« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

また、不祥事?

警視庁は、厚生労働省職業能力開発局の当時の女性企画官と男性課長補佐を、職業訓練事業の公正な入札を妨害したなどとして、東京地方検察庁に書類送検したと発表しました。

警視庁に拠ると、この女性企画官と男性課長補佐は、昨年の2月に、入札条件の公示前に厚生労働省所管の独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2)を訪問して、委託予定額20億円が明示された資料や事業内容が記載された仕様書案を手渡したとのことです。

因みに、この事業とは、失業者などに職業訓練を行うもので、短期集中特別訓練事業と呼ばれるものです。

この職業訓練事業には、様々な利権が多く、以前から雇用保険料の使途などが問題になることが多かった事業です。
(投資効果の割に、実効性が低い事業が多く施行された。)

2015年1月30日 (金)

警察官が犯罪者Part68

新潟県警は、新潟県警村上警察署生活安全課高橋直隆巡査長(30歳、新潟県村上市久保多町)を窃盗(刑法・第235条(窃盗))の疑いで逮捕したと発表しました。

新潟県警に拠ると、高橋直隆巡査長(30歳、新潟県村上市久保多町)は、今月5日(月)から29日(木)の間に、同僚二人の机の中から捜査費計1万円を盗んだ疑いがあるとのことです。

高橋直隆巡査長(30歳、新潟県村上市久保多町)は、この容疑を認めているとのことです。

2015年1月28日 (水)

スカイマーク、民事再生法申請。

スカイマーク株式会社airplane(東京都大田区羽田空港3-5-7)は、東京地方裁判所に、民事再生法の適用を申請して倒産しました。

負債総額は、約710億8,800万円とのことです。

スカイマーク株式会社airplane(東京都大田区羽田空港3-5-7)は、1996年(平成8年)11月22日に設立され、割安航空運賃などに拠り平均搭乗率が80%以上を記録するなどして、国内第3位の航空会社として東京証券取引所に上場していました。

工長・組長

恐らく世間一般にはなじみの薄い工長・組長と言う職制が復活するとのこと、とても懐かしいです。

この工長・組長と言う職制を復活させるのは、トヨタ自動車rvcarとのことです。
(1997年(平成9年)に一旦廃止していたとのこと。)

加えて、若手社員を中心に賃金の上昇も考えているとのこと。やはり、実績を残す企業は、人事施策が違うなぁ。
(当社なんかは、全く逆のことをやっているもんなぁ。そりゃ儲からんはなぁ。)

久しぶりに、ガソリン価格が130円台。

資源エネルギー庁は、レギュラーガソリンgasstationの1ℓ当たりの店頭価格(1月26日時点)が、全国平均で136.2円(前週比3.4円安)になったと発表しました。

この店頭価格の値下がりは、27週連続で、2011年(平成23年)1月上旬の135.9円以来、4年ぶりの安値とのことです。

当地は、いつもレギュラーガソリンgasstationの店頭価格が、この全国平均よりも安いのですが、今回は、チョッと様子が違い1円ほど高い状況になっています。

当地の企業経営者連中は、自分自身たちの能力の低さを棚に上げて、景気が悪いとの連呼ばかりで、実際に俸給dollarを下げる輩もいます。

そうした状況から、少しでも、生活費の縮減に結びつくことは、僅かでもとても有り難いです。ヤレヤレ。

2015年1月27日 (火)

またかぁ。

懲りない連中が、また何やらやらかしている様です。

本当にロクなもんじゃ無い
(能力の無い者達の、己の保身の為の所業は、本当に酷い!)

