« 今度は、大阪で、震度6弱。 | トップページ | 看護師の拉致・監禁の被疑者は本県出身者? »

2018年6月18日 (月)

TOYOTA初優勝。

フランス(France)のサルト(Sarthe)県ル・マン(Le Mans)のサルト・サーキット(Circuit de la Sarthe)(13.6㎞)で開催されたFIA 世界耐久選手権(FIA World Endurance Championship)・第86回ル・マン24時間レースにおいて、TOYOTA TS050 HYBRIDが1-2フィニッシュで優勝しました。

ル・マン24時間レースにおけるTOYOTAの優勝は初です。

今回優勝したのは、TOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ(Sebastien Olivier Buemi)/フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso Diaz))で、2位には同じくTOYOTA GAZOO RacingのTS050 HYBRID 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ(Mike Conway)/ホセ・マリア・ロペス(Jose Maria Pechito Lopez))が入りました。

TS050 HYBRID 8号車は、ポールポジションからスタートして全388周を周回して優勝のチェッカーフラッグを受けたとのことです。

なお、日本の自動車メーカーのル・マン24時間レースの優勝は、マツダの787Bの1991年の優勝に次いで2社目となります。

とにかく、TOYOTAおめでとうございます。

« 今度は、大阪で、震度6弱。 | トップページ | 看護師の拉致・監禁の被疑者は本県出身者? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOYOTA初優勝。:

« 今度は、大阪で、震度6弱。 | トップページ | 看護師の拉致・監禁の被疑者は本県出身者? »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31