« 新しいブログの開設part2から一周年 | トップページ | 山王トンネル事故 »

2011年5月20日 (金)

形式的な義援金

秋田県大館市立第一中学校school(菊地俊策校長)において、このたびの東北地方太平洋沖地震に対する義援金を納付していない生徒氏名を、担任教諭が掲示板に掲示していたことが判明しました。

こうした形式的な義援金は、如何なものかと強く思います。
中には義援金を出したくても、出せない事情のある生徒が居る可能性があるにも係わらず強要するのは、この担任教諭の想像力などが欠如している証拠。
(厳しく非難され、処分されるべき行為)

教育公務員は、公務員の中でも、特別な手当(本俸に2割増し)が支給されている関係で、確かに高い俸給を受給しているが、失われた10年以降日本社会は疲弊しており、公務員の様な高待遇の民間人は激減している状況。

思いやりがそもそも無いのではないでしょうか。そうした者が教育者とは。。。

家電オンライン
ライフスタイル提案ショップ 家電オンライン
  コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 新しいブログの開設part2から一周年 | トップページ | 山王トンネル事故 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/51726686

この記事へのトラックバック一覧です: 形式的な義援金:

« 新しいブログの開設part2から一周年 | トップページ | 山王トンネル事故 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31