« 日曜日出勤・三日目 | トップページ | 祝日出勤 »

2012年3月19日 (月)

若年者の無職・離職が増大

政府は、大学や専修学校に通っていた二人に1人が、卒業時に就職出来なかったり、3年以内の早期に離職していることを明らかにしました。

これは、政府の『雇用戦略対話』の第7回会合で明らかになったもので、2010年(平成22年)春に大学や専修学校を卒業して就職した56万9,000人のうち、19万9,000人は3年以内の早期離職者で、卒業時に無職やアルバイトが14万人、これに途中退学した者を加えると、およそ二人に1人が円滑に就職出来なかったものとしています。

労働環境が、バブル崩壊後疲弊しており中々働く意欲を醸成出来ない状況であり、更には、いわゆるゆとり教育により、訓練不足の若年者が多いものと推測されます。

コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 日曜日出勤・三日目 | トップページ | 祝日出勤 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/54263641

この記事へのトラックバック一覧です: 若年者の無職・離職が増大:

« 日曜日出勤・三日目 | トップページ | 祝日出勤 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31