やっと、休みだぁ。

周囲にインフルエンザが流行しており、その為に、欠勤者の穴埋めをやっていましたが、明日やっと休日が取れます。

長かったなぁ。
(法定休日は、吹っ飛びました。)

2015年1月26日 (月)

警察官が犯罪者Part67

埼玉県警は、埼玉県警本庄警察署交通課浅間雄大巡査部長(27歳、埼玉県深谷市武蔵野)を、強制わいせつ致傷(刑法・第181条(強制わいせつ等致死傷))の容疑で逮捕したと発表しました。

埼玉県警捜査1課と埼玉県警寄居警察署に拠ると、浅間雄大巡査部長(27歳、埼玉県深谷市武蔵野)は、2012年(平成24年)9月11日午後9時20分頃に、埼玉県寄居町内の路上で、当時10歳代の女性を背後から押し倒し、身体を触るなどのわいせつ行為をした疑いがあるとのことです。

なお、浅間雄大巡査部長(27歳、埼玉県深谷市武蔵野)は、この容疑を認めているとのことです。

以前は、東の横綱と言えば神奈川県警だったけれども、最近は、埼玉県警かぁ。
(警察職員の質の悪さが酷過ぎる。)

2015年1月25日 (日)

警察官が犯罪者Part66

大阪府警は、大阪府警阿倍野警察署地域課水内貴士巡査長(26歳、大阪府寝屋川市)を殺人の疑いで逮捕したと発表しました。

大阪府警に拠ると、この水内貴士巡査長(26歳、大阪府寝屋川市)は、1月24日(土)に、大阪市東住吉区のマンション『ビガーポリス118東田辺』で、交際相手の女性(23歳)の首を、革のベルトで絞めて殺害した疑いがあるとのことです。

また、殺害時の凶器となった革のベルトは、大阪府警阿倍野警察署内(道場)で廃棄して証拠隠滅を図り、更には、殺害後の交際相手の女性(23歳)を浴槽に水没させていることから、犯行時間を錯誤させるなどの事件の計画性が疑われているところです。

因みに、水内貴士巡査長(26歳、大阪府寝屋川市)は、昨年8月に別の女性と結婚していたとのことです。

流石は、西の横綱・大阪府警。
(警察職員の質の悪さが酷過ぎる。)

2015年1月24日 (土)

最悪の事態。

どうも、最悪の事態になった様です

それにしても、○○問題って、とても難しいなぁ。

他力本願と言う考え方が一番無難なのかなぁ。

2015年1月23日 (金)

どっちに転んでも制裁金。

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門開門を巡っては、最高裁判所第2小法廷(千葉勝美裁判長)は、開門するまで国に制裁金を支払うよう命じた佐賀地方裁判所の判断を支持した福岡高等裁判所の決定について、国の抗告を棄却しました。

一方で、開門した場合に制裁金支払いを命じた長崎地方裁判所の判断を支持した福岡高等裁判所の決定に対する国の抗告も、同日付で棄却しました。

これに拠り、国は、潮受け堤防排水門開門しなければ漁業者側に一日に49万円を支払わなければならず、潮受け堤防排水門開門した場合は営農者側に一日49万円を支払わなければならない様です。

やはり、拙速な政策は、後に大きな代償が伴う様です。

2015年1月21日 (水)

またもや、情けない話しで。part3

新潟市は、新潟市立明鏡高等学校(新潟市中央区沼垂東6丁目11番1号)の体育科岩井涼二教諭(43歳)を、新潟県高等学校体育連盟の活動費を横領したとして、懲戒免職にしたと発表しました。

新潟市に拠ると、この岩井涼二教諭(43歳)は、新潟県内の定時制高等学校などの部活動費を管理する口座から約250万円を横領して、借金などに充てていたとのことです。

なお、岩井涼二教諭(43歳)は、横領した金を弁済しており、新潟市教育委員会は、刑事告訴しないこととしました。

インフルエンザ、じわり。

新潟県健康福祉部は、新潟県内のインフルエンザ定点当たりの報告数が、29.55となり、注意を呼び掛けています。
(なお、当地の、この定点当たりの報告数は、30.08で、実数は964件とのこと。)

私の周囲でも、インフルエンザに罹患した人がいます。

私は、インフルエンザなんて、もう何十年も罹患していませんが、十分に気を付けないと行けないなぁと強く思いました。

それにしても、インフルエンザ注意報警報なんてのも有るんですね。

因みに、インフルエンザ注意報は、定点当たりの報告数10以上の場合、インフルエンザ警報は、定点当たりの報告数30以上とのことです。

混沌として来た。

昨晩から、不穏当なニュースtvが報道されています。
(不穏当な事柄なので、詳しくは書きません。)

