« ブラックバイト、一考察。 | トップページ | ゲーム差無しの首位と言ってもなぁ。 »

2015年7月14日 (火)

また、警察官の不祥事。

京都府警は、京都府警山科警察署の副署長(53歳)が、京都府南丹市内の国道162号線で、制限速度50㎞/hを超える時速92㎞でオートバイを運転し、道路交通法の違反容疑で摘発を受けていたことを発表しました。

京都府警に拠ると、この副署長(53歳)は、7月12日(日)の夕方に、京都府南丹市内の国道162号線を、私用のオートバイで制限速度を42㎞/h超える時速92㎞で走行し、京都府警南丹警察署員に交通違反切符(赤切符)を切られたとのことです。

なお、この副署長(53歳)は勤務時間外だったとのことです。

京都府警では、京都府警山科警察署員が、今年の3月に、通勤時間中に制限速度を51㎞/h超の時速91㎞で走行し、やはり、交通違反切符(赤切符)を切られ、懲戒処分を受けていました。

依然と、京都府警職員に拠る悪質な交通違反が続いている様です。

« ブラックバイト、一考察。 | トップページ | ゲーム差無しの首位と言ってもなぁ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61892274

この記事へのトラックバック一覧です: また、警察官の不祥事。:

« ブラックバイト、一考察。 | トップページ | ゲーム差無しの首位と言ってもなぁ。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31