« しょこたん、見て来ました。 | トップページ | 今日は、少し寒かった。 »

2017年9月27日 (水)

御嶽山噴火から、3年。

平成26年(2014年)9月27日(土)の、長野県と岐阜県に跨る御嶽山(標高3,067m)の大噴火から3年が経ちました。

当日は、ニュースなどで、噴煙がモクモクと上がる様子を見て驚いたものです。
(1979年(昭和54年)10月28日には、大規模な噴火があり、広範囲に降灰現象が見られました。)

そう言えば、大きな火山災害のこうした映像を見るのは、平成3年(1991年)6月3日の雲仙普賢岳(標高1,359m)の火砕流発生以来でしょうか。

当時は、火砕流の恐さを知らずに、やはりモクモクと上がる噴煙と火山を下る火砕流を何気なく見ていたものです。

しかし、いずれの場合も大惨事に。

知らないと言うことは、大変恐ろしいことです。
(当初は、そのモクモクと上がる噴煙は単に凄いなぁ位しか感じていなかった。)

それと、消防団など公共の福祉に貢献されている方々の被災はとても心が痛みます。

« しょこたん、見て来ました。 | トップページ | 今日は、少し寒かった。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火から、3年。:

« しょこたん、見て来ました。 | トップページ | 今日は、少し寒かった。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31