« TOYOTA世界一。 | トップページ | 仕事納め式 »

2014年12月25日 (木)

ブラック企業・求人票

厚生労働省は、全国のハローワークに寄せられた求人票に関する苦情約9,000件について調査したところ、約40%実際の労働条件と記載内容が異なっていると発表しました。

これに拠り、厚生労働省は、求人票のチェックの強化に乗り出したとのことです。

厚生労働省に拠ると、2013年度(平成25年度)に全国の544か所のハローワークに寄せられた求人票に関する苦情9,380件について確認したところ、3,815件(41%)の求人票で記載内容と実態が異なっていたとのことです。

具体的な内容は、次の通りです。

  • 土日は休みと書いてあったのに出勤させられた。
  • 賃金が20万円と書かれていたのに、2万円低かった
  • 正社員募集と書かれていたのに契約社員として雇われた、など

求職者からすれば、求人票は唯一の雇用契約に関する情報です。これにウソがあるのは、たまったもんではありません。

« TOYOTA世界一。 | トップページ | 仕事納め式 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/61089960

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック企業・求人票:

« TOYOTA世界一。 | トップページ | 仕事納め式 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31