世の中、チョッと混沌として来たのでしょうか。
(もっともっと、強かに生きないとなぁ。)

2015年1月20日 (火)

新たなる規制。

最近、バックカントリーでの事故が続いている様です。

バックカントリーとは、スキー場skisnowboardとして整備されていない場所でスキーskisnowboardなどをするエリアを言う様ですが、当然、整備されていない為、事故が多い様です。

しかし、新雪snow・パウダースノーなどが楽しめる為、自分自身の力量を考えずに、このバックカントリーに侵入してしまう輩が多い様です。

救助隊(警察・消防・地元消防団など)などにも大変迷惑を掛ける行為は、大変残念ですね。
こうした行為が、当局の規制を招くことになります。

次に、免許制度の無い自転車の事故が、全国的に増加していることから、取り締まりの強化が図られる様です。

検討されている案としては、自転車に拠る危険行為への取り締まりが強化され、3年以内に危険な行為を繰り返す者に対しては、罰則が新設される様です。

いずれも、自主規制しないと当局の介入が強まると言うことです。

2015年1月19日 (月)

14日早い、流氷接岸。

当地では、流氷は接岸しませんが、網走地方気象台は、本日午後4時頃に、北海道網走市内の網走港から能取岬にかけて、流氷の接岸を観測したと発表しました。

今回の流氷の接岸は、平年よりも14日早いとのことで、昨年より21日も早いとのことです。

今シーズンは、冬の進み方が早いのでしょうか。
(これだけ雪snowに降られると、春が恋しいです。)

2015年1月18日 (日)

やっぱり、ダメだよネ。

第20回全国都道府県対抗男子駅伝sportsが、広島市平和記念公園前をスタート・ゴールの7区間48㎞で行われました。
(海中の鳥居で有名な宮島が折り返し地点です。)

広島県と言えば、私は2005年(平成17年)から2006年(平成18年)の間、住み働いていた地です。
(人間て、本当に勝手ですから、今は本当に懐かしい。)

その時、2006年(平成18年)1月22日(日)に実施された第11回全国都道府県対抗男子駅伝sportsを見ましたが、当日は吹雪だったと思いますが、長野県が優勝した様(以下、兵庫県、愛知県の順)に記憶しています。

そして、今日実施された第20回全国都道府県対抗男子駅伝sportsですが、埼玉県が歴代3位の成績で初優勝しました。

ただ、長らく住み働いていた愛知県代表のタスキリレーにミスがあり、失格となってしまった様です。

今年は、第91回箱根駅伝sportsの5区で驚異的な走りを見せた3代目『山の神』を擁した愛知県は、優勝候補と目されていたので、少し残念です。

寒い、また雪です。

昨日の夕方から、気温が下がり昨日のうちに雪snowになっていましたが、やはり、今朝も雪snowです。

今回の雪snowは、気温も低くチョッと大変です。
(昨夜から、路面はツルツルです。)

2015年1月17日 (土)

阪神淡路大震災から、20年。

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分頃に、兵庫県南部地域で発生した阪神・淡路大震災』から20年になります。

時間の経つのは早いもので、もう20年になる様です。

因みに、兵庫県南部地震は、1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒に、明石海峡(北緯34.35°、東経135.21°)の深さ約16㎞を震源としたマグニチュード(M)7.3、最大震度7を記録した大地震です。

発生時間が、早朝であり新幹線bullettrainの始発営業運転前だったことから、新幹線bullettrainの脱線転覆事故はありませんでしたが、高速道路の高架が倒れたり、高層ビル等が倒壊しました。

また、大規模な火災が発生したものの、消防車などの救援・救助活動が出来ず、大火災がテレビ映像tvに映し出されていました。

そう言えば、この年は色んなことが有りましたね。

  • 1月1日:世界貿易機関(WTO)発足
  • 1月17日:阪神・淡路大震災
  • 3月20日:地下鉄subwayサリン事件発生
  • 7月1日:PHSサービスmobilephone開始
  • 11月23日:Windows95pc発売

