« パンダ誕生。 | トップページ | 新潟地震から53年。 »

2017年6月15日 (木)

景気拡大、戦後3番目。

景気動向指数研究会(座長・吉川洋(立正大学教授))は、現在の景気拡大が戦後3番目の長さに達したと発表しました。

景気動向指数研究会に拠ると、現在の景気拡大は、第2次安倍晋三内閣が発足した2012年(平成24年)12月から今年4月までの53か月に達し、『バブル景気』(1986年(昭和61年)12月~1991年(平成3年)2月)の51か月を抜いたとのことです。

なお、2014年(平成26年)4月の消費税増税時の個人消費の落ち込みについては、経済活動へは波及しなかったとの判断の様です。

しかし、GDP(国内総生産)の伸びを比較すると、『いざなぎ景気』(1965年(昭和40年)11月~1970年(昭和45年)7月)は11.51%、『バブル景気』(1986年(昭和61年)12月~1991年(平成3年)2月)は5.58%の成長だったが、今回は1.26%の成長にとどまった模様です。

また、厚生労働省の毎月勤労統計を基にした実質賃金を比較すると『いざなぎ景気』(1965年(昭和40年)11月~1970年(昭和45年)7月)では1年当たり8.2%の上昇、『バブル景気』(1986年(昭和61年)12月~1991年(平成3年)2月)では1.5%の上昇であったものが、今回は逆に0.6%下落したとのことで、一部では『実感の無い景気回復』と揶揄されています。
(現在の私の俸給は、最高額の40%程度。情けない状況です。)

    【景気拡大】
  1. いざなみ景気(2002年(平成14年)2月~2009年(平成21年)3月):86か月
  2. いざなぎ景気(1965年(昭和40年)11月~1970年(昭和45年)7月):57か月

« パンダ誕生。 | トップページ | 新潟地震から53年。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/65415503

この記事へのトラックバック一覧です: 景気拡大、戦後3番目。:

« パンダ誕生。 | トップページ | 新潟地震から53年。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30