« 朝霞公務員宿舎建設・縮減見直し | トップページ | SUZUKI・FIM世界選手権モトGP一時休止 »

2011年11月17日 (木)

期待される自衛隊・認識の低い環境省

東京電力(株)福島第1原子力発電所から半径20㎞圏内の警戒区域内で、民間の除染作業に先立って、自衛隊が除染作業に乗り出す模様です。

東日本大震災に際しても、危険で重労働である救助・復旧作業を見事に完遂しており、更なる危険な任務に頭が下がる思いです。

一方で、本来ならば先頭に立って除染作業をすべき環境省の職員は、放射能に汚染された福島県内から環境省に送付された土を、担当職員が自宅に持ち帰り、近くの空き地に捨てていたと発表しました。

現場を認識せずに、ただ机に向ってばかりのものは、こうした危機には全く不要です。

« 朝霞公務員宿舎建設・縮減見直し | トップページ | SUZUKI・FIM世界選手権モトGP一時休止 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/53292762

この記事へのトラックバック一覧です: 期待される自衛隊・認識の低い環境省:

« 朝霞公務員宿舎建設・縮減見直し | トップページ | SUZUKI・FIM世界選手権モトGP一時休止 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30