« 静岡市と高崎市で真夏日 | トップページ | 熊本市が政令市へ »

2011年10月17日 (月)

公共料金は適正価格か?

今年は、エネルギーについて、色々と考えさせられる事案が多かったのですが、最近は、その公共料金が適正であるか、信頼性を低下させる事案が続いています。

まず、東京ガスは、2002年(平成14年)から9年間に約9,000世帯分の計110万円程度、料金を取り過ぎていたと発表しました。
過徴収は、1世帯あたり約百数十円で、今後1か月間掛けて正しい料金を確定し、返金するとのことです。

次に 、中部電力は、深夜電力でお湯をわかす『電気温水器』を設置している家庭や企業など約40万件の契約で、電気料金を余分に徴収していた可能性があると発表しました。

9月にも、国の『東京電力に関する経営・財務調査委員会』の調査では、東京電力の電気料金の原価が見積もりが過去10年で計6,186億円も高いことが報告されていました。関連≫

家電オンライン
ライフスタイル提案ショップ 家電オンライン
  コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 静岡市と高崎市で真夏日 | トップページ | 熊本市が政令市へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/53018622

この記事へのトラックバック一覧です: 公共料金は適正価格か?:

« 静岡市と高崎市で真夏日 | トップページ | 熊本市が政令市へ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31