« 密かに新型(豚)インフルエンザ大流行中 | トップページ | 火災報知機設置 »

2011年2月 5日 (土)

国保・収納率88.01%

市町村が運営する国民健康保険の2009年度の財政状況(速報)が発表され、その収納率が88.01%(前年比-0.34%)となり、1961年(昭和36年)の国民皆保険制度確立以来最低となりました。

国民健康保険の収支は、収入12兆8,975億円、支出12兆8,070億円で、905億円の黒字ですが、赤字補填のために一般会計からの繰入金を除くと2,633億円の実質赤字とのことです。

そもそも、国民健康保険は、国民皆保険制度の調整池となっており、低所得者が多いにも関らず、公務員共済などと異なり税金の投入が少ない為、実質赤字は止むを得ないと思います。

更には、保険料率(所得割、均等割(一人毎)、平等割(世帯毎))が高い、世帯単位で有るにも関らず配偶者や子どもに対して扶養制度が無い、世帯主が被保険者でなくても保険料納付義務が有るなど、会社等の健康保険などと比較して、被保険者にとって圧倒的に不利な制度であるとも言えます。

政府が、国民への負担増を狙い様々なメッセージを発してはいますが、既に国民には高負担状況になってはいます。

一、温情友愛の精神を発揮し、家庭的美風を作興すべし。

コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 密かに新型(豚)インフルエンザ大流行中 | トップページ | 火災報知機設置 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/50789982

この記事へのトラックバック一覧です: 国保・収納率88.01%:

» 扶養家族 [扶養家族]
扶養家族について。 [続きを読む]

« 密かに新型(豚)インフルエンザ大流行中 | トップページ | 火災報知機設置 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31