« リーグ3位から日本シリーズへ | トップページ | 鹿児島県奄美地方・大雨 »

2010年10月20日 (水)

新潟空港・事業仕分けか?

27日(水)から始まる政府による事業仕分け第3弾の一つとして、新潟空港airplaneなど特別会計が注目されています。

特別会計云々はともかくとして、新潟空港airplaneは、国内の空港の中では収益率が悪く、毎年約20億円の赤字を出しているそうです。よって、今回は新潟空港airplaneを、象徴的に『仕分け人』の国会議員5人が視察したとのことです。

一方で、羽田空港airplaneが本格的な国際線復活に向けて、明日は新国際線ターミナルが供用開始されます。大きな差がありますね。

それと、政府による事業仕分けも、最近は早くも形骸化しつつあるように思います。
果たして実効性はあるのかどうか。

コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« リーグ3位から日本シリーズへ | トップページ | 鹿児島県奄美地方・大雨 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/49817184

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟空港・事業仕分けか?:

« リーグ3位から日本シリーズへ | トップページ | 鹿児島県奄美地方・大雨 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31