« 地方合同庁舎・新設再開 | トップページ | 国会議員歳費削減・終了 »

2011年10月 5日 (水)

セシウム検出

新潟市水道局は、新潟市内の2か所の浄水場で、9月28日(水)に採取した汚泥からセシウム137(Cs137)が検出されたと発表しました。関連記事≫

セシウム137(Cs137)が検出されたのは、新潟市秋葉区の満願寺浄水場で1,065ベクレル/㎏、新潟市南区の戸頭浄水場で98ベクレル/㎏です。

要するに、当地域でも空中にセシウム137(Cs137)が飛散していると言うことなのでしょう。

因みに、新潟県原子力安全対策課は、8月3日(水)に、新潟県が独自に測定したガソリンスタンドgasstationの洗車場の汚泥から放射性物質検査結果を発表していました。
これによると、柏崎刈羽地域の4か所と新潟市内の3か所のガソリンスタンドgasstationの洗車場の汚泥から、168ベクレル/㎏から9万ベクレル/㎏のセシウム137(Cs137)が検出されていたとのことです。

« 地方合同庁舎・新設再開 | トップページ | 国会議員歳費削減・終了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/52918671

この記事へのトラックバック一覧です: セシウム検出:

« 地方合同庁舎・新設再開 | トップページ | 国会議員歳費削減・終了 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31