しくないのでしょうか。

・新潟三越(1980年(昭和55年))←小林百貨店(1937年(昭和12年))←小林呉服店(1907年(明治40年))

2018年9月24日 (月)

医師、飲酒運転で逮捕。

新潟県警は、酒気帯び運転の容疑で鈴木健司医師(57歳、新潟県長岡市表町)現行犯逮捕したと発表しました。

新潟県警に拠ると、本日5時頃に新潟駅bullettrain前の一方通行の道路を逆走する鈴木健司医師(57歳、新潟県長岡市表町)の自家用車carを発見し、飲酒bar検査をしたところ呼気から基準値を超える0.5mgのアルコールbarが検出されたとのことです。

なお、鈴木健司医師(57歳、新潟県長岡市表町)は、この容疑を認めているとのことです。

2018年9月21日 (金)

転用承諾には、要注意!!

どうも、不適切な光コラボレーションモデルtelephonepcと言うものがある様です。

しかも、今回は、@niftypcも関与している?残念です。

総務省からも注意喚起がなされている様ですね。

先ずは、転用承諾telephonepcを求められたら要注意の様です。

    【メリット】
  • 月々の料金telephonepcが、数百円安くなる。
    【デメリット】
  • 契約年数に、数年間の縛りが有り、途中解約すると違約金dollarが掛かる。
  • 元に戻そうとすると新しい電話番号telephoneとなり、初期工事が必要。
  • その初期工事は有償dollarとなる。
  ※そして、デメリットを後から説明する。

今日、その胡散臭い電話mobilephoneが掛って来ました。
(@niftyは、富士通の影響が薄れてから真摯では無くなった感じが強いです。)

2018年9月16日 (日)

リーマン・ブラザーズ破綻から10年。

アメリカ(USA)の証券会社4位(当時)のリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)dollarが、アメリカ連邦破産法第11条の適用申請をして破綻し、その日本法人のリーマン・ブラザーズ証券dollar民事再生法の適用申請(負債総額は約3兆4,000億円(当時))をして倒産してから10年が経ちました。

当時は、日経平均株価が大きく値を下げ、当時はその年の5番目の下げ幅となり、当時の最安値11,609.72円(前日比-605.04円)を記録していました。

この年は、私にとっては非常に大変な年となってしまっていました。

今の窮状は、当時の影響を受けている事には間違いはありません。

本当に残念な人生の始まりでした。

もう、良かった時代には戻れないことは分かってはいても、今もとても残念な気持ちになってしまいます。
悔しいです。
(これが、私の人生の転落の第二章の始まりとは気付いてはいませんでした。)

安室奈美恵、引退。

歌手の安室奈美恵さん(40歳)が、本日を以って引退された様です。

安室奈美恵さん(40歳)と言えば、ミニスカ厚底ブーツ出来婚でしょうか。

衝撃的だったのは、やはりあの若さで人気絶頂期での結婚妊娠。しかも、相手はだいぶ歳上。
(でも、晩婚化、少子化には余り寄与しなかったような。。。)

デビューされた頃は、日本のバブルが崩壊した頃ですが、今より遥かにまだ良かった時代ですね。

それと、安室奈美恵さん(40歳)はまだ40歳ですから、これからの人生の方がとても長いと思います。
(老婆心ながら、他人の人生だけれども心配しちゃいます。)

2018年9月13日 (木)

またまた奇怪な事件が。。。

とても奇怪な事件が発生しました。

当県は、治安も良く警察なんぞは不要ではないか思う位安全だった土地柄なのですが、新潟県北蒲原郡聖籠町次第浜で、別の事件で新潟県警新発田警察署が捜索しようとした木村健さん(49歳、職業不詳)の住宅で、木村健さん(49歳、職業不詳)が部屋に居た別の男性に包丁を突き立てて立て篭もる事件が発生しました。

数分後に木村健さん(49歳、職業不詳)と別の男性が外に出て来たものの、木村健さん(49歳、職業不詳)が、乗用車carに男性を押し込みながらその男性の首に包丁を突き立てて刺そうとした為に、新潟県警警新発田警察署の男性警部補が包丁を突き立てていた木村健さん(49歳、職業不詳)に対して拳銃を発射したとのことです。

銃弾は、木村健さん(49歳、職業不詳)の左足に命中したとのことです。

ただ、ここで不思議なのが、木村健さん(49歳、職業不詳)に包丁を突き立てられた被害者とみられる男性が行方を眩ましたとのことです。

加害者が捕まり、被害者が行方を眩ます?
訳が分かりません、本当に奇怪な事件。

2018年9月11日 (火)

2000年東海豪雨

2000年(H12年)9月11日(月)には東海豪雨rainrainに見舞われましたが、当時東海地方に住み働いていた為、もろに被害に逢いました。

11日の夕方6時頃まで勤務して帰宅しようとしましたが、帰宅電車trainが不通になり、タクシーcarを拾って(タクシー代が、1万円以上!)帰宅するも道路が冠水していて一度流されそうになったことを記憶しています(中には駅trainsubwayで夜明かしをした人も居た)

