« 戦後最悪の事態の様です。 | トップページ | ノーベル物理学賞、3名受賞。 »

2014年10月 5日 (日)

F1第15戦日本GP

Formula-1motorsports世界選手権第15戦日本Grand Prixが、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催されました。

優勝者は、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Carl Davidson Hamilton、イギリス)が1時間51分43秒で今期8勝目、通算30勝目を挙げました。
また、2位は、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のニコ・ロズベルク(Nico Erik Rosberg、ドイツ)が入り、3位は、レッドブル(Red Bull Racing)のセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel、ドイツ)が入りました。

なお、レース終盤(残り9周)でマルシャ(Marussia F1 Team)のジュール・ビアンキ(Jules Lucien André Bianchi、フランス)がクラッシュし、そのまま赤旗レース終了(本来は53周)となりました。

少し後味の悪いレースとなってしまった様です。

« 戦後最悪の事態の様です。 | トップページ | ノーベル物理学賞、3名受賞。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/60428786

この記事へのトラックバック一覧です: F1第15戦日本GP:

« 戦後最悪の事態の様です。 | トップページ | ノーベル物理学賞、3名受賞。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31