2015年1月16日 (金)

またもや、情けない話しで。part2

新潟県警少年課と新潟県警新潟中央警察署は、15日(木)に、新潟市役所の男性職員(38歳)を児童ポルノ禁止法違反の疑いで書類送検したと発表しました。

新潟県警少年課と新潟県警新潟中央警察署に拠ると、この新潟市役所の男性職員(38歳)は、昨年9月中旬に、小学校低学年と見られる女児の裸の写真cameraなどが掲載された写真集1冊をインターネットpcオークションに出品し、落札した人物に販売した疑いがあるとのことです。
なお、この新潟市役所の男性職員(38歳)は、この容疑を認めており『ネットpcオークションで買い、不要になったので売った』と話しているとのことです。

また、新潟市人事課は、『職員が書類送検されたことは誠に遺憾。詳細を確認した上で厳正に処分する』としています。

いやはや、全く、またしても情けない話しで。。。

2015年1月15日 (木)

民度が低いなぁ。

当地域は、本当に、民度が低いなぁ。

夕方から、冷たい雨rainが降り出しましたが、心配したとおり、コンビニ24hoursで買い物をしている間に、雨傘が盗まれました。
(朝、当地には珍しく天気sunが良かったので、雨傘を持参するか迷ったのですが。)

ほんの10分程度の時間で、雨傘が盗まれた。近くには、私立○○高等学校schoolがあり、このコンビニ24hoursにも私立○○高等学校schoolの生徒がワンサカ(他にお客さんは居なかった。)
(田舎の私学なんて、単に公立の底辺schoolの受け皿だもんなぁ(所謂、箸にも棒にもかからない輩)。でも、頭に来る。)

本当に、頭に来ますよね、こちらは、夕方の天候を読み込んで雨傘を持参していたのに。
(お陰で、この寒い時期に、雨に打たれながらの帰宅。)

次に、休耕田や休止した施設に、産業廃棄物などを投棄したとして、地元の業者の役員などが逮捕(2件(新潟市と柏崎市))された様です。

如何も、当地の企業においては、コンプライアンス以前の遵法精神がまったくない状態。

本当に、当地は、民度が低いなぁ。

2015年1月13日 (火)

涙無くして聴けない、飛んでイスタンブール。

年齢を重ねるごとに、聴きたくなる歌。

飛んでイスタンブール(作詞:ちあき哲也/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀)
いつか忘れていった こんなジタンの空箱
ひねり捨てるだけで あきらめきれるひと
そうよみんなと同じ
ただのものめずらしさで
あの日しゃれたグラス
目の前にすべらせて くれただけ
おいでイスタンブール
うらまないのがルール
だから愛したことも ひと踊り風の藻屑
飛んでイスタンブール
光る砂漠でロール
夜だけのパラダイス

胸にかすかにしみた 低い電話のさよなら
かすり傷のひとつ 残せもしないひと
そしてしょうこりもなくすぐにいたみもぼやけて
今日は今日の顔で 描きあきためぐり逢い描いてる
おいでイスタンブール
人の気持はシュール だからであったことも 蜃気楼真昼の夢
好きよイスタンブール
どうせフェアリー・テール
夜だけのパラダイス
飛んでイスタンブール
光る砂漠でロール 夜だけのパラダイス


この飛んでイスタンブールのイントロは、何とも哀愁を漂わせて切なく、涙無くしては聴けません
(当時は、EP盤やLP盤で何度も擦り切れるほど聴きました。)

それに、歌手の庄野真代さんの歌唱力は、絶品ですし(本当に、選挙には出馬して欲しくは無かった。)船山基紀さんの哀愁に満ちた編曲は天才的です。

因みに、トルコ(トルコ共和国)は、とても親日国で、1985年(昭和60年)3月17日のイラン・イラク戦争の最中に、イランに在住する日本国民の救出の為に(イラクに拠って撃墜の危険性が有った)、唯一トルコ航空の2機(McDonnell Douglas DC-10)の航空機が日本人216人を乗せて、成田空港に向けて飛び立ちました(当時の、日本のナショナルフラッグシップキャリアは政治的な理由に拠り飛べませんでした。)

