« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

もったいなかったなぁ。

この時期になると話題となる公務員のボーナスdollar

他人の財布の中身には興味は無いけれども、やはりこの話題が出ると、人生を後悔してしまいます。

今日は、国家公務員及び地方公務員の期末手当dollar支給日です。

現状から考えると、天文学的な数字です。

やっぱり、もったいなかったなぁ。
(以前ならば、それ以上にボーナスdollarを貰っていたんだもの。残念だよなぁ。)

  • 国家公務員(一般職):61万9,900円(+3万2,000円)
  • 新潟県職(一般職):76万1,246円(+3万2,262円)
  • 新潟市職(一般職):64万9,767円(+1万5,134円)
民間の巨大企業並みのボーナスdollarですよねぇ~。実際に、それだけ稼いで呉れているのならば良いのですが。。。

今年も、半分が終わったぁ。

今日で、2015年(平成27年)の半分が終わりました。

少年、老い易く学成り難し
全くその通りの状況で有ります。

それと、話しは変わりますが、今日の11時30分頃に、東海道新幹線bullettrainの東京発新大阪行・のぞみ225号bullettrainの車内において、焼身自殺に拠る火災が発生した様です。

こんな事件は初めてですが、これを機にやはり新幹線bullettrainのセキュリティはしっかりと確保すべきだと思います。

考えてみれば、新幹線bullettrain1編成分は飛行機airplane1機分よりも乗車旅客が多く、しかも高速鉄道ですから、もっと以前からセキュリティの確保は必要だった様に思います。

安全は、手間が掛かっても、それが無駄になっても、無駄になるほど良い筈です。

それと、神奈川県足柄下郡箱根町の箱根山(標高1,438m)が噴火し、噴火警戒レベルが現在の2(火口周辺規制)から3(入山 規制)に引き上げられました。

こちらも、まずは安全を第一に警戒して欲しいところです。
(私の人生はとっくの昔(10年前)に終わっていますが。。。何か?)

2015年6月29日 (月)

ギリシャ財政破綻?、株価暴落!

EU(European Union)のギリシャ共和国(Hellenic Republic)が、財政的に破綻寸前で、預貯金dollarの規制が行われるなどしていることから、今日の日経平均株価(225種)が暴落しました。

今日は、日経平均株価(225種)が、今年一番の下げ幅596.20円安20,109.95円となりました。

ギリシャ共和国(Hellenic Republic)の財政破綻とは、今年の6月30日に、EU(European Union)の二次支援プログラムの失効期限と、IMF(International Monetary Fund)の融資返済期限が迫ってはいるものの、その返済の目処が全く立っていないにも関わらず、しかも自国の財政緊縮策もまとめられない状況に陥っていることです。

ギリシャと言えば、近代オリンピックsports発祥の地(1896年第1回アテネオリンピック)。

しかし、実業的には余り成功してはいない様です。
(公務員が多く非効率的で、鉱工業wrenchなどが発展していない。)

2015年6月27日 (土)

5年連続の増収。

2014年度の国の一般会計の税収dollarが、5年連続の増収となり、約53兆9,000億円に達するとのことです。
(それでも、一般会計の歳入の約半分しか無い状況。)

これは、1997年(平成9年)の約53兆9,000億円以来17年ぶりの高水準で、主な要因は、所得税や法人税の税収dollarが伸びたことにあるとのことです。

なお、一般会計の税収dollarは、バブル経済期(1986年(昭和61年)~1991年(平成3年))の1990年(平成2年)の約60兆1,000億円がピークで、リーマン・ショックの翌年の2009年(平成21年)では約38兆7,000億円まで落ち込んでいたとのことです。

久方ぶりの雨。

今日は、久方ぶりのrainです。

まぁ、シトシトと降る弱いrainなので助かります。だって、梅雨rainrainですから、大雨rainrainでも止むを得ない状況ですから。
(今日、ラジオで知ったのですが、当地の梅雨rainrainは、前半は空梅雨sunrainで、後半に大雨rainrainになることが多いとのことです。)

2015年6月24日 (水)

久しぶりの、閏秒。

情報通信研究機構は、7月1日(水)の午前9時直前に、閏秒を追加すると発表しました。

閏秒は、標準時と地球の自転に基づく時刻のズレを調整しているものですが、前回は3年前の2012年(平成24年)7月1日(日)に、同様に9時直前に閏秒が追加されていました。

ただし、平日の閏秒の追加は18年ぶりとのことです(1997年(平成9年)7月1日)。

因みに、この閏秒は、『8時59分60秒』となり通常は存在しない時刻です。また、この様な時刻の調整は1972年(昭和47年)7月1日から始められており、今回は26回目とのことです。

それにしても、ブログって続けるものですねぇ~。まさか、前回の記事が、また使える(参照)なんて!!

2015年6月23日 (火)

現内閣支持率、低下?

