« 大阪駅のタクシー乗り場移転。 | トップページ | ワヤ、無茶苦茶ですわ。 »

2015年2月19日 (木)

まだまだ、捨てたもんじゃない。

2月12日(木)の千葉県内の公立高等学校の入学試験に、電車trainを乗り間違えて試験に遅刻しそうになった受験生二人が、JR東日本関係者らの助けを受けて、入学試験に滑り込みで間に合ったと言う、心温まる事案があったとのことです。

JR東日本千葉支社に拠ると、2月12日(木)の午前8時過ぎに、京葉線東京発蘇我行きtrainが南船橋駅を出発した際に、車掌がホームで時刻表を見つめる女子中学生二人を見つけ、指令室経由で『困っているような学生がいる』と同駅駅長に連絡したとのことです。

連絡を受けた同駅宍倉茂夫駅長(53歳)が、直ちに急行し正しい路線武蔵野線trainへ案内し、『落ち着いて試験を受けて来なさいと』と送り出したとのことです。

この処置に拠り、女子中学生二人は、試験前の注意事項の説明などの時間には間に合わなかったものの、通常の試験は受験出来たとのことです。

やはり、機転の利いた対応って結果が着いて来るものなんですねぇ。
(見習いたいと強く思うなぁ。)

« 大阪駅のタクシー乗り場移転。 | トップページ | ワヤ、無茶苦茶ですわ。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61188424

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ、捨てたもんじゃない。:

« 大阪駅のタクシー乗り場移転。 | トップページ | ワヤ、無茶苦茶ですわ。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31