それにしても、そんな危険を冒してまで日本人を救出してくれたトルコ(トルコ共和国)は、1890年(明治23年)9月16日に発生したトルコの軍艦エルトゥールル号の座礁・沈没事故に対して、当時の和歌山県大島村(現・串本市)の救難に、今でも感謝の念を持っているからとのことです。
(今後は、わが国が、何としても、このトルコ(トルコ共和国)の恩義に報いなければなりません。)

地理的に近い諸国には、いつまでも(史実に基づかない言い草)わが国を逆恨みばかりしている国がありますが、そうした国々とは疎遠になっても、トルコの様に、本当に真に心から感謝の念を持っている国と親密になることが、とても重要だと強く思います。
(その様な感謝の念を抱かない国は素っ飛ばして、ドンドン親日国に外交を広めましょう。)

2015年1月12日 (月)

成人の日。

今日は、成人の日、各地で成人式が催された様です。

ところで、この成人式の参加対象となる成人の定義が幾つかある様ですが、最近では、学齢方式が多い様です。

そうなりますと、今年の学齢方式成人式における成人は、1994年(平成6年)4月2日から1995年(平成7年)4月1日の間に生まれた方となります。

今年は、約123万人(21年ぶりの増加)が成人式を迎えたことになります。
(総務省統計局の2015年1月1日現在の新成人人口は、約126万人(男:約65万人、女:約61万人)。)

因みに、1994年(平成6年)4月2日から1995年(平成7年)4月1日の間には、大きな出来事がたくさんありました。

※1994年(平成6年)4月2日から1995年(平成7年)4月1日までの主な出来事。
 ・1994年5月1日:アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva)がF1サンマリノGPで事故死
 ・1994年6月22日:ニューヨーク外国為替市場で1ドル=99.85円を記録
 ・1994年6月27日:松本サリン事件発生
 ・1994年7月16日:東北・上越新幹線でE1系(総2階建MAX(Multi Amenity Express))運行開始
 ・1994年9月4日:関西国際空港が開港
 ・1995年1月17日:阪神淡路大震災発生
 ・1995年3月20日:地下鉄サリン事件発生
 ・1995年3月30日:国松孝次警察庁長官銃撃事件発生

2015年1月11日 (日)

ゆとりがない!

日本銀行が発表した2014年(平成26年)12月の『生活意識に関するアンケート調査』に拠ると、今の暮らし向きを1年前と比較して『ゆとりがなくなってきた』と回答した人は51.1%となったとのことです。

その理由は、71.1%が『物価が上がったから』が一番多く、次いで『給与や事業などの収入が減ったから』の50.4%が続いたとのことです。

実際に、俸給が上がっていないのに、消費税増税に伴う物価上昇が最近特に顕著ですからねぇ~。
(4月に値上がりしたのに、最近の円安に拠る原材料費上昇から更に値上がりしている(値上がりしていないものは内容量が減少)。参ったぁ~。)
(ボーナスdollar減らされたからなぁ。何とかしないと、本当に生活が成り立たなくなる。)

2015年1月10日 (土)

水力発電所、屋根崩落。

新潟県南魚沼郡湯沢町にある東京電力(株)湯沢発電所のタービン建屋の屋根が、約1,200㎡に亘って崩落したとのことです。

新潟県警に拠ると、崩落したのは東京電力(株)湯沢発電所のコンクリート3階建ての建物で、崩落した屋根は、縦約25m、横約48mで、雪snowの重みで崩れたとのこと。
なお、当時の湯沢町の積雪snowは、平年(100㎝)の約2倍以上(211㎝)で、東京電力(株)では、地元の業者と除雪の調整中だったとのことです。

また、食品禍か?

昨年のMcdonaldsfastfoodに於ける、中国産腐敗肉混入事件を端緒として、食品に対する関心が高まっている中、今般Mcdonaldsfastfoodのみならず、様々な食品への異物混入が判明しています。

2008年(平成20年)食品禍を繰り返している様そうです。

因みに、2008年(平成20年)食品禍は、中国産毒ギョウザが端緒となっていた様に思います。
(いやはや、今や日本にとって中国産とは災いの元か?)

