« 春の大嵐 | トップページ | 原発の再稼動基準・了承 »

2012年4月 3日 (火)

教頭先生も犯罪者

宮崎県警は、3日に、鹿児島県鹿屋市西原小学校肝付八生教頭(50歳、鹿児島県鹿屋市西原1丁目)を偽造通貨行使(刑法・第148条及び第148条の2)の容疑で逮捕したと発表しました。

宮崎県警に拠ると、肝付八生教頭(50歳、鹿児島県鹿屋市西原1丁目)は、3月25日(日)に宮崎県都城市内のホテルで、派遣型風俗店の20歳代女性に1万数千円の料金を支払う際に、偽1万円札2枚を手渡した疑いが有るとのことです。

肝付八生教頭(50歳、鹿児島県鹿屋市西原1丁目)は、偽造通貨行使(刑法・第148条及び第148条の2)の容疑を認めており、偽札は『自分で作った。』と供述しているとのことです。

警察官による犯罪行為には、枚挙に暇がありませんが、教育関係者にも犯罪行為が多い様です。
こうした聖職関係者の犯罪は、一般人よりも悪質な感じがします。
(民間よりも、遥かに俸給は高いのになぜッ?)

刑法(明治40年4月24日・法律第45号/改正平成23年6月24日・法律第74号)

   第十六章 通貨偽造の罪

 (通貨偽造及び行使等)
 第148条 行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造し、又は変造した者は、無期又は3年以上の懲役に処する。
  2 偽造又は変造の貨幣、紙幣又は銀行券を行使し、又は行使の目的で人に交付し、若しくは輸入した者も、前項と同様とする。

« 春の大嵐 | トップページ | 原発の再稼動基準・了承 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/54410045

この記事へのトラックバック一覧です: 教頭先生も犯罪者:

« 春の大嵐 | トップページ | 原発の再稼動基準・了承 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31