« 警察官が犯罪者Part56 | トップページ | Meltykiss »

2011年11月 7日 (月)

税金のムダ遣い・過去2番目

会計検査院は、2010年度(平成22年度)決算検査報告書を、野田佳彦内閣総理大臣に提出しました。
会計検査院に拠ると、指摘金額は過去2番目に大きい4,283億8,700万円で568件となったとのことです。
なお、件数自体は、前年の986件を大きく下回った様です。

また、2008年度(平成20年度)から2009年度(平成21年度)の、いわゆる自公政権時に、『緊急経済対策』として地方に配られた補助金や交付金の合計約3兆4,412億円の内、2010年度(平成22年度)末までに執行されたものは、約44.1%に留まり、約2兆140億円が積み残されていることが、会計検査院の調査でわかりました。

ただし、この会計検査院についても、他の先進国と比較すると、係る費用に対して、指摘額が少ないとの批判もあります。

この国には地方を含めて、公的セクターには、まだまだ大きなムダ遣いがある様です。
増税の論議は、こうしたムダ遣いを解消してからスタートすべきではないでしょうか。

« 警察官が犯罪者Part56 | トップページ | Meltykiss »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/53189171

この記事へのトラックバック一覧です: 税金のムダ遣い・過去2番目:

« 警察官が犯罪者Part56 | トップページ | Meltykiss »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30