ある新聞紙の全国世論調査(電話telephone)に拠ると、安倍晋三内閣の支持率は、39%と、40%台割れしたとのことです。

この新聞紙に拠ると、前回の5月の全国世論調査(電話telephone)では45%程度の支持率が、昨年の11月の調査以来の低支持率となり、第二次安倍晋三内閣発足以来最低に並んだ模様です。

まぁ、新聞紙やマスコミtvの支持率は、大した根拠も無い為如何でも良いのですが。
(この新聞紙は、長年に亘り、誤報及び記事捏造に拠って、わが国の尊厳を貶めていたので、余り信頼性は高くはないのだが。)

2015年6月22日 (月)

またもや、変な話しが。。。

地上に出たら、またしても余り嬉しくない電波が。。。
(用心の為に、着信拒否にしたはずなのに。。。)

どうも、また怪しい話しの様である。

用心しないとなぁ(クワバラ、クワバラ。)

やはり、身の丈に合った働き方をしないとなぁ。

アメリカ籍男に、警察官発砲。

新潟県上越市大潟区渋柿浜の市道で、新潟県警上越警察署の警部補が、斧を振り回したアメリカ国籍男性(自称)に対して威嚇の為に拳銃を発砲したとのことです。

新潟県警上越警察署に拠ると、6月21日(日)午後0時50分頃に、新潟県上越市内の国道8号線(京都府京都市~新潟県新潟市)で、このアメリカ国籍男性(自称)が、福島県内で盗難に遭った軽トラックを運転しているところを発見し追跡したとのことです。

しかし、このアメリカ国籍男性(自称)が逃走を図り、パトロールカー3台に拠る追跡劇となり、最後はこの3台のパトロールカーに挟み込まれて停車したものの、斧を振り回しながら更に約100mほど走って逃げたとのことです。

なお、このアメリカ国籍男性(自称)は、銃刀法違反(第22条)の容疑で現行犯逮捕されたとのことです。

こんな田舎での大捕り物、ビックリです。

2015年6月20日 (土)

コエンザイムQ10

寄る年波には勝てず、具合が悪いとかどこかが悪いとかは無いですが、健康に不安を覚える年齢。

コエンザイムQ10と言うサプリメントを購入してみました。

今回も、お試し価格なのでかなり安価。まぁ、私自身は、このお試し価格が適正価格なのではと、思っていますが。
(普段の販売価格ならば、健康よりお金が大切と思っちゃいます。)

2015年6月19日 (金)

北陸地方、梅雨入り。

新潟地方気象台は、北陸地方が梅雨入りrainrainしたと発表しました。

これは、平年よりも7日遅く、昨年と比べると14日遅いとのことです。

梅雨rainrainと言えば、蒸し暑いイメージですが、昨夜から心地よい風typhoonが吹いており、今のところ過ごし易いです。

一、華美を戒め、質実剛健たるべし。

一、華美を戒め、質実剛健たるべし。

今さらながらですが、私が一番好きな言葉の一つです。

しかし、変なグローバリズムは、これを一瞬の内に吹き飛ばしてしまった様です。

また、私が所属していた時代の堅実な職工の会社に戻って欲しいと思います。

やはり、着実なもの作りは重要です。
(愚直に職務に邁進することは、やはりとても重要です。ただ、報われないこともあるけれども。。。)

2015年6月17日 (水)

WHOも懸念。

関係者の不手際により予想外に広がりを見せているMERSコロナウィルスですが、WHO(世界保健機関)も懸念している様です。

WHO(世界保健機関)は、まだ、『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』ではないが、『懸念すべき事態』との認識を示しています。

他国の文化を批判する前に、自国内で最低限の危機管理をして欲しいと強く思います。
(周囲が大変迷惑しております。)

2015年6月15日 (月)

MERS感染自宅隔離対象邦人、既に帰国。

まずは、MERSコロナウィルス陰性であることを願うばかりですが、何とも手際の悪いこと。≫関連記事

危機管理の悪いこと(不手際)は、他への悪影響があります。差別は行けないとは思いますが、それにしても。。。
(帰国経路上での感染は無いのか、帰宅後の感染は無いのか。)

情報漏洩後、初支給日。

日本年金機構から、基礎年金番号などが漏洩した事件後、初の年金支給日となりました。

それにしても、この日本年金機構は、何かと問題を発生させること。

元の社会保険庁の悪しき体質が、未だに抜けないのでしょうか。

2015年6月14日 (日)

漁協職員、横領。

新潟県佐渡市の佐渡漁業協同組合高千支所の40歳代女性職員が、新潟県信用漁業協同組合連合会(新潟県新潟市中央区)の組合員二人の貯金口座dollarから、貯金を不正に払い戻すなどして約1,400万円を着服していたことが分かりました。

佐渡漁業協同組合に拠ると、この40歳代女性職員は、2011年(平成23年)9月から今年5月までの間に組合員の貯金口座dollarから着服し、自身の住宅ローンの返済に充てていたとのことです。

なお、佐渡漁業協同組合は、この40歳代女性職員を懲戒解雇処分にしたものの刑事告訴はしない方針とのことです。

しかし、この佐渡漁業協同組合では、2014年(平成26年)1月にも、36歳男性職員が、国、新潟県及び佐渡市が交付した『離島漁業再生支援交付金dollar約1,000万円を着服しており依願退職した事案(本人は黙秘するも認めていた)もありました。

