« 新潟明訓高校・8強入りならず | トップページ | 警察官が犯罪者Part57 »

2012年8月22日 (水)

漸くチョッピリ身を切る。

衆議院議院運営委員会は、現在、国会議員が利用している私鉄trainやバスbus無料パスの受取りの辞退を決めました。
(参議院は、21日に合意して辞退。)

これに拠り、10月から無料パスが廃止される見通しです。

なお、私鉄train無料パスは1946年(昭和21年)から、バスbusは1961年(昭和36年)から、国会の求めに拠って無償で提供されていましたが、日本民営鉄道協会は1995年(平成7年)から私鉄train無料パス廃止を打診していました。

また、国会議員には、月100万円文書通信交通滞在費(国会法第38条)が支給されており、二重盗りの状態が続いていました。

しかし、国会議員は、JRbullettrainや航空機airplaneにも料金を支払わずに搭乗出来るが、この費用は国会がJRbullettrainや航空会社airplaneに年間約13億円も支払っているとのことです。

クロックス オンラインショップ

ノートPCなら
HP Directplus オンラインストア
  コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 新潟明訓高校・8強入りならず | トップページ | 警察官が犯罪者Part57 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/55672334

この記事へのトラックバック一覧です: 漸くチョッピリ身を切る。:

« 新潟明訓高校・8強入りならず | トップページ | 警察官が犯罪者Part57 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31