2015年1月 8日 (木)

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

今日、チョッとビックリすることがありました。

まぁ、詳細に記録すると差し障りがあるので書きませんが。。。

思うに、能力の無いものが思わぬ力を持ったことに由来していると思います。
(今の状況は、心に刻んでおく必要があるなぁ。機会を見計らっていつかは。。。)

本当に、見切りを付けないと行けないかなぁ。

2015年1月 7日 (水)

食への不安、再び。

昨年の12月28日(日)に久しぶりMcdonaldsfastfoodで、ハンバーガーfastfoodを楽しんだところですが、またMcdonaldsfastfoodで食への不安を呼び起こす様な事件が発生した様です。

今度は、Mcdonaldsfastfoodで販売した商品の中に異物が混入していたとのこと。しかも、複数件発生していたとのこと。

昨年の中国産食材の腐敗物混入事件、アメリカの港湾ship労働者のストライキに拠るマックフライポテトのポテトの不足事件。
繰り返される食への不安。

やはり、食については、国内産が良いのかなぁ。
(和食も良いけど、またハンバーガーfastfood食べたいしなぁ。)

2015年1月 6日 (火)

また、雪?

この二日間位は、比較的穏やかだった天気cloudが、夕方から一変しました。
(当地方では、晴れsunなくても雪snowが降らないだけでも有り難いです。)

もう、この冬の雪snowは、十分に堪能したのですが、また雪snow模様の様です。
(若い頃の様に、スキーskiなどのウィンタースポーツskisnowboardをしないから雪snowはもう結構。)

早く天気が回復します様に。

クロックス オンラインショップ

ノートPCなら
HP Directplus オンラインストア
 
コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

日本経済、大丈夫でしょうか。

新しい年が始まり、『今年こそは!』っと意気込んでいるところですが、日経平均株価(225種)500円以上値を下げました。

昨日も値を下げていることから、今年になって既に567円以上の値下がりです。
実は、昨年末も値を下げていたことから、連続で935円以上値が下がったことになります。

この日経平均株価(225種)安の要因の一つに、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物相場(WTI(West Texas Intermediate))が下落して、1バレル(約159ℓ)当たり50ドルを割り込んだことがある様です。

石油資源の少ないわが国にとっては、とても有り難いことですが、巡り巡って景気に水を差す状況。

何とか、プラス方向に働いて欲しいと思います。
(このまま、景気が悪くなると生活が今度こそ崩壊します。)

2015年1月 5日 (月)

仕事始め式

通常、仕事始め式は、1月4日に行われることが多いのですが、今年は暦の並びが良い為、今日が仕事始め式となりました。

それと、今日の仕事始め式は、以前に経験したものよりも更に儀式化していました。お神酒を捧げての仕事始め式は、生まれて初めてです。

まぁ、とにかく、今年は、ここ数年の人生のマイナスを取り返したいですね。
(この3年間は、人生最悪の時期だったので、何とか取り返したいよなぁ。)

気をつけないとなぁ。

この数日間に、気をつけないとなぁって思うことがありました。

まず、新潟県南魚沼郡湯沢町のかぐらスキー場skiで、無断でコース外に出て(しかも、登山届を提出したとの嘘をついてまで)スノーボードsnowboardをしていた男女三人が4日(日)早朝に、新潟県警に無事に救助されたとのことです。
丸二日間、警察や消防などが大掛かりな捜索をしていました。

次に、本日8時30分過ぎに、北陸自動車道の新潟市西蒲区打越付近の上り線で、逆送していた自動車rvcarが正面衝突したとのことです。
逆送していた自動車rvcarの運転手は20歳代の男性(新潟県新潟市西区在住)とのことで、この地点での正面衝突となると入線したインターチェンジは三条燕ICとなり、約10㎞位逆送したことになります。
また、この逆送事件に拠り、新潟中央ICから三条燕IC間が約4時間に亘って通行止めとなった様です。