どうも、この組織自体の問題なのか、地域性なのかは不明ですが、類似の事案dollarが多いのも事実です。

2015年6月12日 (金)

取り敢えずは、今は何もない。

1978年(昭和53年)6月12日から37年、実は宮城県沖地震(マグニチュード(M)7.4)から37年になりました。

今のところ、何も発生していない様ですが、この付近の大地震は正確に37年周期の様です。

ただ、2011年(平成23年)3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震は、それを遥かに凌ぐ大地震(マグニチュード(M)9.0)でしたので、リセットされた可能性もあります。

それと1978年(昭和53年)は、私の人生にとっても大変大きな転機でもありました。
(私の人生の最高点への始まりでした。そして、その夢は、2005年(平成17年)の終焉しました。)

2015年6月10日 (水)

忌々しき発言。

現在、第189回国会が開催中であり、様々な議論がある様ですが、ある政党の国会議員が、ある省庁の職員について『政権を奪還したら処分する』との発言をしました。

これは、大きな忌々しき発言であります。

まぁ、この政党は、もう一度は政権には辿り着かないであろうから、如何でも良いのですが。。。
(投票行動もその政党には向かいませんし、共鳴するものもありません。)

シー・シェパード、敗訴。

反捕鯨団体『シー・シェパード』(Sea Shepherd Conservation Society、アメリカ)が、日本の調査捕鯨を妨害した問題で、反捕鯨団体『シー・シェパード』(Sea Shepherd Conservation Society、アメリカ)が、日本鯨類研究所(東京都)に対して約3億2,000万円(255万ドル)を賠償金として支払うことで合意した模様です。

これは、アメリカの裁判所が、2012年(平成24年)12月に、反捕鯨団体『シー・シェパード』(Sea Shepherd Conservation Society、アメリカ)に対して南極海での日本の捕鯨船に対する攻撃的な妨害行為を差し止める仮処分命令が出され、公海上で捕鯨船団から約460m(550ヤード)以内に近づくことを禁じられたが、その後も公海上で妨害行為を継続した為、アメリカの裁判所は法廷侮辱罪に当たると判断していました。

当然、反捕鯨団体『シー・シェパード』(Sea Shepherd Conservation Society、アメリカ)は、アメリカ連邦最高裁判所に上訴しましたが、6月8日にその訴えは棄却された為、日本鯨類研究所(東京都)は、反捕鯨団体『シー・シェパード』(Sea Shepherd Conservation Society、アメリカ)に対して賠償金の支払いを求めていたと言うものです。

元々、科学的な根拠の無い捕鯨妨害活動及び環境保全活動。まだまだ、正さなければならないことはたくさんあると思います。

2015年6月 8日 (月)

今度は、MERS。

MERSコロナウィルス(Middle East respiratory syndrome coronavirus, MERS-CoV)・中東呼吸器症候群が、隣国大韓民国内で感染が広がっているとのことで、非常に心配されるところです。

2002年(平成14年)頃には、やはり隣国中華人民共和国内で、SARSコロナウィルス(Severe Acute Respiratory Syndrome, SARS-CoV)・重症急性呼吸器症候群の感染が広がっていました。

この時も、日本への感染拡大が心配されましたが、何とか感染を食い止めた様に記憶しています。

今回も、やはり完全に食い止めて欲しいものです。

それにしても厄介なものが広がるんですね。
(良い意味で、対岸の火事にして欲しいですね。)

2015年6月 5日 (金)

書類提出忘れて、国庫補助金を貰えず。

新潟県新潟市は、昨年度実施した生活保護受給者らの支援事業で、国庫補助金dollarの交付請求を怠った為に、国庫補助金dollarの交付を受けられなくなったと発表しました。

新潟県新潟市福祉総務課に拠ると、国庫補助金dollarの交付金の支払いを新潟県に請求するが、担当職員が本年3月までとされていた書類の提出を忘れていたとのことです。

新潟県新潟市は、この支援事業に掛かった約6,400万円を損失しており、担当職員の処分を検討しているとのことです。

それと、地方自治は三割自治なんて言われていますが、地方交付税交付金dollarの交付を受けない地方自治体ほど庁舎や什器が古かったりしており、逆に地方自治体に拠っては国からお金dollarが出るのが当たり前の様に思っているところもある様です。
(職員自体が稼ごうとする気概が無い。)

因みに、国庫補助金dollarとは、国が公益上、特定の事業などを奨励する為に地方公共団体等に交付されるものです。

2015年6月 4日 (木)

天安門事件から、26年。

1989年(平成元年)6月4日に、中国・北京市の天安門広場で発生した一般市民のデモ隊と、中国人民解放軍が武力衝突し、弾圧された天安門事件から26年になります。

奇しくも、現在中国では、長江で観光船shipが転覆して多くの犠牲者が出ている様です。

北海道で、震度5弱。

北海道釧路地方で、震度5弱の地震があった様です。

なお、津波の心配は無いとのことです。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31