« ミッション達成 | トップページ | 春の選抜高校野球 »

2011年3月21日 (月)

ベクレルとシーベルト

東京電力福島第1原子力発電所における事故以来、物理の授業の様なベクレルシーベルトなどの単位を良く聞くので整理したいと思います。

まず、シーベルト(Sievert)とは、放射線によってどれだけの影響を受けるかを表わす量の単位であり、生体(人体を含む)に与える影響も加味した放射線の強さのSI系単位です。
従来、レム(rem)と言う単位が使われていました。
1rem=0.01Sv
報道等で良く使用されている単位としては、μSv/hが多いのですが、人間は1年間におよそ2.4mSv(2,400μSv)被曝していると言われています。

一方、ベクレル(Becquerel)とは、放射性物質が1秒間にいくつ崩壊(放射線の放出)するかを表わす単位であり、放射性物質が放射線を出す能力を表すSI系単位です。
したがって、ベクレルで表される量は、放射線のエネルギー量や危険度とは比例しません
従来は、キュリー(Curie)と言う単位が使われていました。
1Ci=37GBq

すなわち、あるベクレル量の放射性物質があったとしても、放射性物質と生体(人体を含む)との間に遮蔽物があれば、遮蔽物の厚さや性質によって被曝するシーベルト量が異なりますが、このあるベクレル量の放射性物質を吸引あるいは食べたりすると直接体内に取り込まれることになり直接被曝となりシーベルト量も大きくなります。

なお、19日頃から、福島県産などの農産物(葉物野菜や原乳)に、食品衛生法の暫定規制値を超える放射性物質が検出されている様です。

« ミッション達成 | トップページ | 春の選抜高校野球 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/51199826

この記事へのトラックバック一覧です: ベクレルとシーベルト:

« ミッション達成 | トップページ | 春の選抜高校野球 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30