« 新潟県、224万人台。 | トップページ | 終活シリーズ、心に残る名曲2。 »

2018年8月 1日 (水)

終活シリーズ、心に残る名曲。

齢も重ねて、終活を始める年齢になりました。

そこで、暫くは心に残った名曲を記すことにしました。

まず、一番心に残っていて影響を受けたのは、沢田研二の『勝手にしやがれ』です。

この頃は、親に頼んでスリーピースを買って貰いました。そして、社会人になった頃はスリーピースばかり着ていたことを覚えています。

当時は、もの凄く恰好良いと思っていたからです。

作詞:阿久悠
作曲:大野克夫
編曲:船山基紀

壁ぎわに寝がえりうって
背中できいている
やっぱりお前は出て行くんだな

悪いことばかりじゃないと
想い出かき集め
鞄につめこむ気配がしてる

行ったきりならしあわせになるがいい
戻る気になりゃいつでもおいでよ

せめて少しはカッコつけさせてくれ
寝たふりしてる間に出て行ってくれ

アア アアア アアア アア
アア アアア アアア アア

バーボンのボトルを抱いて
夜ふけの窓に立つ
お前がふらふら行くのが見える

さよならというのもなぜか
しらけた感じだし
あばよとサラリと送ってみるか

別にふざけて困らせたわけじゃない
愛というのに照れてただけだよ

夜というのに派手なレコードかけて
朝までふざけようワンマンショーで
アア アアア アアア アア
アア アアア アアア アア

夜というのに派手なレコードかけて
朝までふざけようワンマンショーで
アア アアア アアア アア
アア アアア アアア アア

本当に恰好良かったなぁ、しかも当時の楽曲はメロディーがしっかりしていて音域も広い。

難しくて、とても歌えませんが。

« 新潟県、224万人台。 | トップページ | 終活シリーズ、心に残る名曲2。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終活シリーズ、心に残る名曲。:

« 新潟県、224万人台。 | トップページ | 終活シリーズ、心に残る名曲2。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31