いずれの事案も、自己の注意不足や自分勝手と言う要素が有ります。

私自身も、十分に気をつけないとなぁ。

2015年1月 4日 (日)

海上自衛隊、エアアジア機捜索。

海上自衛隊の護衛艦『たかなみship』(4,650t、2003年3月12日就役)と『おおなみship』(4,650t、2003年3月13日就役)が、カリマンタン島沖(インドネシア領ボルネオ、544,150k㎡)で墜落したエアアジア機airplane(Airbus-A320、8501便(乗客乗員162名))の海上捜索を開始したとのことです。

今回の海上捜索では、護衛艦ship2隻のほかにヘリコプター3機と海上自衛隊員約350名が任務に当たっているとのこと。

毎回、大変な任務を確実に完遂して来る海上自衛隊

本当に、御苦労さまです。

年末年始休暇も終わり。

暦の日の並びに拠り、最近では、いつもになく長かった年末年始休暇も今日で終わり。

久しぶりに、ノンビリ出来たと思ったら、もう終わり。

楽しい時間は、いつも時間の経つのが早いです。
(昨年と同じ生活を送ると、また失敗に終わっちゃうので、一考しないとなぁ。)

クロックス オンラインショップ

ノートPCなら
HP Directplus オンラインストア
 
コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

2015年1月 3日 (土)

連日の雪。暖冬じゃないのか?

昨年の10月頃の気象庁の予報では、今冬は暖冬との予想でしたが、とっても寒い冬になっています。

当地方の降雪量snowは例年よりも多いし、京都市では1954年(昭和29年)以来61年ぶりに積雪snowが20㎝を超える22㎝となったとのこと。

因みに、現在も、当初の暖冬予報は変えないとの見解の様ですが。

今冬の雪snowの早さに、平成18年豪雪snowsnowを思い出しました。
(今朝も、除雪作業をしましたよ。)

2015年1月 2日 (金)

日本の人口、8年連続自然減。

厚生労働省は、2014年(平成26年)の人口動態統計年間推計を発表しました。

この2014年(平成26年)の人口動態統計年間推計に拠ると、日本の人口は、前年に比べて死亡数が出生数を26万8,000人上回り、8年連続の自然減となったとのことです。

この自然減数26万8,000人は、この統計を取り始めた1899年(明治32年)以降最大とのことです。

各地も大雪。

新年から大雪snowsnowに見舞われ、当地では除雪作業が必要となりますが、今年は各地も大雪snowsnowの様です。

昨夜からは、西日本や太平洋側でも大雪snowsnowに見舞われている様で、滋賀県長浜市柳ケ瀬で68㎝、滋賀県米原市で45㎝、そして岐阜県不破郡関ケ原町でも31㎝の積雪量となっている様です。

岐阜県不破郡関ケ原町でこれだけの積雪snowがあると、東海道新幹線bullettrainに影響を与えますが、今回も遅れが出ている模様です。

まぁ、雪snow対策の施された上越新幹線bullettrainでも、停電に拠り大幅な遅延が発生していることから、それから見れば、まだマシでしょうか。上越新幹線、停電に拠り運休。≫
(雪snow対策が更に進んでいるはずの今年3月開業予定の北陸新幹線bullettrainは、どうなりますかね。)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年、平成27年。

新年、明けましておめでとうございます。

さて、総務省統計局は、新年にあたり、未年生まれの人口と今年の新成人の人口の推計を発表しました。

未年生まれの人口は、1,007万人で、総人口1億2,702万人に占める割合は7.9%とのことです。
男女別に見ると、男性は488万人女性は519万人で、女性が男性よりも31万人多いとのことです。

また、未年生まれの人口を出生年別に見ると、昭和42年(1967年)生まれが188万人と最も多く、次いで昭和18年(1943年)生まれの164万人、昭和54年(1979年)生まれの160万人となっている様です。

因みに、2014年(平成26年)の出生数は、100万1,000人(前年比2万9,000人)で、統計の残る1899年(明治32年)以降最少を更新したとのことです。
(ヒョッとして、出生数が100万人を切っているかも知れないとのこと。)

これじゃ、日本の人口が自然減になるよなぁ。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31