« 豪雪に拠る列車事故発生 | トップページ | 新潟県・災害派遣要請 »

2011年2月 2日 (水)

空振・新燃岳

1月28日(金)から霧島山系・新燃岳(標高1,421m、宮崎県と鹿児島県に跨る)の爆発的な火山噴火により、最大で458.4Paの空振が観測された様です。

余り空振と言う言葉は、聞いたことが無かったのですが、空振とは、火山が爆発的噴火をした時に、その衝撃波が空中を伝播する現象の様です。

今回は、この空振により、窓ガラスが割れるなどの被害が出た模様です。

前に、副振動と言う言葉を知った時も、驚きでしたが、この空振と言う言葉を知った時もビックリしました。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽
酒蔵(さけぐら).com

« 豪雪に拠る列車事故発生 | トップページ | 新潟県・災害派遣要請 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/50766721

この記事へのトラックバック一覧です: 空振・新燃岳:

« 豪雪に拠る列車事故発生 | トップページ | 新潟県・災害派遣要請 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31