« サントピアワールド・民事再生法適用 | トップページ | 既に冬? »

2011年10月 2日 (日)

方南町公務員宿舎・着工

朝霞公務員宿舎hotel(埼玉県朝霞市、建設費約105億円)と同様に、費用と時間を掛けた事業仕分けに拠って一時凍結されていた方南町公務員宿舎hotel(東京都杉並区方南町)が12月に工事再開となる様です。

大型増税が予定されている中で、公的セクターの経費削減は実施されること無く、係る経費は国民に負担を求める様です。

もともと、公務員宿舎hotelは、公務員の俸給が民間企業の給与水準よりも低い時代に必要とされたもので、公務員の俸給(国:約635万円、地方:約728万円)が民間企業の給与水準(約405万9,000円)を遥かに超えた現在においては不要のものです。加えて、公務員には、賃貸住宅等を利用している場合、家賃補助(家賃の半分が上限)も有り、敢えて格安の公務員宿舎hotelを建設する必要性は、全く有りません。

今度の内閣は、言葉は丁寧に見えるが、遣る事はかなりエゲツナイです。
やっぱり、税金は、納める側よりも使う側でないと、ダメな様です。

家電オンライン
ライフスタイル提案ショップ 家電オンライン
  コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« サントピアワールド・民事再生法適用 | トップページ | 既に冬? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/52887134

この記事へのトラックバック一覧です: 方南町公務員宿舎・着工:

« サントピアワールド・民事再生法適用 | トップページ | 既に冬? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31