« こどもの人口、34年連続減。 | トップページ | 子どもの数も減少。 »

2015年5月 5日 (火)

パプアニューギニアで、マグニチュード(M)7.5。

11時44分頃(日本時間10時44分)に、太平洋のニューブリテン島沖で、マグニチュード(M)7.5の比較的強い地震があったとのことです。

震源地は、ニューブリテン島沖の深さ約42㎞とのことで、一時津波の心配がありましたが、津波の影響はなかった様です。

ところで、パプアニューギニアの、ニューギニア島は少し変わっていて、東半分はパプアニューギニア独立国ですが、西半分はインドネシア共和国です。

この地震で気になるのは、確かに津波も大切ですが、日本国内の地震を誘発しないかと言うことです。
2011年(平成23年)3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震の前にも、東南アジアの太平洋で大きな地震が発生していました。

« こどもの人口、34年連続減。 | トップページ | 子どもの数も減少。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61543630

この記事へのトラックバック一覧です: パプアニューギニアで、マグニチュード(M)7.5。:

« こどもの人口、34年連続減。 | トップページ | 子どもの数も減少。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31