« 阪神・連勝 | トップページ | 少し寒いなぁ。 »

2012年5月10日 (木)

国際収支・大幅減少

財務省は、2011年度(平成23年度)の国際収支が、7兆8,934億円(前年度比52.6%減)と発表しました。

これは、1996年度(平成8年度)以来15年ぶりの低水準であり、減少率は、統計を比較できる1985年度(昭和60年度)以降で最大とのことです。

なお、国際経常収支のうち、モノの取引を示す貿易収支は、3兆4,495億円赤字で、第2次石油ショックの影響を受けた1979年度(昭和44年度)の6,075億円を大幅に上回り過去最大の赤字とのことです(現行ベースの1985年度(昭和60年度)以降、初)
貿易収支の赤字の主な要因は、東日本大震災と世界経済の減速などの影響に拠り、電子部品や自動車の輸出が大きく落ち込んだ一方で、火力発電所などに使用する原油や液化天然ガス(LNG)の輸入が大幅に増加したことに拠るとのことです。

また、サービス収支も、1兆8,525億円赤字と、赤字幅が拡大した様です。

ただ、所得収支は、14兆2,883億円黒字で、前年度比13.3%増となっている様です。

クロックス オンラインショップ

ノートPCなら
HP Directplus オンラインストア
  コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 阪神・連勝 | トップページ | 少し寒いなぁ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/54691502

この記事へのトラックバック一覧です: 国際収支・大幅減少:

« 阪神・連勝 | トップページ | 少し寒いなぁ。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30