« 地下鉄サリン事件から16年 | トップページ | ベクレルとシーベルト »

2011年3月20日 (日)

ミッション達成

11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震によって、炉心溶解を起こしている東京電力福島第1原子力発電所の冷却作業に、自衛隊や東京消防庁ハイパーレスキュー隊が出動し、懸命の作業をしていただいています。

今日は、東京消防庁ハイパーレスキュー隊の記者会見が行われ、そこで出た言葉『ミッション達成』の言葉にとても感動しました。
官邸から発せられる要領の得ない記者発表よりも、実際に現地がどの様な状況なのか具体的で良く分かりました。
しかも、現場を見ている方々の言葉は的を射ており説得力があり、重みがありました。
久しぶりに、ミッション(任務)と言う責任感を伴う言葉を聴いた気がします。

なお、記者会見されたのは、東京消防庁の佐藤康雄消防司監・総隊長、冨岡豊彦隊長及び高山幸夫隊長です。

ここしばらくは、責任感の無い言葉ばかり聞いていたので、ホッとしました。
(最近、背広を着ている人達からは感動を受ける責任感のある言葉は聞けないが、制服を着ている人達からは感動を受ける責任感のある言葉を聴いている様に思う。)

« 地下鉄サリン事件から16年 | トップページ | ベクレルとシーベルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/51198968

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション達成:

« 地下鉄サリン事件から16年 | トップページ | ベクレルとシーベルト »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31