« 2011年11月11日 | トップページ | つまらない話しで恐縮です。 »

2011年11月12日 (土)

オリンパス光学工業

オリンパス光学工業camera、懐かしい名前です。

しかし、今別の意味で、注目を集めることとなりました。
バブル経済期の財テク失敗を端緒としたオリンパスの損失隠しと資産の水増し計上が明らかとなり有価証券報告書虚偽記載の疑いが持たれています。

証券取引等監視委員会は、有価証券報告書の虚偽記載について課徴金などの行政処分にとどめる方向で検討に入る様で、東京証券取引所は、オリンパスの株式を監理銘柄に指定しており猶予期間の12月14日(月)までに書類を提出できなければ上場廃止となる見通しの様です。

いつ頃からでしょうか、技能・技術を軽んじて、安易な金融取引などに傾注する様になったのは。。。
未だに、日本の多くの企業はバブル経済期の痕跡を残しているのですね。
(国や地方公共団体と一緒で、責任者が責任を取っていない状況。)

« 2011年11月11日 | トップページ | つまらない話しで恐縮です。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/53223248

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス光学工業:

« 2011年11月11日 | トップページ | つまらない話しで恐縮です。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30