« 国際収支速報・経常黒字47.6%減 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

2011年3月 9日 (水)

年金制度は必要か?part2

消えた年金・消された年金に続いて、第3号被保険者未加入問題と無法ぶりを発揮している国民年金制度。

今度は、本来第3号被保険者ではない専業主婦に対して、誤った年金記録に基づいて約10万人規模の年金過支給があると、日本年金機構が推計しました。
(加えて、課長通知に基づいて早目に申請した者にも年金が支給される状況。)

専業主婦の第3号被保険者から第1号被保険者への切り替えは、申請主義により切り替えを忘れた本人に責任があると言っておきながら、今度は全く反対の現象が発生している状況。

すなわち、年金事務に大きな瑕疵や怠業などがあった事実を未だにキチンと認めない組織、制度。
しかも、現時点では誰も責任を取った者が居ない状況。

更には、『100年あんしん』と言っていた政党や、そもそも昭和61年4月1日から始まった第3号被保険者制度発足時の政党も無責任極まりない状況。

とっくに制度破綻をした様で、もう、保険料を支払う根拠が失せた感じが強いです。

« 国際収支速報・経常黒字47.6%減 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/51099387

この記事へのトラックバック一覧です: 年金制度は必要か?part2:

« 国際収支速報・経常黒字47.6%減 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31