« 宮城県沖で地震 | トップページ | 地上波アナログTV放送終了 »

2011年7月23日 (土)

中国高速鉄道・追突脱線転落

中国高速鉄道(China Railway High-speed)bullettrainの浙江省杭州発・福建省福州南行きのD3115列車bullettrainに、北京南発・福州行きのD301列車bullettrainが追突し、脱線転落する事故が発生した模様です。

先行していた浙江省杭州発・福建省福州南行きD3115列車bullettrainが、落雷などで停車しているところに、後続の北京南発・福州行きD301列車bullettrainが追突したと言うもので、列車の運行を制御している中国製の列車制御システムに問題が有ったものと思われます。

なお、先行のD3115列車bullettrainは、ドイツのボンバルディア・トランスポーテーション社(Bombardier Transportation)のRegina C2008形をベースにしたCRH1型、後続のD301列車bullettrainは日本の川﨑重工車両カンパニー社のE2系1000番台をベースにしたCRH2型です。

以前、上海で、上海市の竜陽路駅から上海浦東国際空港までリニアモーターカーに乗車したことがありましたが、この時は早朝と言うことで最高速度310㎞/h程度での運転でした。確かに、加速性能はもの凄いものの(アっと言う間に200㎞/h)、300㎞/hを超えると振動が酷かったことを思い出しました。
(でも、ドイツの技術はすごいです。)

« 宮城県沖で地震 | トップページ | 地上波アナログTV放送終了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/52295882

この記事へのトラックバック一覧です: 中国高速鉄道・追突脱線転落:

» 上海・豫園 [旅したい!]
2007年(平成19年)10月に、上海に出掛けた時に、代表的な観光スポット『豫園』に出掛けていますが、当時は、まだ『豫園』には地下鉄が通っておらず、大型バスで出掛けていました。(地 ... [続きを読む]

« 宮城県沖で地震 | トップページ | 地上波アナログTV放送終了 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30