« 大型高速バス・大事故から3年 | トップページ | 今日から、5月。 »

2015年4月30日 (木)

人口減少、230万人割れ。

新潟県は、今年の4月1日現在の推計人口が、229万8,888人だったと発表しました。

これは、昨年の4月1日からの1年間で1万7,709人減少し、戦後初めて230万人割れとなったとのことです。

新潟県に拠ると、人口減少の要因は、自然減少が1,181人、社会減少が6,795人と、若者の県外流出が大きいとのことです。

因みに、私も4月に一度は新潟県を出て、他県で住み働いた経験があります。
(その時の方が、楽しかったし充実していました。今は、戻って来たことを後悔しています。)

なお、新潟県の人口のピークは、1997年(平成9年)の249万1,874人で、それ以降17年連続して人口が減少しているとのことです。

※推計人口
 国勢調査(5年ごと)の人口を基礎として、毎月の出生・死亡・転入・転出を加減して算出した推計値の人口数。

« 大型高速バス・大事故から3年 | トップページ | 今日から、5月。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61518423

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少、230万人割れ。:

« 大型高速バス・大事故から3年 | トップページ | 今日から、5月。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31