« 民意? | トップページ | すっかり秋 »

2010年9月15日 (水)

外国為替平衡操作

経済指標 野田財務大臣が、10時35分に外国為替平衡操作(為替介入)をしたと発表しました。

15年4か月ぶりに1ドル82円台との高値により、経済・金融に悪影響を与えていることから日本政府による単独介入したとのことです。
なお、外国為替平衡操作(為替介入)は2004年(平成16年)3月16日以来の6年6か月ぶりの様です。

※外国為替平衡操作(為替介入)とは
 外国為替平衡操作(為替介入)とは、日本では、財務大臣が円相場の安定の為に用いる手段として位置付けられ、財務大臣の権限で実施される。
 具体的には、財務大臣が管理する政府の『外国為替資金特別会計(外為会計)』の資金を用いて、例えばドル買い・円売り介入の場合は、政府短期証券(FB)を発行して調達した円資金を売却し、ドルを買い入れる。
 なお、実際の売買は、財務大臣の指示に基づいて日本銀行が代理で売買を行う。
 ・外国為替平衡操作の実施状況

« 民意? | トップページ | すっかり秋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/49454271

この記事へのトラックバック一覧です: 外国為替平衡操作:

« 民意? | トップページ | すっかり秋 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31