やっとの思いで帰宅したのは23時を少し回った頃だったと思います。

そして、夜中も、結構雨rainが降り、降雨量に不安を覚えました。

翌12日は公共交通機関trainsubwaybusが殆ど不通の状態で、一度バス停busまで出掛けるも自宅に戻って自家用車carで勤務地に出掛けました。

所々、冠水していてとても渋滞していました。

それでも、何とか大きな遅刻をすることなくやっとの思いで勤め先に着いたら、殆どの職員が通勤不能で勤務出来ない状態。

色んな問合せ電話telephoneが入り大変だったことを思い出しました。

奇しくも9月11日

そして、翌年がこれsign03
↓↓↓↓↓

アメリカ同時多発テロから、17年。

2001年(H13年)9月11日(火)に、アメリカの世界貿易センタービルbuildingに民間旅客機airplaneが突入した事件から17年となりました。

当時、テレビtvで北棟buildingから黒煙がモウモウと上がっている映像を映し出している最中に、画面tv右から別の旅客機airplaneがス~っと入って来て南棟buildingに激突するシーンをライブで報道していました。

世の中は、この17年間で大きく変わりました。大きな影響を与えたものには、アメリカのリーマン・ブラザーズ(Lehman Brothers)が破綻し、世界恐慌寸前まで経済が崩壊しました
また、2011年(H23年)3月11日(金)には東北地方太平洋沖地震が発生し、再び日本経済をどん底まで突き落としてしまいました

知らないうちに、勝ち組とは言えなくともソコソコだった生活が、いつしか負け組みになってしまいました。
大きな事件を遡ってblogpcを読むと、当時のリアルな状況が思い出されます。
(blogのハイパーリンクの様に、人生を巻き戻すことが出来るのであれば、今思っている反省を十分に活かすことが出来るのですが。)

すっかり秋だねぇ。

だいぶ気温さがりました。

なんでも、北海道では、冬日になったとか。
稚内では、最低気温-0.9℃になったとのこと。

今年は、つい先日まで猛暑sunが続いていたのに、今度は冬日

今年の冬は、相当に厳しいのかなぁ。

2018年9月10日 (月)

最近、話題のパワハラ。

最近、またスポーツ界のパワハラが話題になっていますが、パワハラは実は身近にもあります。

商取引においてのパワハラは、『優越的地位の乱用』を行う事です。

中には、怒鳴ったり脅かしたりと悪質なものが有る様ですが、これは独占禁止法に違反する行為です。

勿論、悪質な脅しは、恐喝になるのですが。

独占禁止法(昭和22年4月14日・法律第54号/改正平成28年12月16日・法律第108号)

 第2条の9 この法律において「不公正な取引方法」とは、次の各号のいずれかに該当する行為をいう。

刑法(明治40年4月24日・法律第45号/改正平成29年6月23日・法律第72号)
 (恐喝)
第249条 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
   2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

2018年9月 6日 (木)

北海道大地震、当初の6強から震度7。

未明の3時8分頃に、北海道胆振地方中東部を震源とした大地震が、当初の最大震度6強が最大震度7に変更された様です。

最大震度6強でも、甚大な被害が予想されますが、震度7とは。。。

刻々と送られる影像tvを見ても、想像を絶する様な山の崩落等が散見されました。

震度7、やはりと言った感じです。

それにしても、自然災害raintyphoonが続きます。

そうなると、やっぱり『コンクリートから人へ。』は誤りで、災害の多い我が国は、『人もそうだけど、やっぱりコンクリート。』もが必要だったのではないでしょうか。

そもそも『コンクリートから人へ。』の端緒となった小泉純一郎内閣から、当時の民主党内閣に掛けては、我が国の大きな汚点の一つでは無かったのではないでしょうか。

しっかりとした検証が必要だと強く思います。
(耳触りの良い言葉でしたが、実際は真逆。我が国にとっては所謂マイナス(-)!!最近、正直などの耳触りの良い言葉を聞きますが大丈夫でしょうか。)

2018年9月 4日 (火)

台風21号、来襲。

台風21号typhoon(チェービー(Jebi))が、日本列島に上陸し当地にも近接しました。

4日(火)の夕方から風typhoonが非常に強くなり、現在、台風21号typhoon(チェービー(Jebi))は佐渡沖付近を北北東に進んでいるとのこと。

時々、凪の様な状態にもなりますが、非常に強い風typhoonが吹いています。
ただ、今は雨rainは少ないですが、この後激しい雨rain(約40㎜)が降るとのことです。。

今回の台風21号typhoon(チェービー(Jebi))では、近畿地方では非常に甚大に被害が出た模様です。

海上空港である関西空港airplaneでは、積荷を下したタンカーshipが関西空港airplaneの連絡橋に衝突し、連絡橋内の道路busと鉄道trainが通行不可能になった様です。

今年の近畿地方は、大きな災害が多いですね。

この地方には思い入れがあるので、心配だなぁ。

2018年9月 3日 (月)

警察官が犯罪者Part79

新潟県警は、新潟県警の警察署地域課女性巡査(23歳)を道路交通法違反(速度違反)で新潟区検に書類送検し、地方公務員法戒告懲戒処分にしたと発表しました。

新潟県警に拠ると、この女性巡査(23歳)は、本年7月4日(水)の午前7時45分頃に新潟県内の高速道路を公用車carを運転中に、法定速度の100㎞/hを75㎞/h超過の時速175㎞/hで走行し、新潟県警が設置した自動速度取締装置(新潟県柏崎市曾地、新潟県小千谷市片貝町)に検出されたとのことです。

因みに、地方公務員法における戒告とは一番軽い懲戒処分です。

やはり、新潟県警は身内に甘いと叱責せざるを得ませんし、失態が続くとても情けない組織と言わざるを得ません。
2018年4月20日(金) 警察官が犯罪者Part78≫
(最近、公的セクターでは、民間企業では罰則付きの障害者雇用についても、雇用率の未達成が判明したばかりだが。)

地方公務員法(昭和25年12月13日・法律第261号/改正平成26年6月13日・法律第69号)
 (懲戒)
第29条 職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31