« 取り敢えずは、今は何もない。 | トップページ | MERS感染自宅隔離対象邦人、既に帰国。 »

2015年6月14日 (日)

漁協職員、横領。

新潟県佐渡市の佐渡漁業協同組合高千支所の40歳代女性職員が、新潟県信用漁業協同組合連合会(新潟県新潟市中央区)の組合員二人の貯金口座dollarから、貯金を不正に払い戻すなどして約1,400万円を着服していたことが分かりました。

佐渡漁業協同組合に拠ると、この40歳代女性職員は、2011年(平成23年)9月から今年5月までの間に組合員の貯金口座dollarから着服し、自身の住宅ローンの返済に充てていたとのことです。

なお、佐渡漁業協同組合は、この40歳代女性職員を懲戒解雇処分にしたものの刑事告訴はしない方針とのことです。

しかし、この佐渡漁業協同組合では、2014年(平成26年)1月にも、36歳男性職員が、国、新潟県及び佐渡市が交付した『離島漁業再生支援交付金dollar約1,000万円を着服しており依願退職した事案(本人は黙秘するも認めていた)もありました。

どうも、この組織自体の問題なのか、地域性なのかは不明ですが、類似の事案dollarが多いのも事実です。

« 取り敢えずは、今は何もない。 | トップページ | MERS感染自宅隔離対象邦人、既に帰国。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61763513

この記事へのトラックバック一覧です: 漁協職員、横領。:

« 取り敢えずは、今は何もない。 | トップページ | MERS感染自宅隔離対象邦人、既に帰国。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31