« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

台風10号、統計開始以来初。

今回の台風10号typhoonは、気象庁が1951年(昭和26年)に統計を取り始めて以来の東北地方太平洋岸に直接上陸した台風typhoonです。

こうした進路を取る台風typhoonは、非常に珍しいとのことです。

そして、昨日以来の大雨rainrainにより岩手県下閉伊郡岩泉町では大きな被害が出ました。
(影像tvを見ると川が氾濫して建物に泥水が流れ込んでいるのが、ハッキリと分かります。小本川が氾濫して、高齢者施設内に流れ込んだ模様です。)

コンクリートから人へ』とは何だったのでしょうか

今、冷静に考えれば、必要なコンクリートも沢山有った様です。
(とても悔やまれます。)

2016年8月29日 (月)

ホッと一息。

ヤレヤレです。

でも、ホッと一息です。

2016年8月28日 (日)

コシヒカリ。

今度は、コシヒカリを貰いました。

この前は、ひとめぼれを貰っています。

個人的な食味としては、コシヒカリよりも、ひとめぼれあきたこまちの方が美味しいと思います。

2016年8月25日 (木)

HONDA NSX、復活。

HONDA技研工業は、NSXcar約10年ぶりに日本国内で販売すると発表しました。

今度のNSXcarは、現在流行りのハイブリッドシステムを搭載したものとなり、販売価格は前モデルよりも約3倍くらい高額になるとのこと。

そして、生産も日本国内ではなく、アメリカのオハイオ州の専用工場での生産とのことです。

前の(初代)NSXcarですら買えなかったのですから、今度のモデルは到底買えるはずがありません。

    初代NSX(I型E-NA1型)
  • 1990年(H2年)9月14日発売
  • 全長4,430㎜/全幅1,810㎜/全高1,170㎜
  • エンジン(V型6気筒 DOHC VTEC)
  • 90.0㎜×78.0㎜(2,977㏄)
  • 280PS/7,300rpm,30.0kgf・m/5,400rpm
    NSX(NC1型)
  • 2016年(H28年)発売
  • 全長4,490㎜/全幅1,940㎜/全高1,215㎜
  • エンジン(V型6気筒 DOHC Turbo )

2016年8月11日 (木)

山の日。

今日は、山の日

祝日です。

今年から始まった新しい祝日、山の日
(でも、今日も普通に働いていますが。。。)

漸く、8月に国民の祝日が出来ました。

しかも、8月11日と微妙な日割り。

直後にお盆が控えているから、何故この日って感じもします。

あと、6月に祝日が出来ると、毎月必ず祝日がある状態になります。

さてさて、それはいつの頃になるのやら。。。

国民の祝日に関する法律

 第一条  自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを『国民の祝日』と名づける。

 第二条  『国民の祝日』を次のように定める。

  山の日 八月十一日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。

2016年8月 9日 (火)

人類初のプルトニウム型原爆投下から71年。

1945年(昭和20年)8月6日の広島市に投下された人類初のウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』の投下に続いて、1945年(昭和20年)8月9日に長崎市に、戦争における人類初のプルトニウム型原子力爆弾ファットマン』が投下されてから71年を迎えました。

戦時下とは言え、普通に考えれば、戦争実績のある爆弾を再度投下することは、戦果を考えれば、止むを得ず納得は出来ますが、敢えて異なる爆弾を投下したと言うことは、これは実験にほかなりません。
(広島に原子力爆弾を投下したアメリカのB-29(エノラ・ゲイ(Enola Gay))は有名ですが、長崎に原子力爆弾を投下したのはアメリカのB-29(ボックスカー(Bockscar))です。)

戦時下とは言え、悲惨な実験を行うとは。。。

我が国の、第二次世界大戦中の行為を批判する意見がありますが、戦敗国とは言え、そこまでされても良かった状況だったのでしょうか。
(特に、民主主義を達成していない国々に、色々と言われるのは、中々承服しがたいですなぁ。)

2016年8月 6日 (土)

人類初の原爆投下から71年。

1945年(昭和20年)8月6日の、戦争における人類初のウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』の投下から71年を迎えました。

このウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』は、71年前の8時15分頃に広島市の相生橋付近上空約600mで核分裂爆発し、多大な被害を齎しました。

2005年(平成17年)から2006年(平成18年)の約1年7か月ほど、広島県に住み働いていた時に、何度が、現場付近を散策しました。
(未だに、その痕跡があり、とても切なかったです。)

2016年8月 1日 (月)

The Internet

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31