« 薄皮シリーズ | トップページ | 山陽自動車道で、また大事故。 »

2016年5月 4日 (水)

こどもの人口、35年連続減。

総務省は、こどもの日に因んで、15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)を発表しました。

総務省に拠ると、子どもの推計人口は、昨年よりも15万人少ない1,605万人で1982年(昭和57年)から35年連続して減少しているとのことで、比較が可能な1950年(昭和25年)以降の統計では、過去最少を記録したとのことです。

15歳未満の子どもの内訳は、男子が822万人、女子が782万人と、男子が約40万人多い状況とのことです。

総人口に占める子どもの割合は、12.6%(前年比0.1ポイント減)で、こちらは42年連続の低下とのことです。こどもの人口、34年連続減。≫

因みに、我が国の65歳以上の人口の割合は27.0%であることから、その半分を下回ることになります。

※主要国(人口4,000万人以上)の子どもの割合
  1. アメリカ:19.2%
  2. イギリス:17.7%
  3. 中国:16.5%
  4. 韓国:14.3%
  5. ドイツ:13.1%

« 薄皮シリーズ | トップページ | 山陽自動車道で、また大事故。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/63580324

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの人口、35年連続減。:

« 薄皮シリーズ | トップページ | 山陽自動車道で、また大事故。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31