« 快晴・過ごし易いです。 | トップページ | 警察官が犯罪者Part50 »

2011年9月26日 (月)

朝霞公務員宿舎建設は正当

安住淳財務大臣は、衆議院予算委員会において、朝霞公務員宿舎hotel(埼玉県朝霞市、建設費約105億円)の建設は正当であると答弁しました。
(2009年(平成21年)秋の事業仕分けで廃止決定されていた。)

これでは、政権交代した意味が全く無いし、費用と時間を掛けた事業仕分けも単なるショーでしかありません。
国会議員宿舎hotelが新築された経緯からすれば当然のことだと類推されます。
(新赤坂衆議院議員宿舎(東京都港区赤坂、2007年(平成19年)完成)))

国も地方も、相変わらずハコモノ作りに邁進している様です。

やはり、税金は、納める側よりも使う側でないと、ダメな様です。

« 快晴・過ごし易いです。 | トップページ | 警察官が犯罪者Part50 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/52838678

この記事へのトラックバック一覧です: 朝霞公務員宿舎建設は正当:

« 快晴・過ごし易いです。 | トップページ | 警察官が犯罪者Part50 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31